AIの進化でなくなる仕事、生まれる仕事。 この人工知能時代で新しい仕事を生み出すために学ぶべきこと。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

AIの進化でなくなる仕事、生まれる仕事。
この人工知能時代で新しい仕事を生み出すために学ぶべきこと。

2018.04.16

提供:大阪工業大学

AIの進化でなくなる仕事、生まれる仕事。
この人工知能時代で新しい仕事を生み出すために学ぶべきこと。

日々進化を遂げる人工知能(AI)やロボット、そしてその普及は私たちの仕事を奪っていくという情報は多くのメディアや研究機関から統計的データとともに語られ続けており、過去の歴史でも産業革命の流れで消えていった仕事も確かにありました。しかし、その一方で新たに生まれた仕事も多く、この第三次AIブームの時代の中でも今までにない仕事が生まれてきています。
さらなるイノベーションを起こし、これからのAI時代を先行し、新しいものを生み出していくカギは「デザイン思考」と「クリエイティブな力」です。

この記事をまとめると

  • 「ディープラーニング(深層学習)」の進化とビッグデータが拓いた第三次AIブーム。
  • AIの進化は私たちの仕事を奪うのではなく、新たな仕事を生み出すきっかけとなった。
  • クリエイティブな力を磨き、「デザイン思考」をキーワードに更なるイノベーションを。

AI棋士にAI作家。加速しつづけるAIブームの背景とは。

囲碁や将棋でプロ棋士に勝つ、文学賞で一次選考を通過するなど立て続けにメディアを賑わせている人工知能(AI)。
ディープラーニング(深層学習)という技術が発明され、AIの進化は加速度を増し、2010年頃から第三次AIブームとまで言われるほど私たちの日常にもその進化の証は見て取れるようになって来ました。

大阪工業大学のロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科、松井謙二教授も、

『現在はAIブームと言えますが、それにはいくつか理由があります。
一つは、2006年に「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術が発明され、従来に比べて認識能力が飛躍的に高まったからです。極めて多様で大量のデータを事前に学習させることで、AIが人間を離れて勝手に学習し、独自のルールや知識を身に付ける「知識の自動獲得」が期待されるようになってきました。
二つ目は、演算性能が格段に向上したことです。今までは少ないデータによる学習しか出来なかったのが、現在は数百万というデータを用いて学習が可能となりました。
三つ目として、ビッグデータの利用により、人間よりも高い性能(囲碁、将棋、医療診断など)を得られるようになってきたからです。例えば、ガン細胞の識別について専門家よりもAIが高い診断結果を出したということが報告されています。
今は、どの業界も次代のビジネスを支える手法として、AIやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)技術を積極的に吸収しています。』

と、近年のAIブームとその背景を語っています。

AIは仕事を奪わない?人工知能時代の新しい職業とは?

AIの進化、普及の情報の裏には、人間の仕事がAIによって奪われる、AI失業の危機などの情報もまことしやかにささやかれていますが、AIの進化、普及によって仕事は本当に奪われてしまうのでしょうか。

今や、小学生男子の将来の夢トップ3に入るという、「YouTuber」は、10年前は想像もできなかった職業であり、時代の進化によって生まれた職業といえます。
インターネット回線が普及、回線速度が高速化し、小学生、中学生までもが持つほどに普及率を高めたスマートフォン、さらにそこからマスメディア離れが加速化するなど、時代の進化とテクノロジーの進化によって新しく生まれた仕事なのです。
日本で始めてスマートフォンが販売されたのが2008年といわれています。2014年には通信速度が劇的に高速化し、すでに世の中の人のほとんどがスマートフォンを利用しているといっても大げさではないでしょう。その他、ドローン操縦士という仕事も存在し、わずか、5年から10年の間にテクノロジーも大きく進化し、全くもって新しい職業が生まれてきているのです。

技術革新が進み、時代と共になくなっていった仕事もありますが、電子機器やロボットにできる仕事はそちらに任せることができるようになり、人間はより創造的な仕事に注力することができるようになったことで、今までにはなかった新しいものを生み出すことができました。
AIによって仕事を奪われる心配をするより、新しい何かを生み出すことに楽しみを見出していきたいですね。

人工知能時代を先行するために。さらなるイノベーションを起こすためのチカラ。

松井教授のマルチモーダルUI*1デザイン研究室でも、これからさらに利便性やUIを追求していくため「デザイン思考*2」や「多様性」をキーワードに、これからのものづくりに必要なシステムを創造できる人材育成をめざしています。専門技術を学ぶだけではなく、斬新なアイディアや逆転の発想をひらめく力、人の意識に働きかけ目的へと導くことができるようなマネジメント力やコミュニケーション能力、さらに課題解析、解決能力といったクリエイティブな能力を磨き、加速する人工知能時代を先行する学びを展開しています。

最後に松井教授からメッセージをいただきました。

『私たち一人ひとりに、創造力やクリエイティブな力は必ず秘められていると信じています。学生たちが何か新しいことをやりたいと言ってきた時も「面白そうだ。やってみなさい」と、自由に取り組ませています。それは、挑戦すること、失敗することから多くの事を学べるからです。自ら考え、高い目標に挑戦させることが、これからの教育に必要だと考えています。これを読んでいるみなさんも、創造力をめいっぱい発揮して自分で考え行動し、「工学技術」と「デザイン思考」でイノベーションを起こす人材になってほしい。産業革命とも言われる今の時代に求められる能力を身に付け、元気に生きていってほしいと思います。』

現在高校生のみなさんが大学を卒業するときには、今では想像もつかないようなことが仕事になっているでしょう。そしてその仕事を生み出す可能性をみなさん一人ひとりがもっているのです。

*1・・・UI:User Interface
*2・・・デザイン思考:従来の手法では解決できなかった不明確な問題を解決するため、デザイナーの手法を参考に、①観察②アイデア創出③プロトタイピングと検証を繰り返します。従来の技術重視、市場重視の立場とは異なり、人間重視の立場を採用しています。

【広告企画】提供 : 大阪工業大学

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「機械工学」
はこんな学問です

生活と産業に使われる機械類の仕組みを研究し、新しい機械を創造するための学問。目的に適した原理を力学的に研究する「設計工学」のほか、機械の安全・安定性を研究する「計測・制御工学」、空気や水の中で働く力について研究する「流体力学」、材料加工をテーマに研究する「加工工学」「材料工学」など研究分野はさまざま。このほかにも「精密工学」「熱力学」など、一言に機械工学といっても、その研究範囲は多岐にわたっている。

「機械工学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「電子工学」
はこんな学問です

情報の伝達処理における電気や電子の流れについて学び、研究する学問。電気の性質を解明して、スピーディーな情報伝達手段に活用することが目的である。基礎として、計測制御技術、電子回路、デジタル回路の知識と技術を学び、半導体による電子回路技術や電子デバイスシステムなどの応用研究を行う。ハイテク産業への応用研究には、情報通信技術、光デバイス、ロボット開発などがあり、現代社会に欠かせない技術開発を担っている学問といえる。

「電子工学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「画像・音響工学」
はこんな学問です

衛星画像やDVD映像、デジタルカメラの画像などを研究対象とする画像工学と、音が伝わる仕組みを研究対象とする音響工学は、いずれも人間の視覚、聴覚など五感との関わりのなかで、よりよい放送・通信・音響機器の開発に有効活用するための学問。画像工学は、データの構造を研究し、主に圧縮技術、画像処理技術、画像生成技術を学ぶ。音響工学は、音の伝搬や放射の仕組み、超音波、電気音響変換などを研究し、音響機器への活用・開発技術を学ぶ。

「画像・音響工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける