保育士、幼(一種)・小(一種)・特別支援(一種)から最大3つの資格・免許状取得で就職に有利って本当?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

保育士、幼(一種)・小(一種)・特別支援(一種)から最大3つの資格・免許状取得で就職に有利って本当?

2018.04.16

提供:芦屋大学

保育士、幼(一種)・小(一種)・特別支援(一種)から最大3つの資格・免許状取得で就職に有利って本当?

「子どもが好き!」「子どもに関わる仕事がしたい」みなさん!夢を叶えませんか?
現在、小学校に入学したばかりの1年生が集団行動や学校生活に馴染めない「小1プロブレム」や、幼稚園と保育園の両方の機能を持つ「認定こども園」の増加など、教育の現場に変化が起きています。多様化する幼児・初等教育に対応するため、ますます保・幼・小・特別支援の主要4資格・免許状の取得が重要性を増しています。本学は主要4資格・免許状の中から最大3つの資格・免許状の同時取得が目指せます。どのようなカリキュラムがあるのかご紹介しましょう。

この記事をまとめると

  • 希望する将来の進路に合わせた2つのコース制で、入学時に必ず希望のコースに進める
  • 多様化する現場に対応できるよう、3つの資格・免許状を同時取得できる
  • 1学年50名の少人数制教育で、一人ひとりをサポート

それぞれ専門的な学びを得ることができる2つのコース制

本学では、資格取得の人数制限を設けていないため、入学時の成績に関係なく、全員が希望するコースに進むことができます。

「幼児教育コース」では、保育士・幼稚園教諭一種免許状※に加えて、小学校教諭一種免許状※または特別支援学校教諭一種免許状※を取得することができます。小学校教諭一種免許状※を取得すると、公立幼稚園の教諭や増加傾向にある幼小連携教育に対応できる教員を目指すことができます。
 
「初等教育コース」では、小学校教諭一種免許状※を中心に、特別支援学校教諭一種免許状※と幼稚園教諭一種免許状※も取得することができます。

特別支援学校の教員免許状を取得していると、小学校等の教員採用試験を受ける際、一部の自治体では加点措置が近年取られるようになりました。小学校の特別支援学級など、活躍の場が広がっています。

※ 教職課程の履修・修得により取得可。 
【教職課程について】2019年度以降の教職課程は認定申請予定。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

3つの資格・免許状を同時取得。大学推薦枠と合わせて就職に有利!

入学後にどちらかのコースを選び、トリプルライセンス同時取得可能に!

保育園、私立幼稚園・公立幼稚園、認定こども園、小学校(幼小連携教育校)、特別支援学校、小学校内の特別支援学級など将来の選択肢はさまざま。希望する将来に合わせて最大3つの資格を同時取得できます。

また、50名の定員に対して多くの大学推薦枠があり、教員採用試験の一次試験(筆記試験を含む)が免除されます。平成29年度は小学校16名分、特別支援学校16名分の推薦枠が付与されました。多くの学生が夢に近づく大きなチャンスを得て、教員採用試験にチャレンジしています。

1学年50名の少人数制教育で、一人ひとりをきめ細かくサポート

「幼児教育コース」では、個別のピアノ指導を中心とした音楽の授業や、図画工作、幼児体育など幼児教育に必要な技能を少人数制の環境で身につけることができます。徒歩5分の距離にある附属幼稚園での実習も少人数制だから可能な学びの場です。

「初等教育コース」の学生には「教職教育支援センター」が強い味方に。教員を目指す学生を専門にサポートしています。週に6日・8コマの教員採用試験対策講座(無料)や教育実習の手続きなど、授業以外でも頼れる存在です。

また、芦屋市、西宮市、神戸市の教育委員会との教育連携により、「学校ボランティア」や「スクールサポーター」、4泊5日の自然学校への帯同などを通じて、実際に子どもと交流ができる機会が沢山あります。

【広告企画】提供 : 芦屋大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育・幼児教育」
はこんな学問です

児童・幼児の発達・発育を促す保育者、教育者としての知識と技能を専門的に学ぶ。主に保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格取得をめざすことが目的。保育学や心理学、教育学、保健・体育学などの理論と、教育・保育実習を通して身に付けられる実践力のどちらも大切な学問である。教育系の学校のほか、健康・体育系の一部の学校でも学ぶことができる。実習は、学校附属の幼稚園、保育園などで行われるケースが多い。

「保育・幼児教育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教員養成」
はこんな学問です

学校の教員を養成するための学問で、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校などで教員を務めるための免許取得を目的とする。教える教科である国語、数学、社会などの専門科目と併せて、教育心理学や生徒指導、発達に関する教職科目を学ぶ。なお、教員養成課程以外の学校でも、中学校・高校・幼稚園教諭の資格を取得できる場合があるほか、コンピュータ教育を専門に行う「情報教育」や「生涯教育」など専門特化された教員を養成する学校もある。

「教員養成」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける