すべてをプラスに変える。多様性を支える「作業療法士」という職業

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

すべてをプラスに変える。多様性を支える「作業療法士」という職業

2018.04.16

提供:横浜リハビリテーション専門学校

すべてをプラスに変える。多様性を支える「作業療法士」という職業

普段、私たちは何気なく自分の体を動かしています。でも、もしもその自由がきかなくなってしまったらどうすればいいでしょう。例えば、右手が使えなくなったら? 自分の足で歩けなくなったら? そんな状況に対して、「使えるほうの手を使う」「道具を使う」といったプラスに発想転換するためのお手伝いをする職業が「作業療法士」です。生きていく上で欠かせないさまざまな「作業」を通して人々をサポートする作業療法士の仕事に注目してみましょう。

この記事をまとめると

  • 日常生活の「作業」をスムーズに行うためのサポートをするのが「作業療法士」
  • 作業療法士には、患者様が思い描く生活を共に実現するための発想力やコミュニケーション能力が求められる
  • 横浜リハビリテーション専門学校の作業療法学科は、専門知識や技術だけでなく、患者様一人ひとりと向き合うための心を養うことができる

生きることは「作業」の連続!

ご飯を食べたり、歯を磨いたり、お風呂に入ったり、服を着替えたりと、私たちの毎日の生活は「作業」の連続です。しかし、病気やけが、老化、体の障がいのためにその作業が困難になっている人たちが多くいます。例えば事故に遭い、両足を骨折してしまったら、歩くこともできず行きたい場所にも行けなくなってしまうかもしれません。

「作業療法士」は、そうした人たちが日常生活の作業をよりスムーズに行うためのリハビリをサポートするスペシャリストです。患者様が自分の力で食事をとることやトイレに行くこと、服を着替えることなど、日常の動作ができるように訓練を行い、「その人らしい生活」ができるように支援を行います。

日常生活の作業ができるようになるということは、仕事や趣味を楽しむための援助にもつながります。毎日の生活や仕事、趣味を自分らしく楽しむこと。作業療法士は患者様が生きがいをもってより豊かに生活を送るために、体のケアだけでなく精神面でも患者様をサポートすることができる職業なのです。

できなかったことができるよう、患者様の日常生活にプラスをもたらすリハビリ。このリハビリでは「自助具」と呼ばれる道具が使われることもあります。自助具の種類は、箸が持ちやすくなるものや、ペンがにぎりやすくなるものなどさまざま。他にも陶芸や手芸など身近なレクリエーションを通して手足を動かす訓練を行う場合もあり、そういった面でも作業療法士は患者様に寄り添った存在だといえるでしょう。

作業療法士には、どんな人が向いているの?

作業療法士には、リハビリを的確に行うための専門知識や技術だけでなく、患者様の気持ちを第一に考えることができる気配りや考え方も求められます。病気やけが、障がいなどによって日常生活の動作がスムーズにいかず、さまざまな悩みや不安を抱えている患者様の心を読み取り、支援を行っていくことが大切です。

また、患者様が回復時に思い描く生活を共に実現するためには、豊かな発想力やコミュニケーション能力が求められます。「こうしたらこの人は喜んでくれるのでは」「こういう言い方をすれば前向きに捉えてくれるのでは」と、相手のことを考えるのが好きな人は、自分の性格を作業療法士の仕事に生かすことができるでしょう。大事なのは「人が好き」という気持ちです。

そして作業療法士は医師や家族などとの連携も欠かせません。さまざまな人と関わり合うのが好きな人やグループの中で活動するのが好きな人、その中でいろいろなことを楽しめる人は、医師や家族と関係を築きながらチームの中で力を発揮することができるはずです。

横浜リハビリテーション専門学校で作業療法士を目指そう!

作業療法士に求められる専門知識や技術、そして患者様の身体と心のリハビリを行うための豊かな発想力を学べるのが横浜リハビリテーション専門学校の作業療法学科です。

作業療法学科の授業では、患者様の症例に合わせた作業療法をグループで考えて発表したり、自分の力で生活したくなる効果的な「自助具」を手作りで制作したり、また、患者様の立場になって考えながら実践力を高める取り組みがあります。3年次に年間を通して行う授業では、実際の病院やリハビリ施設を想定した作業療法のシミュレーションを繰り返し行い、身体面と心理面の両方から作業療法士に必要な能力を身に付けていくことが可能です。患者様と向き合うためのコミュニケーションの授業も充実しており、患者様に寄り添った心や発想力を養うことができます。

患者様一人ひとりと向き合い、いきいきとした生活を送るための支援を行う作業療法士。将来、誰かの役に立つ仕事をしてみたいと考えている人は、横浜リハビリテーション専門学校で学んで作業療法士を目指してみませんか?

【広告企画】提供 : 横浜リハビリテーション専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「作業療法士」
はこんな仕事です

作業療法士は、病気や事故、老化などで身体に障がいがある人の社会復帰をサポートする仕事。大工仕事や、工芸・手芸・玩具操作などの作業を通して、機能回復を目指す。医師の指示の下に、患者に適したプログラムを作成し、治療を進める。作業療法士がサポートする患者は、障がいが治りきらない人もいる。そのため、心理面や精神面での社会復帰のサポートも重要である。活躍する場は、総合病院やリハビリテーション施設、老人や障がい者向けの福祉施設などが多い。

「作業療法士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける