「あったらいいな」をプログラミングでつくる。 あなたの発見もカタチにできる!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「あったらいいな」をプログラミングでつくる。
あなたの発見もカタチにできる!

2018.04.16

提供:ECCコンピュータ専門学校

「あったらいいな」をプログラミングでつくる。
あなたの発見もカタチにできる!

日常に潜む「あったらいいな」を実現する。きっかけは、趣味の”釣り”だった!?生活の中で、実は足りていないモノ・コトを発見し、生み出すのは、あなたかもしれません。気づきは、意外と身近なところにあるものです。ただし、発見したものを実現するには、実現するためのスキルが必要。あなたの発見した「あったらいいな」をカタチにするために、プログラミングを学んでみませんか?

この記事をまとめると

  • 写真を撮れば、それが何なのか教えてくれる図鑑アプリ「Pasyat!!」
  • 「アプリ開発演習」で学生によって作られた
  • 基盤だけの超小型コンピュータで、基礎から実践的に学べるECCコンピュータ専門学校

スマートフォンで撮影した写真で、種類から毒の有無まで判別する!?優秀すぎるアプリ

スマートフォンで撮影した画像を認識して、その種類を判別してくれるアプリ「Pasyat!!」。撮った写真をストックして、オリジナルの図鑑を作ることもできます。植物や食べ物、商品などを撮影すれば、画面内にその種類が表示されるのですが、「植物」「魚」といった大まかなカテゴリではなく、魚であれば「鯛」など、その種別まで表示される優れもの。精度の高さがポイントです。さらに、Web辞典とリンクしているため、「毒の有無」といった詳しい情報までチェックできる仕組みになっています。普段の生活の中で、ふと「これは何だろう?」疑問に思ったとき、写真を撮るだけで解決できてしまいます。スマートフォンで検索するよりも、簡単かもしれませんね。

作ったのは学生!?アプリを作ったきっかけは、意外と身近なところにあった!

制作を手がけたのは、なんと学生。ECCコンピュータ専門学校の学生チームです。「こんな機能があったら便利」と思えるアプリを自由に作る「アプリ開発演習」という授業の中で、開発が進められました。3年・4年の合同チームがプログラミングの技術を駆使し、約60時間かけて開発した集大成です。

発想のきっかけは、メンバーの趣味だった”釣り”。「初心者にも釣りを楽しんでほしい」という思いから、魚の名前や毒の有無を調べられるアプリを作ろうと思い立ったそうです。日常で発見した「あったらいいな」を実現した機能。このアプリがあれば、簡単に、安全に、多くの人が釣りを楽しめるだけでなく、他にもさまざまな趣味に挑戦できるようになるのではないでしょうか。

これからの時代に必要不可欠な「プログラミング」を体験から習得するカリキュラム

スマートフォンは持っていて当然、学校や会社でもパソコンやタブレットPCが欠かせない存在となっている現代の日本。IT機器もますます普及し、あらゆるモノがインターネットにつながる時代が到来します。スマートフォンなどで遠隔操作し、外出先から家の中のものを操作したりすることが、日常の中で当たり前に行われる日が来るでしょう。

ECCコンピュータ専門学校には、アプリ開発だけでなく、基盤だけの超小型コンピュータ「Raspberry Pi」を使用したシステム開発の授業もあります。まずはシンプルに動かすところから始め、Raspberry Piと小型の車とを連結させ、スマートフォンをスイッチとしてLEDライトを点灯させたり、モーターを回して車を動かしたりして基礎を体得します。

プログラミングの技術を、基礎から応用まで、体験を通して学ぶことができるECCコンピュータ専門学校。あなたのアイデアを実現するために、ECCコンピュータ専門学校で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : ECCコンピュータ専門学校

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報学」
はこんな学問です

情報学という学問名で、文系と理系の2種類の学問を表す。文系学問としては、人文・社会科学系の学問と連携し、社会システムのなかでの情報技術の役割や、マスコミュニケーションにおいての情報メディアの役割、国境を越えての情報コミュニケーションを研究テーマとする。理系学問としては、コンピュータのハードウェアやソフトウェア、情報システムが稼働する原理など、情報についての基礎となる分野を数学的手法によって研究する。

「情報学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「通信工学」
はこんな学問です

通信技術は、コンピュータ内の技術とネットワーク技術に分けられる。たとえば、コンピュータ内では、通信に関連するソフトウェアとハードウェアの技術が挙げられる。ネットワーク上で用いる技術では、情報の圧縮技術や暗号化技術、光通信をはじめとする光ファイバー技術、インターネットを用いたネットワーク技術、LANによる有線・無線の通信技術などがある。その他、次世代の通信技術開発や宇宙通信技術などの研究も行う。

「通信工学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「システム・制御工学」
はこんな学問です

ロボット技術を機械・電子などの工学的視点から研究開発する学問である。研究分野は、製造現場で働く工作ロボットや福祉施設で活躍する介護ロボット、家庭で愛されるペット用ロボットなどを研究する「ロボット工学」、機械やロボットの動きを計算する「計測システム工学」、飛行機・鉄道などの大型の乗り物のコントロール技術を研究する「制御システム工学」など、生活や産業に密接につながっている。

「システム・制御工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける