成人女性を悩ませる「大人ニキビ」。正しい対処法とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

成人女性を悩ませる「大人ニキビ」。正しい対処法とは?

2018.04.16

提供:東洋鍼灸専門学校

成人女性を悩ませる「大人ニキビ」。正しい対処法とは?

ニキビは10代の悩みというイメージが強いかもしれませんが、実は20歳を越えてもニキビに悩まされている女性はたくさんいます。10代のそれが“青春のシンボル”ともいわれる「思春期ニキビ」なのに対し、20代以降にできるのは「大人ニキビ」。ふたつは原因も違えば、対処法も違うのです。間違った対処法をしてしまうと、ニキビ跡が残ってしまうかも……という怖さもあります。自分でできる対策や、ニキビケアにも効果があるといわれる“美容鍼”など、正しい治療法を見ていきましょう。

この記事をまとめると

  • 大人ニキビの対処法はスキンケアと生活習慣の見直しが大切
  • 身体の修復機能を高める「美容鍼」はニキビケアにも効果的
  • 東洋鍼灸専門学校は業界最多レベルの臨床・実技時間でプロを育成

鍼治療でもニキビは治る!? 肌の再生を促す美容鍼って?

そうはいっても、自分でできることには限界がありますよね。忙しくてなかなか生活を変えられないという人もいるでしょう。そんな方には「美容鍼」もおすすめです。

美容鍼とは直径0.1〜0.3mm程度の細い鍼を気になる部位に刺し、皮下組織にほんのわずかな傷をつけることで自然治癒力を引き出す美容法です。身体は微細な傷を修復しようとして、血液を集中させコラーゲンやエラスチンを作り出そうとします。その結果、血行が良くなって皮膚のターンオーバーも正常に近づき、ニキビケアにも効果的というわけです。

ただし、ニキビの種類によっては美容鍼が向かないものもあります。ニキビは見た目や状態で5種類に分類され、そのうち美容鍼が効果的といわれるのは、
・皮脂が詰まった毛穴がポツポツと膨らんで見える「白ニキビ」
・毛穴に詰まった皮脂が空気に触れ、黒く酸化して見える「黒ニキビ」
・アクネ菌による炎症が大きくなり、患部が赤く腫れて見える「赤ニキビ」
の3種類です。さらに進行し、化膿した状態の「黄色ニキビ」、患部に血が溜まり紫色に見える「紫ニキビ」には、美容鍼は効きません。

美容鍼によるニキビの治療には、ニキビの周辺に直接鍼を打つ方法と、ニキビの原因となっているストレスや冷えに働きかけるツボに鍼を打つ方法の2パターンがあります。それぞれの症状に合わせて、併用して治療していくのです。

大人ニキビは同じような場所に繰り返しできるのも特徴ですが、それは根本的な原因が解消されていないため。そのため美容鍼では、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え対策や内臓の働きを整える施術も行います。

鍼治療でもニキビは治る!? 肌の再生を促す美容鍼って?

そうはいっても、自分でできることには限界がありますよね。忙しくてなかなか生活を変えられないという人もいるでしょう。そんな方には「美容鍼」もおすすめです。

美容鍼とは直径0.1〜0.3mm程度の細い鍼を気になる部位に刺し、皮下組織にほんのわずかな傷をつけることで自然治癒力を引き出す美容法です。身体は微細な傷を修復しようとして、血液を集中させコラーゲンやエラスチンを作り出そうとします。その結果、血行が良くなって皮膚のターンオーバーも正常に近づき、ニキビケアにも効果的というわけです。

ただし、ニキビの種類によっては美容鍼が向かないものもあります。ニキビは見た目や状態で5種類に分類され、そのうち美容鍼が効果的といわれるのは、
・皮脂が詰まった毛穴がポツポツと膨らんで見える「白ニキビ」
・毛穴に詰まった皮脂が空気に触れ、黒く酸化して見える「黒ニキビ」
・アクネ菌による炎症が大きくなり、患部が赤く腫れて見える「赤ニキビ」
の3種類です。さらに進行し、化膿した状態の「黄色ニキビ」、患部に血が溜まり紫色に見える「紫ニキビ」には、美容鍼は効きません。

美容鍼によるニキビの治療には、ニキビの周辺に直接鍼を打つ方法と、ニキビの原因となっているストレスや冷えに働きかけるツボに鍼を打つ方法の2パターンがあります。それぞれの症状に合わせて、併用して治療していくのです。

大人ニキビは同じような場所に繰り返しできるのも特徴ですが、それは根本的な原因が解消されていないため。そのため美容鍼では、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え対策や内臓の働きを整える施術も行います。

東洋鍼灸専門学校は1000時間超の臨床・実技時間でプロの鍼灸師を育成!

美容鍼は、日本に古くから伝わる鍼治療を応用した美容法です。とても長い歴史を持つ鍼治療ですが、身体に備わっている修復機能や免疫機能を呼び起こすことが大切なのは、今も昔も変わりません。伝統を守りながらも、現代に合わせた治療法や活用法が見出されているのです。そういった現代的な方法と伝統的な方法をともに学べるのが、東洋鍼灸専門学校です。

東洋鍼灸専門学校は、「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指す「鍼灸科」と、「はり術」「きゅう術」「あん摩(あんま)術」をバランスよく学ぶ「鍼灸あん摩マッサージ指圧科」からなります。ただし、どちらも「資格取得」がゴールではなく、独立開業を目指す、プロフェッショナルな鍼灸師を育成することが目的です。

そのため、臨床・実技時間は業界最多レベルといわれる1000時間超(実技室開放時間含む)。講師陣には、創立から60年以上の歴史を誇る伝統校ならではの実力派が名を連ねています。その講師陣だけでなく、卒業生や著名人など、外部の講師を招いた臨床型の特別授業も実施。より現場に近い実践的な実技を身につけることができます。

奈良・平安時代には日本に伝わっていたとされる鍼灸治療。それが今も受け継がれ、美容鍼のような現代に合わせた活用法まで生まれているとは、鍼灸のこの先の可能性を感じずにいられないでしょう。興味が湧いた人は、鍼灸の奥深さと高い技術を、東洋鍼灸専門学校で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : 東洋鍼灸専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「鍼灸師(しんきゅうし)」
はこんな仕事です

鍼灸師は、鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて人体のツボに刺激を与え、病気を治療する仕事。この治療方法は東洋医学に基づいており、金属の鍼と「もぐさ」と呼ばれる植物を燃やす灸を使って行われる。肩こりや腰痛、冷え症、アレルギーやストレスによる病気で悩む人に対し、薬以外の方法でそれらの症状を和らげる効果がある。近年は、エステサロンなどでリラクゼーションの一環として取り入れられることも増えており、多くの女性が活躍中。鍼灸院で経験を積み、独立を目指す人も多い。

「鍼灸師(しんきゅうし)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける