【シゴトを知ろう】システムアドミニストレータ ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】システムアドミニストレータ ~番外編~

2018.03.23

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】システムアドミニストレータ ~番外編~

会社で働くスタッフの人たちが安心してパソコンや通信機器を利用できるよう、ネットワークの管理や通信上のトラブルに対応し、あらゆる事態に備えるのがシステムアドミニストレータの仕事です。今回はジグノシステムジャパン株式会社でシステムアドミニストレータとして働くJさん(仮名)に、業界の事情やこの世界で働くために必要な心構えなどについて聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 年末年始はシステムアドミニストレータにとって最も緊張が高まる時期
  • 管理するシステムが古く時代遅れにならないよう常に頭を働かせている
  • IT業界で長く活躍している人には新しいもの好きが多い

「ありがとう」の言葉にモチベーションを見出す人が大多数

――システムを管理するという仕事は、24時間休みのないハードな仕事という印象を受けますが、実際はどうでしょうか?

仕事の定時は19時なのですが、残業することはあるもののほとんどの社員が定時か、遅くとも21時くらいには退社しています。ただし年末年始は多忙のため結構バタバタしますね。多くの人が休みに入り、いつもよりパソコンやスマホを操作する時間が増えるため、当社が提供しているコンテンツの利用も増えます。そうなるとトラフィック(送受信されるデータ)が不安定になるため、サーバーがダウンする可能性が高くなるんです。当社に限らずお正月はゆっくり休んだ気がしないというシステムアドミニストレータの人は結構多いはずです(笑)。


――業界内にはどんな性格の人が多い傾向にありますか?

「誰かのために何かをしよう」というサービス精神にあふれた人が多いと思います。そして、やはり「ありがとう」と言ってもらえることに喜びを感じるのは皆共通のようですね。

ずっとパソコンに向かう仕事だと世間一般的には「暗い」「オタク系の人が多い」と思われがちですが、意外と明るい人が多いですよ(笑)。

見えない部分でのシステム改良を日々模索している

――ITを取り巻く環境は日々進歩していますが、最新の動向をキャッチしていくために日々努力されていることはありますか?

直近でどういうイベントがあるとか、次にどういうトレンドがやってくるかなど常にアンテナを張っておく必要があります。自信を持って構築したシステムであっても時間の流れとともに陳腐化するので、それを防ぐ努力はしています。当社でも長く愛用されているサービスはありますが、外部から見ていて一見代わり映えしないものでも、時代の流れを読んで裏では定期的にシステムの改良を行っています。

世間の流行に対して、自分たちの提供するサービスが合致しているのか。そういったことは常日頃頭の中で分析するようにしていますが、そこを失敗すると時代に取り残されてしまいます。

それゆえ、流行やトレンドに敏感な人がこの業界には多いと思います。「新型の○○が発売された!」となったときすぐに飛びつく人っていますよね。こういうタイプの人はIT業界で長く活躍しているように見えます。逆に流行やトレンドに疎い人、保守的な人はあまり向いていないかもしれません。

1日でデータセンターの移転を成し遂げた一大引っ越し計画

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

過去にデータセンターの引っ越しをしたときのエピソードです。それは、サーバーの電源オフから移動、搬入、設置からの再起動までを含めた一連の工程を1日で行うという壮大なミッションでした。サーバーや周辺機器を4トントラック5台で立て続けに輸送したのですが、結果目立ったトラブルもなく26時間で完了することができました。不眠不休で挑んだこともあり、そのときの達成感はいまだに忘れられません。

現在はサーバー集約からインターネットにデータを保存するクラウド型へと移行しつつあり、大規模なデータセンターを自社で用意することもなくなったため、これほど大がかりな重労働を経験することは今後ないでしょう。そう思うと「もうあんな苦労しなくていいんだ」という安堵感と同時に、さみしさも感じます。システムアドミニストレータにとって、大人数が一丸となってやるような仕事はそうないので、今振り返るととても貴重な出来事でした。


私たちが普段、スマホやパソコンを介して利用しているアプリやコンテンツの裏では、安定してユーザーにサービスが届けられるよう、システム管理者のたゆまぬ努力が続けられているのです。ゲームやアニメーション、音楽など各コンテンツの商品数やクオリティーは年々向上していますが、それに伴いデータの安定供給が求められます。表舞台に立つことの少ないシステムアドミニストレータの仕事ですが、今後ますますその重要性は増してくることでしょう。


【profile】ジグノシステムジャパン株式会社 技術統括部 J(仮名)
会社公式HP:http://gigno.co.jp/

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「システムアドミニストレータ」
はこんな仕事です

情報ネットワークやコンピューターシステムの管理をする仕事。ハードウエアやソフトウエアを提供する業者との窓口であり、かつ自社の中では責任者として必要な情報システムやコンピューターシステムを導入する。業務の幅は広く、「パソコンが起動しない」「メールの送受信ができない」といった、社員のパソコンやインターネットに関するトラブル対応も行っている。こうしたトラブルは、ビジネスに大きな損害をもたらすこともあるため、システムアドミニストレータの責任は重大ともいえる。

「システムアドミニストレータ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける