「海外インターンシップ」で武者修行!学生時代に、海外で働く経験が必要なワケ。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「海外インターンシップ」で武者修行!学生時代に、海外で働く経験が必要なワケ。

2018.04.16

提供:ECC国際外語専門学校

「海外インターンシップ」で武者修行!学生時代に、海外で働く経験が必要なワケ。

将来は海外のホテルで働きたい!キャビンアテンダントになって世界を飛びまわりたい!そんな夢を叶える近道は、一足先に現地で働いてしまうこと!「えっ?そんなことができるの?」と思ったあなた。実際に海外で仕事を体験できる、ECC国際外語専門学校の「海外インターンシップコース」をご紹介します!

この記事をまとめると

  • 英語と仕事スキルを格段に上げるプログラム「海外インターンシップ」について
  • 現地の生活って?ホームステイの体験談
  • 実績あるECC国際外語の海外インターンシップカリキュラムとは?

「海外インターンシップ」とは?

海外で、在学中に職業体験(インターンシップ)ができるプログラム。実際に英語を使って、現地の企業で働き、ホームステイをしながら、使える英語力とめざす仕事の専門スキルを身につけます。

英語しか話せない環境にいると、英語力はぐんと伸びます。日本語の通じない海外で生活するとなると、誰かに何かを伝えたいとき、必ず英語を使わなければなりません。生活するうえで、強制的に英語で話さざるを得なくなるため、自然と英会話が習慣づき、英語力アップにつながります。

ECC国際外語では、まず1年次にめざす職業の専門スキル・英語力の基礎を身につけ、2年次に海外でのビジネススクール研修を経て、海外インターンシップに参加します。そのためしっかりと基盤を整えた状態で、海外のホンモノの英語や現地での仕事の知識を吸収することができます。日本では体験できない海外での日常や空気感を肌で感じることができるのも、「海外インターンシップ」の魅力。世界のさまざまな人やお客さまとの出会いを通じて、さまざまなサービスや対応を身につけることができます。

現地での生活ってどんなの?体験した学生さんに聞いてみよう

横山さんのホストファミリーは、長年ニュージーランドで、日本の学生を受け入れているご家庭。
「本当の祖父母のようにフレンドリーなホストファミリーのお父さんとお母さん。言葉が理解できないときはゆっくり話してくださり、英語漬けの現地生活を満喫することができました。」
という横山さん。

「休みの日には、リビングでホストファミリーとゆっくり会話を楽しんだり、オークランドの文化や歴史についてもいろいろレクチャーしてもらったり。また、ホストマザー(=お母さん)はとても料理上手で、現地の家庭料理を教えてくれることもありました。」
毎日を一緒に過ごし、文化や習慣を教えてくれるホストファミリーは、渡航直後の不安を取り除いてくれる大きな存在です。現地の生活や文化を肌で感じ、英語力アップだけでなく、コミュニケーションの大切さも実感できるのが、ホームステイならではの経験です。

キャビンアテンダント・ホテリエをめざすカリキュラム

いきなり海外に行っても、基礎ができていなければ戸惑うだけで終わってしまいます。十分に力をつけるには、何よりもまず基礎が大切。ECC国際外語の「海外インターンシップコース」では、まずは仕事の専門スキルや基礎英語力を身につけるため、入学から1年間かけて学習します。日本でしっかり基礎力をつけたら、2年次に海外インターンシッププログラムへ参加。そこで本場の「ビジネス英語」と「ビジネススキル」を身につけて、いよいよ勤務開始です。

2年次に通う現地のビジネススクール「GASTOWN BUSINESS COLLEGE」では、少人数制で、インターンシップにエントリーするための履歴書・面接対策から、自己PRのためのディベートやディスカッションの訓練、電話対応や英語でのメモの取り方まで学びます。ここでのトレーニングを経て、空港ラウンジでの接客やフロント業務などといった2ヶ月の職業体験をします。修了すると、企業から「Reference letter(推薦状)」がもらえます。就職活動で一歩リードできるかも!

また、「ホテリエ」を目指すホテル専攻では、語学の研修に加え、ホテルの専門授業も受講。英語レベルによって、研修期間を変更することもできます。(国によっては、渡航後すぐにインターンシップが始まります。)ホテルのチェックイン・チェックアウトや、予約状況の確認など、ホテルに関わる業務を体験することができます。

インターンシップ中は、「学生」ではなく「社会人」として働きます。実践的な英語力はもちろんのこと、「社会人」としての責任感も芽生え、ひと足先に「働く」ことを知るきっかけになるでしょう。

ECC国際外語なら、サポートと実績がすごい!

ECC国際外語は、日本英語検定協会より、団体賞を13年で12度(2006~12、14~18年)受賞。中でも最高の団体賞といわれる「文部科学大臣賞」を、2007年、2009年、2012年、2014年、2015年、2017年、2018年に受賞するほど、英語教育には定評あり。

また、校内の日本語禁止スペース「EIP(ECC International Plaza)」では、昼休みや放課後にネイティブ講師と会話をたのしみながら、授業で学んだ英語をアウトプット。またバイリンガル講師陣に英語の悩みを相談できる「ELC(English Learning Center)」とのW使いで、英語が格段にレベルアップします。

渡航前にこういった機会をフル活用し、英語力を高めて準備しておけば、留学生活や海外でのインターンシップ経験もより充実したものになること間違いなし!

海外インターンシップに興味が出てきたあなた。ECC国際外語で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : ECC国際外語専門学校

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける