学生だけで企画・運営する劇「あんよがじょうず」が 毎年オープンキャンパスで感動を巻き起こす!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学生だけで企画・運営する劇「あんよがじょうず」が
毎年オープンキャンパスで感動を巻き起こす!

2018.04.16

提供:大阪芸術大学短期大学部

学生だけで企画・運営する劇「あんよがじょうず」が
毎年オープンキャンパスで感動を巻き起こす!

体験授業やキャンパスツアー、個別相談…、どのオープンキャンパスでも、高校生に学校のことを知ってもらうためにさまざまなイベントを用意しています。
「あんよがじょうず~よちよち歩きの学生たちの保育デビュー~」は大阪芸術大学短期大学部オープンキャンパスのメインイベント。保育学科での学びを、絵本の読み聞かせ、体操、手遊びを交えて高校生に体験しながら紹介する劇です。
あんよがじょうずのポイントは、何と言っても保育学科の学生たちだけでつくり上げているところ!楽しく自主性が身につく保育学科のヒミツに迫ります。

この記事をまとめると

  • 2017年の「あんよがじょうず」は「冒険」をテーマに開催
  • 高校生や地域の子どもたちに保育の技術を見せる機会が豊富
  • 大阪芸術大学グループならではの授業と附属幼稚園の強み

伝統のイベント「あんよがじょうず」

オープンキャンパスで、実習で体験した幼稚園の1日を体験型の劇で発表するのが「あんよがじょうず」。企画から当日の運営まで、保育学科の学生が全てを担当します。
2017年は6月、7月、8月の3回開催。8月は約20名の学生たちがプログラムを通して保育を学ぶ魅力を伝えました。

学生が園児と先生に扮した架空の幼稚園という設定で劇が始まります。キャンパスは「冒険」をテーマにジャングルや南の島のように大変身!
冒険しながら巡る教室では、ミュージカルやダンス・紙芝居を見せたり、紙コップを使った糸でんわづくりやじゃんけん列車を一緒に楽しんだり、エプロンシアターや子どもたち向けの体育の授業など保育の学びを感じられる体験授業をしたり、盛りだくさんの内容を用意しています。
最後は、保育学科の卒業生が作詞作曲・手話を手がけた『ながれぼし』を披露。保育学科で代々受け継がれてきた演目は、指先まで全員の動きがそろった圧巻のパフォーマンス!フィナーレは感動に包まれました。

幼稚園の先生・保育士としての力が育つ保育イベントが充実

あんよがじょうずのほかにも、秋の大学祭と同時開催の「キッズワールド」や、学外の会場で子どもたちの遊び場を作る「キッズフェスティバル」など、高校生や地域の子どもたちに保育の技術を見せる機会が豊富。見せること・関わることで「子どもたちの先生」になるイメージをしっかり持てます。
イベントはすべて学生が主導。先輩から引き継がれた内容を、その都度教員の指導を受けながら自分たちで作り上げていきます。

高校生や子ども向けだけではなく、新入生を迎え入れる「フレッシュマンキャンプ」も、新2年生が春休みの間に、先生にも当日までヒミツのプログラムを企画・練習するイベント。
楽しく主体性をもって保育の技術を身につけていくことができるのが、本学の大きな特徴です。

大阪芸術大学短期大学部だからこそ身につく力

◆大阪芸術大学グループならではの授業
子どもたちの成長には音楽、絵画、造形は必須アイテム。
専門科目にはもちろん取り入れられていますが、本学は大阪芸術大学グループ!!
ヒップホップやJ-POPにも触れて歌って踊れる先生を育てます。
本格的な芸術も学べる「芸術サロン」も開講しています。初心者の方も踊るのが好き!歌うのが好き!ピアノを弾くのが好き!絵を描くのが好き!作るのが好き!という方も子どもたちへ与える表現の力を大きく広げることができます。

◆附属幼稚園まで徒歩10歩
附属幼稚園があるのは大学横。
入学式の次の日には早速附属幼稚園で子ども達と触れ合います。大学内を子どもたちが通ることもしばしばあるので、「〇〇先生~!」と子どもたちから声がかかることもあります。授業で学んだことを日常の中で子どもたちに触れ合って修得していけることは実習や就職時のスキルにつながります。

【広告企画】提供 : 大阪芸術大学短期大学部

この記事のテーマ
保育・こども」を解説

乳幼児から小学生までのこどもの生活を保護し、心身の成長を促すための専門知識を身につけます。こどもの心身の発達や行動、保健・衛生、基本的な読み書きや情操教育、体操といった体力向上教育など、学びの分野は多岐にわたります。保育士の資格取得者の職場は保育園だけでなく、企業内の保育施設などにも広がりつつあります。

「保育・こども」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育士」
はこんな仕事です

仕事などで保育ができない保護者に代わって、乳児から小学校就学前の子どもを預かる仕事。食事、排せつ、睡眠の世話や健康管理の他、遊びや集団生活を通して心身の成長を援助する。保育所や乳児院、児童養護施設に加え、企業内の保育所やベビーシッター業を行う企業でも、大きな役割を果たすなど就職先は多様化。子どもの数は減っているものの共働きの保護者が多くなったため、今後ますますニーズは高まっていくだろう。また、パート勤務など、勤務時間の調整ができる場合も多い。

「保育士」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「幼稚園教諭」
はこんな仕事です

歌や体操、絵本の読み聞かせ、工作などを通じて、子どもたちの心身の発達のための教育を行う仕事。生活の世話やしつけをする保育園と異なり、小学校入学にあたって必要となる集団生活の基本的なルールを教えていく。子どもが興味を持つよう、遊びのなかに知識を盛り込みつつ、文字や数など勉強の基礎を指導する幼稚園も少なくない。発達が目覚ましい子どもたちの成長を間近で感じられるのが、幼稚園教諭のやりがいともいえるだろう。少子化により園児は減少傾向にあるものの、延長保育を行う園も多く、需要は高い。

「幼稚園教諭」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける