訪れるのは世界各国の方。習慣も常識も違うお客様に最高のホスピタリティを

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

訪れるのは世界各国の方。習慣も常識も違うお客様に最高のホスピタリティを

2018.04.16

提供:桜美林大学

訪れるのは世界各国の方。習慣も常識も違うお客様に最高のホスピタリティを

2020年開催の東京五輪に向け、ますます過熱する観光ビジネス。ホテルスタッフに求められるのは「最高のおもてなし」。おもてなしってどのようにすれば良いのでしょう。お客様のニーズに応えるため、ホテルスタッフに求められる知識やスキルについて紹介します。

この記事をまとめると

  • お客様が求めているのは地元に何があるのかということ
  • 国際社会だからこそ重要な語学力も、桜美林なら習得できる
  • ビジネススキルは、海外研修で実践的に学ぶ

おもてなしの心は、お客様の要望に応えられるようになってから

ホテル業界で働くといえば、何よりも大切なのは「おもてなしの心」と思いがちです。

もちろん大切なことなのですが、「OMOTENASHI」という言葉だけが先行しすぎて、おもてなしが何か、深く考えたことはあるでしょうか?

観光目的でホテルに宿泊されるお客様を想像してみましょう。その人がホテルスタッフに求めることは何だと思いますか?
親切な対応だけではないですよね。

観光目的なので、ガイドブックは持っているかもしれません。
せっかくなら、その土地ならではの情報も知りたいと思うのではないでしょうか。

地元で一番おいしい食べ物や、ここだけは行っておいたほうがいいという名所、それにおすすめのお土産など。

これらの質問をすぐに答えられないホテルスタッフに対して、お客様は満足してくれるでしょうか?

海外から日本へが主流となる現在。語学力を磨こう

一昔前までは「日本から海外へ」の時代でした。ですが今は、「海外から日本へ」をめざし、訪日外国人は年々増加の傾向にあります。

JNTO(日本政府観光局)が平成30年2月21日に発表した訪日外国人は、平成30年1月だけで2,501,500名です。昨年の同時期は2,295,668名でしたので、20万人ほど増加といえます。

この数字は、2020年の東京五輪に向けて、まだまだ伸びると言われています。

訪れる外国人の多くが日本語を話せるわけではありません。国際的にも英語がコミュニケーションの中心になります。

そんな中でホテルスタッフに求められるスキルは、語学力。言葉がわからなければ、丁寧な対応も難しくなってしまいます。

また各国によって、タブーなことや嬉しいことは異なります。宗教上、食べられないものがあるということは一般的になっていますが、文化の違いで、日本人にとっては当たり前のことが、当たり前ではなかったりする場合もあります。語学力に加えて、相手の文化・習慣を理解した上での対応が必要となってきます。

日本での滞在が快適なものになるよう、ホテルスタッフの役割は重要です。

その人にあったサービスを提供できるホテルスタッフに

観光はすでにグローバル化しています。国内にいれば、日本のことだけを理解していれば問題ないという時代は過ぎてしまいました。今は、国際感覚や確かな知識に基づいた発想力、意志決定力が重要です。

それらを基礎から学べるカリキュラムが、桜美林大学ビジネスマネジメント学群には用意されています。

例えば、グローバルアウトリーチ(GO)プログラム。英語語学研修とビジネス研修が合わさった総合的な留学プログラムです。約4か月の留学で、実際に海外の企業を訪問したりビジネス・ラボ(夢の会社の創造)を通じてアメリカのビジネスの醍醐味を体験したりすることができます。

また、海外ビジネス研修にも参加可能です。アジア、北米、オーストラリア、イギリスなど、大学の夏休みや春休みに訪れ、各国のビジネスを実際に体感しながら学ぶことができます。
卒業生も、この海外ビジネス研修によってホテル業界への熱意を高めました。

研修先のウェスティンリゾート・グァムで運よく宿泊支配人と一対一で話すことができ、配膳担当から宿泊支配人まで登り詰める彼のサクセスストーリーを聞くにつれて、心に火が付きました。この出来事が人生のターニングポイントと言っても過言ではないと熱く語っている学生もいます。

多くの卒業生が観光業界、大手ホテル、ブライダルなどに就職を決めています。

【広告企画】提供 : 桜美林大学

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ホテルスタッフ」
はこんな仕事です

宿泊客が心地よくホテルを利用できるようもてなすことが仕事。ホテルスタッフと一口にいっても、その職種は実にさまざま。ホテルの従業員の先頭に立って指示を出すホテル支配人をはじめ、ホテルに着いた宿泊客を迎えるドアスタッフ、チェックイン・アウトの管理や会計を行うフロントスタッフ、荷物の預かり役を担うクロークなど多岐にわたる。24時間体制でスタッフが交代しながら営業するのが基本。規模によっては職種を兼務することもある。

「ホテルスタッフ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける