【シゴトを知ろう】国連職員 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】国連職員 編

2018.03.08

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】国連職員 編

国連(国際連合)は、国際平和と安全を維持することなどを目的として1945年に設立されました。日本は1956年に加盟し、2018年2月現在の加盟国数は193カ国となっています。国連にはさまざまな機関があり、その一つである国連開発計画(UNDP)は開発途上国の経済や社会的発展に主眼を置いた支援を行い、それぞれの国が知識や経験、資金にアクセスできるネットワークを整えています。
UNDPキルギス共和国事務所で、平和構築・紛争予防を推進するための専門家として働かれている二瓶(にへい)直樹さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 途上国の開発援助に携わる。国の発展や平和に貢献できることがやりがい
  • 海外で活躍することを夢見て進学。語学や国際関係学について学んだ
  • インターネットを通じて得た知識よりも大事なものがある

調整力や交渉力が問われる仕事。援助プロジェクトのために力を尽くす

Q1. 仕事の概要と一日のスケジュールを教えてください。

中央アジアにあるキルギス共和国の国連事務所にPDA(*)として駐在しています。
キルギスは1991年に旧ソビエト連邦から独立した若い国で、民主化や市場経済化などを通じて国が発展していく段階にあります。2005年と2010年に政府に不満を持つ市民の蜂起が起こった他、2010年6月には南部で大規模な民族衝突が起こるなど、度々紛争による影響を受けています。

私は、国連の開発援助活動を専門に行う国連開発計画(UNDP)という組織で政治情報の収集や紛争に関する情報を分析して、公平な選挙のシステムを作るなど、キルギスの平和を保つために将来紛争が再発しないような社会政策や活動をキルギス政府に提案しています。


*PDA:平和・開発担当顧問。Peace and Development Advisorの略。

<一日のスケジュール>
09:30 出社、メールや現地メディア情報の確認
11:00 同僚とミーティング
13:00 ランチ
14:00 キルギス政府機関との会議
16:00 現地NGO(非政府組織)との会議
17:30 新規プロジェクトの提案書作成
19:30 退社


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

発展度合いの異なるさまざまな国で、その土地の言語や文化、人々に触れながら、その国の政治・経済・文化の発展や平和のために貢献できることは大きなやりがいです。

また、国連はいろいろな国の出身者で構成されています。国籍の異なる同僚と共同で仕事をすると時には困難なこともありますが、相互を理解しながら目的を達成できたときは、楽しく満足感がありますね。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

開発途上国における援助の仕事は、国連が現地の中央政府(省庁)、地方政府、市民社会やNGO、現地住民といった関係者の間に入って調整や交渉をすることが求められます。プロジェクトを行う上で関係者の利害が対立することもあるため、それぞれの立場を理解して物事を進めなければなりません。調整や交渉は常にうまくいくとは限りませんので、プロジェクトが順調に進まないような状況に陥ると行き詰まりを感じることがあります。

JICA勤務時代、ウズベキスタンに赴任。中央アジアに惹かれた

PBF平和構築プロジェクト・プロジェクト合同運営会議のメンバーと共に

PBF平和構築プロジェクト・プロジェクト合同運営会議のメンバーと共に

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

海外で現地の社会に貢献できる仕事に就きたいと思っていたので、大学卒業後は日本の政府開発援助(ODA)を専門に行う組織である国際協力機構(JICA)に入講しました。

途上国の教育支援や海外から日本に技術者を招聘(しょうへい)する仕事などを経験した後、中央アジアのウズベキスタンに約3年半赴任しました。そこで現地の言葉を習得したり現地の人々と交流したり国の事情を勉強していくうちに、中央アジアや旧ソ連地域での仕事に大きな関心を持つようになりました。

JICAで14年間勤務した後、中央アジアでの経験を生かしたいと考え、国連のキルギスの仕事に応募して中途(社会人)採用のような形で現在の仕事にたどり着きました。


Q5. 大学では何を学びましたか?

英語英文学科に進学して英語を含む外国語を4カ国語学びましたが、文学や言語学習の講義だけではなく他の学部の講義も積極的に履修するなどして、国際関係学や地域研究など海外事情に関する知識も広げました。また、勉強するだけではなく実際に留学生と交わるなど、大学の内外でさまざまな国際交流にも取り組みました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

新潟県で高校時代を過ごしながら、将来は海外で活躍したいと考えていました。国際的な組織で活躍する日本人の姿をテレビなどで見て「いつかは自分もこうなりたい」と感じた思いを、大学に進学してからもずっと持っていましたね。

今は国連機関の職員としてキルギスで働いているので、高校生の頃から思い続けていたことが現実になりました。

多種多様な価値観を理解するために必要なものとは?

2014年3月、西アフリカ・サヘル地域のプロジェクト現場を訪れた時の様子

2014年3月、西アフリカ・サヘル地域のプロジェクト現場を訪れた時の様子

Q7. どういう人が国連職員に向いていると思いますか?

世界中の言葉や文化、民族、風習、政治、経済などに興味を持っている人、国籍や文化を超えてさまざまな階層の人々と臆せずコミュニケーションが取れる能力を持っている人が向いています。

さらに、いろいろな立場で物事を考えて分析し、問題解決策を提案できる能力も必要です。外国語の能力ももちろん求められますが、一番大切なのは、発音や文法よりも考えていることをいかにうまく相手に伝えられるかだと思っています。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

私が高校生だった時よりも、外国が身近な存在になっています。インターネットなどを通じて情報を得て知見を広げることも大事ですが、海外での仕事は行動力とコミュニケーション力が欠かせません。国際交流ができる機会を積極的に利用し、旅行や留学などの経験を通じて知見を広げることが将来につながると思います。


高校生の頃から抱いていた思いが実を結び、国連機関という国際的な組織の中で働いている二瓶さんの毎日はとても充実しているように見えました。
将来、国連機関で働きたいと考えている人は、英語などの語学力を身に付けることはもちろんですが、さまざまな国の文化を肌で感じて理解するために、国際交流の機会を探して積極的に参加してみるといいかもしれませんね。高校生のうちから自分とは異なる文化や考え方を持つ人と触れ合う経験を積んでおくと、将来必ず役に立ちそうです。


【profile】UNDPキルギス共和国事務所 兼 キルギス国連常駐調整官事務所 平和・開発担当顧問 二瓶直樹(にへい なおき)

国連開発計画(UNDP) 駐日代表事務所
http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/

この記事のテーマ
語学・国際」を解説

外国語を自在に使い、コミュニケーションを図る表現力を実践的に学びます。国際情勢などの知識、情報を収集する好奇心、語学力向上の努力が常に求められます。資格取得を目指すカリキュラムもあります。将来の仕事としては、日本語と外国語を翻訳・通訳することで双方の意志疎通の手伝いをするなど、海外との橋渡しをする職業が考えられます。

「語学・国際」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国連職員」
はこんな仕事です

国連とは国際連合の略称で、200近い国々が加盟し、国際平和や諸国間の友好関係の発展を目的として活動している組織だ。国連は、例えば世界保健機関(WHO)や国際原子力機関(IAEA)といった多様な機関を擁する。国連職員は、専門分野の知識やスキル、外国語を駆使し、紛争終結、人権擁護、貧困緩和、気候変動、経済問題など、地球上で起こるさまざまな問題解決に対応する。職場は国連事務局だけでなく、世界諸地域でのフィールドワークも多い。語学力、中立性、専門分野の確立、多国籍なチームワークなどが求められる。

「国連職員」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける