高度な機器を使いこなし、「見えないものを発見する」プロ。現代の医療になくてはならない注目の職業とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高度な機器を使いこなし、「見えないものを発見する」プロ。現代の医療になくてはならない注目の職業とは?

2018.04.16

提供:静岡医療科学専門大学校

高度な機器を使いこなし、「見えないものを発見する」プロ。現代の医療になくてはならない注目の職業とは?

お医者さんや歯医者さんの指示を受け、レントゲン撮影やMRI検査を行う人を診療放射線技師といい、現代の医療になくてはならない存在です。放射線装置を使って病気やケガの状態を見逃すことなく写し撮り、ガンの早期発見などにつなげる責任重大な仕事です。
高度な機器を使いこなす専門職だから、病院やクリニックからの需要がとても高いのはもちろんですが、医療機器メーカーにも就職できるという強みがあるのも注目ポイントです。この診療放射線技師の仕事、やりがい、目指すにはどこで学べばいいかなどを、くわしく見てみましょう。

この記事をまとめると

  • 病気やケガの状態をしっかり写すこと。それが診療放射線技師のミッション。
  • 高度な専門職であるがゆえに、メーカーへの転身も可能。
  • 静岡県に「チーム医療」も学べる診療放射線技師養成学科が誕生。

良い治療を陰で支える、病院の名カメラマン!?

病院でのレントゲン撮影やMRI検査をおもな仕事としているのが、診療放射線技師といわれる職業です。同じ医療職である医師や看護師に比べると、ふだんはあまり目立たないところで仕事をすることが多く、「縁の下の力持ち」といった存在かもしれません。

仕事の役割は、もちろん患者さんの治療のために、病気やケガの状態をできるだけはっきりと撮影して、検査結果として医師に画像を提供することです。専門的な機械を使いこなす必要があり、人がやることだから技術力や撮り方によってはキレイな画像にもなれば、目標物が見にくい画像になることもあります。でもそれだけに、医師が求めているような「良い写真」が撮れて「良い治療」につながったときは、とてもやりがいを感じられる仕事でもあるんですね。

誇りをもって働くことができ、やりがいや可能性も広げられる。

診療放射線技師は、病気の早期発見にかかわる重要な役割を担っていますが、放射線業務に携わるため、診療以外にもたくさんの仕事があります。たとえば使用機器をしっかりと管理し、患者さんに最小の被ばく線量で最高品質の画像が得られるように検査すること、などです。

放射線検査や治療で使われる機器は、日進月歩で改良されており、どんどん新しいものが登場してきます。そのため最近では、自分が使っている医療機器そのものに魅力を感じ、病院やクリニック以外で活躍できる場所のひとつとして、医療機器メーカーを目指す診療放射線技師もふえています。メーカーでは「アプリケーションスペシャリスト」と呼ばれる職種になることが多く、実際に機器を使用した経験のある専門家として、営業をバックアップしたり、機器の改良点を見つけ出したり、学会や展示会で製品のデモンストレーションやプレゼンテーションをすることもあります。

診療放射線技師は専門性の高い、特別な勉強をしてきた人にしかできない仕事です。誇りを持って働けることはもちろん、努力してステップアップすれば、病院で働く以外にもやりがいや職種を広げられる、伸びしろいっぱいの仕事といえます。

診療放射線技師を目指すなら、「チーム医療」の環境で。静岡県の学校に、待望の新学科が誕生しました。

人の命を左右する重要な仕事で、需要もふえつづけている診療放射線技師ですが、地域によってはすこし前まで、養成学校が足りないという状況がありました。静岡県もそんな地域のひとつだったのですが、2018年4月、静岡医療科学専門大学校に医学放射線学科が開設されました。静岡県で初(※)となる診療放射線技師養成施設ができたことにより、それまでは資格を目指していても県外の学校で取得しなければならなかったり、経済的な理由などにより県外の学校に進学できなかった学生にも、道が開かれることになりました。

同校は看護学科や理学療法学科など7つの学科を有する総合医学系専門学校で、医療の分業化による高度な「チーム医療」を学ぶことができます。もし診療放射線技師を目指すなら、専門的な知識や技術だけではなく、これからの医療のスタンダードであるチーム医療の環境を整えた学校を選択することで、さらに一歩リードすることになるでしょう。


※厚生労働省HP・静岡県 専修学校、各種学校HPより

【広告企画】提供 : 静岡医療科学専門大学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「診療放射線技師」
はこんな仕事です

医師の指示の下、放射線機器を使用し、レントゲン撮影をする仕事。診療放射線技師が扱う機器は幅広く、一般のエックス線の照射による撮影検査や、CT(コンピューター断層撮影法)検査、MRI(磁気共鳴画像装置)などがある。他に、放射線照射でがんの治療などを行うことも多い。これらの検査が、医師の診断や治療の手助けとなる。また、健康被害を出さないために、患者が浴びた放射線量の管理、機器や装置の点検などで事故を防ぐことも重要な仕事である。

「診療放射線技師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける