患者さんの身体だけでなく心にも向き合う仕事。リハビリテーションのひとつである作業療法の魅力にせまる!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

患者さんの身体だけでなく心にも向き合う仕事。リハビリテーションのひとつである作業療法の魅力にせまる!

2018.04.16

提供:帝京平成大学 健康医療スポーツ学部 作業療法学科

患者さんの身体だけでなく心にも向き合う仕事。リハビリテーションのひとつである作業療法の魅力にせまる!

みなさんは病院や介護福祉施設で、⾐服の脱ぎ着や⾷事の動作を練習する患者さんをサポートしている、⽩⾐を着た⼈を⾒たことがありませんか?その⼈の職業は、作業療法⼠かもしれません。作業療法⼠とは、病気やケガの患者や⾼齢者、障がい者に対して、⽇常⽣活に必要な動作のリハビリを⾏う医療職で、国家資格を必要とします。患者さんの⼼と向き合い、地域とのかかわりや社会復帰を⽀える作業療法⼠の仕事や学び、魅⼒にせまってみましょう。

この記事をまとめると

  • 作業療法⼠は、患者さんの⼼と体に向き合い、⽇常⽣活への復帰をサポートする仕事。
  • 作業療法⼠になるためには、実践的な学びが必要。
  • 帝京平成⼤学健康医療スポーツ学部作業療法学科で、地域に根付いた作業療法⼠を⽬指 す。

患者の⼼と体に向き合い、⽇常⽣活の動作の回復と社会参加を⽀える

作業療法士は、何らかの障がいを抱えてしまった方々に対し、食事動作や入浴動作、トイレ動作、着替え動作など日常生活に必要な動作の回復のほか、人との接し方やパソコン技能など、日常生活に必要なコミュニケーション能力や職業スキル、また、買い物や調理、掃除など家事動作も支援します。対象は子どもから高齢者まで幅広く、作業療法士の働く場所は病院や介護老人保健施設のほか、精神科の病院や障がい者(児)施設、さらには障がい者の就労支援施設や児童福祉施設などがあります。対象とする疾患は、脳卒中や事故などで身体に障害を負ってしまう病気だけにとどまらず、うつ病や知的障害など、精神障がいや発達障がいでのリハビリテーションにも関与します。関わる疾患の多さ、職域の広さに驚かれるかも知れませんが、作業療法士が注目しているのは疾患ではなく、対象者の生活に焦点を当てているので、このような幅広い関わりとなるのです。

作業療法⼠は理学療法士や言語聴覚士など他の医療職や看護・介護職と連携してリハビリテーション⾯での⽀援をするほか、企業や⾏政と協⼒して患者の職場復帰や学校⽣活を⽀える役割も担います。特に作業療法士は患者の身体動作の回復だけではなく、対象者の将来への不安や悩みを受け⽌めて、社会とのかかわり⽅を⼀緒に模索していく職業でもあるのです。

作業療法⼠は実践的学びが重要

作業療法士になるためには、養成施設に進学して国家資格を取得する必要があります。養成施設は4年制の⼤学、専⾨学校などです。養成校入学後は人の身体を理解するための⽣理学や解剖学などの医学的な基礎知識をはじめ、疾病や障害の成り⽴ちと回復、リハビリの理念や訓練の知識、技能を習得する作業療法の専⾨分野、さらには社会福祉や⼼理学など関連領域を幅広く学びます。

なかでも学内での実習科目は、作業療法⼠を⽬指すうえで重要な授業です。養成校の⼀つである、千葉県市原市にある帝京平成⼤学健康医療スポーツ学部作業療法学科では、学⽣がともに学び教え合う姿勢を重視しており、小グループ形式で進められています。学⽣は授業の前にさまざまな疾病や障がい、要望をもつ患者を想定して必要な援助方法を調べ、授業で実践しています。
将来社会に巣立っていく学⽣にはぜひとも「患者と家族が前向きになれる声かけと働きかけが実践でき、対象者との信頼関係を構築できる作業療法⼠になってほしいです」(同校作業療法学科・伯⺟(うば)治先⽣)。

地域の医療機関や福祉施設と連携し、患者や家族と専⾨職を⽬指す

今回取材した帝京平成⼤学健康医療スポーツ学部作業療法学科は、千葉県市原市にある養成校です。県内出身学生はもとより近県から通学される方や、都会の喧騒からやや離れ穏やかな環境を求め、地方出身の学生も多く在籍しています。また、現場経験の豊富な学科の専任教員が2018年度より8名から10名に増え、きめ細やかな教育体制が拡充します。

学外実習の充実ぶりも本校の⼤きな特⾊の⼀つです。実習は1年次から始まり、地域の医療機関や障がい者施設などで4⽇間、4つの施設を経験します。その後、3年次に3週間を2回、4年次は8週間を2回体験します。実習先は、⾝体障がい領域の病院や施設、発達障がい領域の病院や施設、または精神障がい病院など、3年次からの4回の実習では、さまざまな領域をバランスよく体験できるよう配慮した形で実習を行ないます。実習先は千葉県内の病院や施設が全体の8割を占めており、それらの病院・施設では本学を卒業した先輩が勤務していたりします。

緑豊かで広⼤なキャンパスと設備が充実した教室で学び、地域との交流を深めながら作業療法⼠をめざすことができる本校。「作業療法⼠の仕事の魅⼒は、患者さんから『ありがとう』と⾔ってもらえることに尽きます。患者さんの⼼を受け⽌め、患者さんが主体的に⽣活できるように後押しをすることが、この職業の使命だと思います」(伯⺟先⽣)

【広告企画】提供 : 帝京平成大学 健康医療スポーツ学部 作業療法学科

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「リハビリテーション・作業療法・理学療法」
はこんな学問です

リハビリテーションには、障がいを持った人の運動能力回復のための理学療法と、心身にわたる諸機能を回復するための作業療法がある。理学療法では、立つ・歩くなどの運動療法とマッサージや電気による物理療法を用いるための知識、技術を学び、「理学療法士」をめざす。一方、作業療法は、精神疾患なども含めて用いられるもので、たとえば、園芸や工芸を通じ、患者が生活の自立性を回復するための知識、技術を学び、「作業療法士」をめざす。

「リハビリテーション・作業療法・理学療法」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける