スポーツという世界共通言語で身につける語学とグローバル感覚

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

スポーツという世界共通言語で身につける語学とグローバル感覚

2018.04.16

提供:東京国際大学

メイン
テーマ

スポーツという世界共通言語で身につける語学とグローバル感覚

スポーツは、国境を超えて全世界で同じ競技が行われています。国別競争は120年以上の歴史があることから、スポーツはいち早くグローバル化している分野といえるでしょう。

スポーツなら、競技のルールを知っていれば違う国のプレーヤーと競うことができます。相手の文化、宗教などの背景を知らなくてもコミュニケーションができ、自分と異なる国を理解できるのがスポーツの特徴です。つまりスポーツとは、はるか昔より国境や人種を乗り越えて交流ができる、それ自体が世界共通言語といえます。

この記事をまとめると

  • 語学の壁を飛び越えて、スポーツを通して図れるコミュニケーション
  • スポーツの現場でグローバルに活躍できる職業には、スポーツ選手になる以外にも選択肢がある
  • スポーツと語学を集中的に学んでグローバルに活躍できるチャンスを

プロスポーツ選手が持つ国際感覚を通してグローバルな活躍を目指す

世界で活躍したいと考えた時、言葉がわからなければ何もできないと考えてしまうことはありませんか?確かに、言葉は世界に出た時のコミュニケーションとしてとても重要です。スポーツを通して世界へ飛び出したプロスポーツ選手でも、最初は会話もままならないことも多いでしょう。

しかしプロの世界で活躍する選手は、異なる言語や文化を持つ世界でも、しっかりと実力を発揮して活躍しています。そして、日々の練習や他の選手とのコミュニケーションを通してその国の言語を習得し、通訳をつけずに現地のメディアの取材を受けられるほど上達している選手も少なくありません。

海外で活躍できるプレーヤーは、ただ単純にそのスポーツの技術が優れているだけではありません。国際感覚に優れていて、アスリートならではの集中力で現地の言語や文化を吸収しているからこそ、言語習得もできているのです。そんな選手の国際感覚には、これからグローバルに活躍する人が学ぶべき点がたくさんあります。

スポーツ選手になるだけではない、世界を舞台に選手と働く仕事

スポーツにかかわる仕事としてイメージするのは、やはりプロスポーツ選手ではないでしょうか。しかし、いくら目指したいと思っていても、実際のところ簡単になれるものではありません。かといって運動が苦手だったり、プロになるほどの才能はないからと諦める必要はありません。スポーツにかかわる道は選手になるだけではなく、選手をサポートする立場においても、世界を股にかけ、携われるチャンスがあるのです。

スポーツ選手をサポートする立場としての職業には、スポーツトレーナーやリハビリトレーナー、マネージメント職などがあります。また特定の選手や競技に限定せずに活躍できる職業には、スポーツジャーナリストやスポーツカメラマンなどのマスコミ関連の仕事も含まれます。これらの職業は、いずれもスポーツや各競技に関する広い知識が必要です。そして、選手のサポートまたはメディアの場で世界を舞台に働きたいのであれば、語学を習得していた方が活躍できるチャンスも広がるでしょう。

スポーツと英語をしっかり学んでグローバルな活躍ができる人材を育成する、東京国際大学の「グローバルスポーツ・プログラム」

それぞれのスポーツの現場では競技の技術がものをいう”実力主義”ではあるものの、語学力はないよりもあった方が、競技の面でも、メンタリティにおいても圧倒的に有利です。選手として、またはスポーツを仕事としてグローバルに活躍するためには、スポーツと語学両方の知識や経験が、より求められます。

東京国際大学の人間社会学部では、2018年度から英語とスポーツに関する専門的な知識を英語で学べる「グローバルスポーツ・プログラム」がスタートします。このプログラムでは、春学期にネイティブ教員(GTI)による少人数制英語集中授業を受講し、夏期休暇にフィリピン・セブ島に、また冬期休暇に姉妹校ウィラメット大学へ語学+スポーツの短期留学の機会が提供されます。

世界を舞台にグローバルな人材を育てることを目的として、必要な知識と経験をしっかり積むことができる東京国際大学のプログラムは、スポーツを通じ、世界で活躍したい人におすすめです。

【広告企画】提供 : 東京国際大学

この記事のテーマ
語学・国際」を解説

外国語を自在に使い、コミュニケーションを図る表現力を実践的に学びます。国際情勢などの知識、情報を収集する好奇心、語学力向上の努力が常に求められます。資格取得を目指すカリキュラムもあります。将来の仕事としては、日本語と外国語を翻訳・通訳することで双方の意志疎通の手伝いをするなど、海外との橋渡しをする職業が考えられます。

「語学・国際」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける