クリエイティブな能力を発揮して住みやすい家やビルを創造する、建築士

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

クリエイティブな能力を発揮して住みやすい家やビルを創造する、建築士

2018.04.16

提供:中央工学校

クリエイティブな能力を発揮して住みやすい家やビルを創造する、建築士

建築士という名前は聞いたことがあるものの、実際には何をする人なのか知っていますか?
お客様の要望に応えて実際にどのような建物を作るのかを考え、実現していくお仕事です。工事現場に立会い、監督をすることもあります。
私たちが住む家や、勉強する学校、部活を行う体育館などに携わる建築士とはどんな仕事なのか、資格を取得するためにはどうしたら良いのか、一緒に考えていきましょう。

この記事をまとめると

  • 建築士の仕事とはお客様との対話から現場監督まで
  • 建築士の合格率トップを維持する伝統校「中央工学校」
  • 中央工学校では、こんなにも建築について学ぶことができる!

建築士の仕事ってなんだろう?

すべての建物は建築士が設計しています。家屋などの住居もオフィス街にあるビルも、建築士がいないと成り立たない建物です。

では実際に、どのような流れで仕事をするのか、簡単に見ていきます。
建築はまず「建てたい」と思う人がいます。それは行政や企業の担当者、または個人などさまざまです。こうした人たちの要望を聞き、どのような建物を建てるのがいいかを建築士は考えます。もちろん、どこに建てるのか、建てる場所の状況、建てる人や企業の予算も、設計の上では重要です。さらに忘れてはいけないのが、耐震構造や安全面。日本は地震大国であり、少子高齢化も進んでいます。地震があっても崩れないビル、高齢者が安心して住める家など、建築士は安全性を守るという使命を担っています。
こうしたすべてのことを、依頼者と何度も打ち合わせを重ねて固めてから、建築工事に取り掛かります。

建築士は、自分が作った設計通りに工事が進んでいるかのチェックをする現場監督を務めます。その途中で、設計通りに作るよりも変更したほうがいいと判断すれば、工事の途中でも設計を手直しすることもあります。

そうして長い時間をかけて作っていく建物が完成したときには、何物にも代えがたい達成感があるそうです。

追随を許さない合格率トップの伝統校

創立109年の歴史を持ち、多くの人材を輩出してきた中央工学校は、1909年に開校した伝統校です。建築業界をはじめ、現在も多くの人材が活躍をしています。

一級建築士の合格率も高く、2017年には25名の合格者を輩出。専門学校としては2010年から8年連続のトップを維持しているのです(公益財団法人建築技術教育普及センター発表)。

建築士の試験は「学科」と「設計製図」の二種類があります。設計製図はだいたい4割程度の人が合格しますが、学科は2割を切るほどです。そして、総合合格率は近年12%台が続いているのが特徴です。
一級建築士は、世間一般的に何年にもわたってチャレンジを続けている人が多い資格といえます。
また二級建築士であっても、総合合格率は2~3割ほどしか出ていません。

建築士の資格はそれだけ難しく設定されています。資格を持っている人は就職先でも重宝されますし、この先、建築業界を歩いていきたいと思っているなら必要な資格なのです。

だからこそ中央工学校では、一級建築士を念頭に置いた学習に取り組んでいます。

建築士を目指すなら、こだわりと伝統ある中央工学校で

建築士を目指すのは、なかなか簡単なことではありません。ですが、中央工学校は、建築士になりたいという熱意を持っている人を応援しています。
建築初心者の人であっても、安心して学べる環境づくりをしています。中央工学校から建築士になる人が多いのは、資格取得を目標とした受験内容の科目がカリキュラムに網羅されているからです。
また、資格取得だけを目標に置いているわけではありません。卒業後は即戦力として働けるだけの力も身に付けてもらいます。

たとえば、建築士に必要な勉強や設計製図では実践的な図面から、CAD・CG・プレゼンテーションを1年次に学び、2年次には選択科目で目的別にハイレベルにスキルアップ。建築士製図やBIM演習も習得します。建築士特論で建築士の資格取得対策を徹底的に学べます。
そして、卒業と同時に二級建築士受験資格を取得することができ、最短で建築業界で通用する技術が身に付くのが最大の魅力です。

ほかにも、軽井沢合宿研修で集団生活を通して、挨拶やマナーやコミュニケーション能力を身に付けます。
挨拶やマナーなど、建築士としてだけでなく、社会人として当たり前のスキルを磨き、現場でしっかりと活躍できるような教養を磨くことができます。
さらに、有名建築家が設計したSTEP・RISE・17号館、清水建設株式会社で施工している新校舎2棟、軽井沢の三五荘・茶苑・能舞台、学生寮など、学校の施設設備にもこだわりをもっています。

中央工学校の建築系学科は全部で7科あり、2年制や3年制や4年制と多岐にわたり、それぞれの目的により学科を選べます。また、4年制の建築学科は卒業すると、高度専門士の称号を付与され学士と同格となり、大学院への進学も目指せます。

建築を学ぶための全てが、中央工学校には揃っています。あなたも一緒に、中央工学校で学び、建築士を目指しませんか?

【広告企画】提供 : 中央工学校

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「建築士」
はこんな仕事です

戸建て住宅や集合住宅、ビルといった建築物を設計する仕事。建設会社や工務店、設計事務所などが主な活躍の場で、経験を積めば独立開業の道も開ける。依頼主の要望を聞き、その土地に対して決められた面積、高さ、容積などの条件に合うように設計図を作成し、工事が始まれば作業が設計図通りに施工されているかどうかの管理・確認も行う。設計や工事管理は、建築士法の定めにより建築士しか行うことができない。さまざまな条件をクリアしながら、アイデアを形にして実際の建築物として完成させる。

「建築士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける