ピアノが弾けなくても大丈夫! レベル別の個人レッスンで、憧れの保育士・幼稚園教諭を目指そう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ピアノが弾けなくても大丈夫! レベル別の個人レッスンで、憧れの保育士・幼稚園教諭を目指そう!

2018.04.16

提供:聖徳大学幼児教育専門学校(女子)

メイン
テーマ

ピアノが弾けなくても大丈夫! レベル別の個人レッスンで、憧れの保育士・幼稚園教諭を目指そう!

子どもが好きだから、将来は保育士か幼稚園の「せんせい」になりたい。でも、ピアノを習ったことがないから無理なのかな――そんな悩みをもっていませんか?レベル別のピアノ個人指導を受けられる聖徳大学幼児教育専門学校(セイトク)なら、ピアノ初心者でもしっかりと必要な技術を身につけることができます。しかも、保育士と幼稚園教諭の二つの資格を取得可能。セイトクでどんなことを学べるのか、詳しくご紹介します!

この記事をまとめると

  • ピアノ初心者から経験者まで、じっくりと学ぶことができるレベル別の個人指導
  • 校舎内に設置されている附属幼稚園で「せんせい」をもっと身近に感じることができる。
  • 技能と実践力を同時に高められるセイトクで、夢の「せんせい」になろう!

「せんせい」になるために欠かせないピアノ。充実の設備と個別レッスンで、豊かな演奏力を習得!

ピアノを弾きながら、子どもたちと一緒に歌をうたう保育士や幼稚園の「せんせい」。子ども好きな高校生の皆さんなら、一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

セイトクには、やさしく面倒見の良い先生がたくさんいて、学生一人ひとりの夢を全力で応援しています。もちろん、ピアノを習ったことのない人に対しても、「せんせい」に必要な演奏力をしっかり習得できるまで、レベル別の個人指導をじっくり行っています。

ピアノを弾く目的は、子どもたちに音楽の楽しさを味わってもらうことにあります。そのため、ただ楽譜通りにピアノを弾ければ良いわけではありません。個人レッスンを受けることで「どんな風に音楽を奏でたいのか」を具体的にイメージし、表現できる力が身につきます。また、学内に60台のピアノを完備しており、平日はもちろん日曜も朝9時から夕方までピアノ練習室を開放。ピアノの練習に励みながら、セイトクの学生は着実に演奏力を高めています。

教室で学んだことを早速、附属幼稚園で実践! 「せんせい」になるための大切なステップ。

セイトクのもう一つの特徴は、校舎の1・2階に附属幼稚園が併設されていること。運動会や文化祭などの行事も子どもたちと一緒に行っているので、子どもたちと日常的にふれあうことができます。そして、子どもたちの元気な声が教室まで聞こえてくるので、自然と笑顔になり、元気づけられることも。子どもの発達や心理など、「せんせい」になるために必要な知識を授業で学んだら、早速、附属幼稚園で実践し、子どもたちとの関わり方を学んでいます。

もちろん、最初は「子どもたちと上手に関わる事ができない」と悩むこともあるかもしれません。しかし、セイトクには常に子どもたちと関わりながら学べる環境があるので、現場で見つけた課題を次の授業に活かしていくことができます。トライ&エラーを繰り返しながら、気がつくと、できなかったことができるようになるのです。何よりも、附属幼稚園が併設されているセイトクなら、将来、「せんせい」になった時のイメージをしっかり描くことができます。

「保育の聖徳(R)」と呼ばれるセイトクで、夢をかなえよう!!

セイトクは伝統と歴史のある学校で、今まで数多くの優秀な保育士や幼稚園教諭を育ててきました。その実績から、「保育の聖徳(R)」と呼ばれるほどの高い評価を受けています。昼間部の「保育科第1部」と、夜間部の「保育科第2部」の二つの学科があり、どちらの学科でも卒業時に「保育士資格」と「幼稚園教諭2種免許状」を取得可能。保育科第2部は3年間、保育科第1部なら最短2年で「せんせい」になることができます。

ピアノの個人レッスンを受けながら、ピアノ教室で自主練習に励み、密度の濃いカリキュラムで「せんせい」に必要な知識と技術をしっかり身につけた卒業生は、保育園や幼稚園、認定こども園など、さまざまな現場に就職し、社会人1年目から“即戦力”として活躍しています。

もちろん、これからもセイトクは“「せんせい」になりたい”と願う高校生をやさしく受け止め、夢をかなえられるよう全力で応援していきます。

【広告企画】提供 : 聖徳大学幼児教育専門学校(女子)

この記事のテーマ
保育・こども」を解説

乳幼児から小学生までのこどもの生活を保護し、心身の成長を促すための専門知識を身につけます。こどもの心身の発達や行動、保健・衛生、基本的な読み書きや情操教育、体操といった体力向上教育など、学びの分野は多岐にわたります。保育士の資格取得者の職場は保育園だけでなく、企業内の保育施設などにも広がりつつあります。

「保育・こども」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育士」
はこんな仕事です

仕事などで保育ができない保護者に代わって、乳児から小学校就学前の子どもを預かる仕事。食事、排せつ、睡眠の世話や健康管理の他、遊びや集団生活を通して心身の成長を援助する。保育所や乳児院、児童養護施設に加え、企業内の保育所やベビーシッター業を行う企業でも、大きな役割を果たすなど就職先は多様化。子どもの数は減っているものの共働きの保護者が多くなったため、今後ますますニーズは高まっていくだろう。また、パート勤務など、勤務時間の調整ができる場合も多い。

「保育士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける