専門学校初!*世界のファッションの祭典「パリ・コレ」に、学生ブランドが出展したって本当!? UEDAから憧れのファッション業界への夢を叶える!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専門学校初!*世界のファッションの祭典「パリ・コレ」に、学生ブランドが出展したって本当!? UEDAから憧れのファッション業界への夢を叶える!

2018.04.16

提供:上田安子服飾専門学校

専門学校初!*世界のファッションの祭典「パリ・コレ」に、学生ブランドが出展したって本当!? UEDAから憧れのファッション業界への夢を叶える!

世界的デザイナーやメーカーによる新作発表と受注会を兼ねて、フランスのパリで毎年開催されるファッションの世界最大級のイベント「パリ・コレクション」。招待されるのは、世界各国のメディアやアパレル業界の関係者、芸能人、有名セレブなどで、一般人が直接会場で観る機会はほぼありません。また、パリ・コレの出展には厳しい審査があり、プロでも簡単に出展できないといわれています。そんなファッションの祭典に、ある専門学校の学生が、ブランドの出展を果たしたことをご存知でしょうか?(*2015年12月1日掲載「繊研新聞」より)

この記事をまとめると

  • ファッション業界のトレンドを左右する「パリ・コレ」とは。
  • 3年連続で「パリ・コレ」への出展を果たした上田安子服飾専門学校。
  • パリ・コレ、海外研修、新設…etc! 世界に通用する創造性を磨く!

ファッション業界のトレンドを左右する「パリ・コレ」とは。

世界のファッションの祭典というと、パリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンが、いわゆる4大コレクションとされています。中でも、老舗のブランドの多くがパリに集中していることと、高い芸術性や質が求められることから、特にパリ・コレはファッションの祭典として世界最大級といえるでしょう。シーズンごとに設定するテーマにそって、パリ中心部の大きなホールや美術館など、毎年会場を変えて開催。ファッション業界のトレンドを左右するさまざまな高級ブランドの新作発表はもちろん、ランウェイを歩く華やかなモデルたち、会場入りする有名セレブらのファッションコーデなど、多彩な角度から流行に敏感な世界各国のファッションジャーナリストやバイヤーから注目されています。そんなパリ・コレだからこそ新しいブランドを世界に放つ大きなチャンスであると同時に、若手デザイナーにとっての出展は、非常にハードルが高いのが現実です。そこで注目すべきは、在学中からパリ・コレをめざし、学生ブランドの出展を果たした専門学校です。

3年連続で「パリ・コレ」への出展を果たした上田安子服飾専門学校!

ファッション業界が誇る世界最大級の祭典に、専門学校として初めて出展した学校は、上田安子服飾専門学校(UEDA)です*。特筆すべきは、2015年の初出展から、実に3年連続の出展を果たしているところです。「Made in Japan」にこだわり、産地見学から生地の素材感を活かすデザインや製法まで、さまざまな角度から念入りに下準備。試行錯誤しながら完成させた学生作品は現地でも評価が高く、2017年の秋の本コレクションでは、世界のバイヤーから過去最高規模の高額買付けも達成させたのです。このような、世界最大級のファッション業界の現場で感性を磨くチャンスがある上田安子服飾専門学校では、どのような学びを展開しているのでしょうか。

*2015年12月1日掲載「繊研新聞」より

パリ・コレ、海外研修、新設…etc! 世界に通用する創造性を磨く!

UEDAのキャンパスは、数多くのファッションビルやセレクトショップが軒を連ねる大阪・梅田という好立地に位置します。

同校の強みのひとつとして、在学中に国内・海外の多彩なファッションシーンを体験できる研修を必須授業として設定しているところ。「パリ・コレ」をはじめ、国内最大級のファッションショーJFW(東京コレクション)」の見学や参加する卒業生のブランドでのアシスタント研修、公式展示会への作品出品、ニューヨークやロンドンでのリサーチ&バイヤー研修、ミラノでのシューズ・バッグ製作の技術研修など、クオリティの高いプログラムを用意しています。

また、アパレル企業はもちろん、テキスタイルやデニムなどの産業界とも深くつながるUEDAは、産学官連携プロジェクトも重視。レザーの産地「兵庫県たつの市」のタンナーの皆さんとのコラボによる「東京レザーフェア」やパリのルーヴル美術館での展示ほか、産学官連携企画を積極的に行っています。さらに、毎回3万人以上を動員する「関西コレクション」では、2010年の開催以来、UEDAの学生がバックヤードで運営に貢献。学生の1年間の学びの集大成「上田学園コレクション」では、1・2年次から作品発表できるチャンスを設定するなど、学生一人ひとりの感性と実践力を確実に磨いていきます。

そして、時代が求めるファッションビジネスにも対応できるよう、「経営学」の授業を大学講義レベルで実施。企画、生産、流通、販売までトータルに把握する能力が必要なマーチャンダイジングに関しても深く学ぶことができます。

ファッションに関するさまざまな分野の学びを展開しているのも同校の強みです。オートクチュールにゴシック&ロリータファッション、カバン、シューズ、雑貨など実に多彩。さらに2019年4月には、カメラに関する最新の知識・技術を身につけたファッションフォトグラファーを養う「スタイリングフォト学科」と、近年人気が高まるスポーツファッションに特化した「スポーツファッションデザインコース」を新設。多彩な分野の最先端ファッションが学べる環境をより充実させることで、学生の将来の選択肢をさらに広げます。

ファッション業界に関する感性と技術をトータルで磨けるUEDAから、ファッションのプロとして世界に羽ばたいてみませんか?

【広告企画】提供 : 上田安子服飾専門学校

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ファッションデザイナー」
はこんな仕事です

衣服などの製品をデザインする仕事。大別すると、企業に勤務して働くデザイナーと、フリーランスで活躍するデザイナーの2つがある。どちらも、その時々の流行を踏まえながらコンセプトを考え、デザイン画を作成。それを基に型紙をつくるパタンナーや縫製・プレス担当者などに指示を出す。コンセプトとずれていないか試作品で何度も調整し、完成させる。ファッションデザイナーは、企画から完成までを監督するプロデューサー的な役割といえる。企業所属のデザイナーであれば、会社の方針や利益も配慮しなければならない。

「ファッションデザイナー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「マーチャンダイザー」
はこんな仕事です

卸売りと小売りの販売業における、企画・販売計画をまとめて実行する。企業内では、商品開発部や販売促進部などに属することの多い職種。マーケティング分析を基に商品の企画と構成を決定し、予算管理から仕入れ先の確保、価格決定、広告戦略など、商品を世に送り出すプロセスを全体管理する。売上高や在庫管理、返品対応に至るまで責任がついて回るので、プレッシャーは多いが売上額など、数量的目標が明確なためやりがいも大きい。デザイナーやバイヤー、広報担当者などと連携し、チームワークの達成感も味わえる。

「マーチャンダイザー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「テキスタイルデザイナー」
はこんな仕事です

生地の柄や色などをデザインする仕事。衣服の生地はもちろん、ハンカチやネクタイ、カーテン、カーペットなど扱う対象はさまざま。仕事の内容は、生地開発のコンセプトを把握しながら、材質などを選び、織り方や染め方・色・柄などを決定。その後、製造工場に発注をする。質感や発色の微妙な差異で仕上がりが変わるため、細かいチェックは欠かせない。何度も調整を重ねて完成したら生産にあたる。主な活躍の場は、生地・繊維メーカーや問屋、服飾メーカー、デザイン事務所などが挙げられる。

「テキスタイルデザイナー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける