介護業界に新たな需要? あん摩マッサージ指圧を介護に応用!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

介護業界に新たな需要? あん摩マッサージ指圧を介護に応用!

2018.04.16

提供:東京医療専門学校

介護業界に新たな需要? あん摩マッサージ指圧を介護に応用!

中国で生まれた「あん摩」を知っていますか? あん摩とは、人間の手で体に刺激を与えて治療する東洋医学です。肩たたきや痛いところをさする行為もこれと同じです。一方、「マッサージ」は西洋から渡ったもので、血液やリンパ液の循環を良くし健康増進を目的とします。さらに「指圧」は、あん摩が発展した技法を指します。この3つの特性を活かした「あん摩マッサージ指圧師」が今、介護の現場で活躍しています。果たしてどのような需要なのでしょうか。

この記事をまとめると

  • あん摩マッサージ指圧師が持つ資格は介護現場で大活躍
  • もうワンランク上の「リンパ浮腫療法士」も夢じゃない
  • 鍼灸マッサージ科で治療のスペシャリストになる

介護現場での需要が増えている理由とは?

訪問介護の需要が増加している

訪問介護の需要が増加している

高齢化社会が進み、さまざまな病気を抱える患者が増加する昨今、介護現場では、ケアマネージャーや機能訓練指導員の資格要件を持つあん摩マッサージ指圧師が活躍しています。
ケアマネージャーとは、介護を必要とする人が介護保険サービスを受けられるようにするためにさまざまな手助けをする、介護保険に関するスペシャリストです。
そして機能訓練指導員とは、介護を受ける側が自立して生活するために必要な身体能力や、生活能力などを得るための機能訓練を提供する職業。この資格を持っていれば、筋力増強訓練や運動療法などを行うことができるのです。
どちらの資格も介護施設には必要不可欠な存在なので、これらの資格を持つあん摩マッサージ指圧師は、当然のことながら需要があります。
例えば養護老人ホームには、最低1人以上の機能訓練指導員の常駐が義務付けられていますし、訪問介護のあん摩マッサージ指圧師の需要も増加しています。
要介護の人々が自立して生活できるためのサポートを任される、非常にやりがいのある職業と言えるでしょう。

あん摩マッサージ指圧の資格があれば、痛みを緩和できる可能性も

リンパ浮腫療法士が病院や介護施設で活躍

リンパ浮腫療法士が病院や介護施設で活躍

あん摩マッサージ指圧師の仕事は、自立支援のサポートだけではありません。がん治療後などに痛みが伴う患者さんも多くいるので、痛みの緩和が必要とされます。
例えばリンパ浮腫。これは、リンパ液の流れが滞り、痛みを伴い、むくみが出る症状です。
この場合、医療従事者としてリンパ浮腫の診療に必要な専門知識と技術を持ち、リンパ浮腫療法士認定機構の認定を受けた「リンパ浮腫療法士」が活躍します。
しかし現在、リンパ浮腫療法士は不足しており、病院や介護施設などでの人材が求められています。
あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っていれば、患者さんの痛みを緩和できるリンパ浮腫療法士の試験を受けられます。あん摩マッサージ指圧師として2年間の実務を積めば、リンパ浮腫療法士へのステップアップも可能です。

幅広い分野で活躍できる基本的臨床能力が身に付く鍼灸マッサージ科

東京医療専門学校では鍼灸などの多様な治療法が学べる

東京医療専門学校では鍼灸などの多様な治療法が学べる

”国民の保健衛生と伝統医学の発展に寄与し、広く社会に貢献する有為な人材を育成すること”をモットーとする東京医療専門学校では、3つの資格で幅広い治療を提供できる人材を育成する「鍼灸マッサージ科」を併設。
ここでは、中国に源を発し、二千数百年の伝統を誇る「鍼」「灸」のほか、押す・揉む・さするなどの手技を用いて患者の症状の緩和を図る「あん摩マッサージ指圧」の3つの資格の取得が可能です。
これらの資格を取得し、医療、美容、スポーツ、リラクゼーションなど幅広い分野で活躍できる治療家を目指しています。
実技授業をバランスよく配分し、基礎技術から応用技術まで身につけ、医療現場で必要な確かな知識を学び、幅広い分野でスペシャリストとして活躍できる土台を築くカリキュラムが用意されているのです。
今後さらに需要が増えるであろうあん摩マッサージ指圧師、そしてさらなるステップアップとしてリンパ浮腫療法士を目指すのにふさわしい学科です。

【広告企画】提供 : 東京医療専門学校

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「鍼灸・柔道整復学」
はこんな学問です

東洋医学の代表的領域である鍼灸学と柔道整復学をそれぞれ学んで、施術者をめざす学問。鍼灸学は、人体のツボの変化を捉え、ここに鍼と灸で刺激を加えることで、体調を整える。そのための知識と施術を学ぶ。柔道整復学は、骨折、脱臼、捻挫など、投薬や外科手術以外の方法で回復させるための知識と施術を学ぶ。学習成果は、独立開業して鍼灸院や接骨院、整骨院などを営むときにも役立てられるが、近年スポーツ界で活躍する施術者も出てきている。

「鍼灸・柔道整復学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける