リハビリテーションのスペシャリスト!理学療法士と作業療法士の違いって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

リハビリテーションのスペシャリスト!理学療法士と作業療法士の違いって?

2018.04.16

提供:鈴鹿医療科学大学

リハビリテーションのスペシャリスト!理学療法士と作業療法士の違いって?

超高齢社会を迎え、高い期待が寄せられるリハビリテーション業界。リハビリテーションの現場で活躍する「理学療法士」と「作業療法士」はどんな仕事で、どうやったら資格が取得できるのでしょうか?
鈴鹿医療科学大学では、2019年4月に保健衛生学部 理学療法学科が新しく「リハビリテーション学科」(設置構想中)に生まれ変わります。専門知識を学び、現場での実践力までしっかりと身につく本学の環境についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • リハビリテーションの仕事には主に「理学療法士」と「作業療法士」があります。
  • 「理学療法士」と「作業療法士」になるには国家資格取得が必要です。
  • 鈴鹿医療科学大学の「リハビリテーション学科」でスペシャリストになれます!

リハビリテーション現場での仕事とは?

リハビリテーションの現場で、専門職として活躍する理学療法士や作業療法士。それぞれ専門分野は違いますが、連携しながら様々なリハビリテーションを行い、機能回復に携わる仕事となります。

理学療法士は「立つ・歩く・座る」などの日常動作を、病気やケガなどでうまく行えない人に対し関わっていく仕事です。機能回復させるだけでなく、今ある機能を維持したり、機能低下の予防や健康増進を目指したりと、一人ひとりの目的にあったリハビリを行います。医療・福祉分野をはじめ、健康増進、スポーツ医学・スポーツトレーナーなどの分野にも活躍の場が及びます。

作業療法士は「書く、食べる、入浴する」など、人が快適に自分らしく生活するうえで必要な機能の回復、また作業を通して心のケアも行う仕事です。身体機能の治療のみでなく、食事や着替えなど日常生活の訓練や、仕事や学校など社会参加のための訓練、訪問作業療法や地域での医療、保健活動など幅広く対応します。

「理学療法士」と「作業療法士」の資格はどうやったら取得できるの?

理学療法士になるには専門知識と現場に対応できる実践力が必要です。
理学療法を実践するうえで必要な基本的知識・理論をしっかりと学び、同時に臨床実習施設で現場見学・体験をします。そして病院や施設などで実際に理学療法士として患者様にかかわり、現場における問題解決能力と実践能力を養います。

作業療法士は解剖学や運動学、臨床心理学などの医学的な基礎知識を学び、さらに厚みのある専門知識と技術力を身につける必要があります。
実習では大学と臨床現場との連携を図り、作業療法士として必要な患者様への対応力・問題探索力・実践力などの総合力を修得していきます。
理学療法とは異なり、作業療法は患者様の精神的・心理的な安定も目的としており、患者様を思いやる心や協調性などといった高い人間性が不可欠です。

鈴鹿医療科学大学では、「医療人底力教育」にて高いコミュニケーション能力や幅広い教養を身につけ、専門知識や現場での実践力だけでなく、知性や人間性を兼ねそろえた人材を養成します。

鈴鹿医療科学大学の専門性の高いカリキュラム・最新の医療設備でスペシャリストを目指せます!

本学は高度化する医療やこれからますます必要とされる福祉の分野に対応した「医療・福祉の総合大学」です。時代とともに高まる社会的ニーズに応えるため、2019年4月に既存の理学療法学科が「リハビリテーション学科」に生まれ変わります。新設される作業療法学専攻では、超高齢社会を迎え、高い期待が寄せられるリハビリテーションのスペシャリストとして、チーム医療や地域包括ケアを担う次世代の作業療法士を育成します。

高い専門知識が学べるカリキュラムや医療現場での実践力が身につく学習環境はもちろんのこと、すべての学生が国家資格を取得できるように万全の支援体制を完備。経験豊富な教員陣が実習を通して国家試験の重要なポイントを指導し、確実な資格取得を目指します。

8,500名を超える全国のOB・OGのネットワークを活用して就職候補先を拡大。万全の就職支援体制で、夢を後押ししていきます。
鈴鹿医療科学大学にはリハビリテーションのスペシャリストになるための学びの環境がすべて整っています。

【広告企画】提供 : 鈴鹿医療科学大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「リハビリテーション・作業療法・理学療法」
はこんな学問です

リハビリテーションには、障がいを持った人の運動能力回復のための理学療法と、心身にわたる諸機能を回復するための作業療法がある。理学療法では、立つ・歩くなどの運動療法とマッサージや電気による物理療法を用いるための知識、技術を学び、「理学療法士」をめざす。一方、作業療法は、精神疾患なども含めて用いられるもので、たとえば、園芸や工芸を通じ、患者が生活の自立性を回復するための知識、技術を学び、「作業療法士」をめざす。

「リハビリテーション・作業療法・理学療法」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける