【シゴトを知ろう】バイヤー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】バイヤー 編

2018.03.12

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】バイヤー 編

皆さんの中にも、休日はショッピングに行くという人は多いのではないでしょうか。例えば同じ鞄でも、お店やブランドによってデザインやスタイルが異なり、目移りしてしまうこともありますよね。

それぞれのコンセプトに合った商品を企画・発注し仕入れを行う人のことをバイヤーといいます。今回は、Daily russetのクリエイティブディレクターを務める枡田正勝さんに仕事内容について伺いました。

この記事をまとめると

  • 国内だけでなく海外も含め、さまざまな場に赴いて商品を探している
  • 高校、大学と美術を専攻し、クリエーティブの基礎を学んだ
  • この仕事はものが好きで、好奇心旺盛な人に向いている

実際に見たり触ったりしながら情報を得て、商品を選んでいく

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私はDaily russetというブランドのクリエイティブディレクターとして、商品企画や仕入れなどのバイヤー業務を担当しています。また、売上、発注管理や人事などのブランド長業務も兼務しています。

何か商品を出すときには、販売開始の半年前を目安に年間スケジュールや発注計画を立てることから始めます。並行して仕入れたいものを自分で探して、展示会やメーカーさんに足を運んで商談を進めていきます。この仕事では自分でいろいろな場所に赴き、実際に見たり触ったりしながら情報を得ることが多いですね。トレンドも、主に市場や展示会を見る中で知ります。また、海外に出向く機会も多く、中国をはじめ、韓国、インドネシアなどに2か月に1回くらいの頻度で出張しています。「次来るまでにこういうものは作れるか」「こういう形がトレンドのようだけど、もう少し安く作れるか」などと交渉する場合もあります。

ファッションショーで披露される最新のコレクションを参考にすることもありますが、私が担当しているDaily russetで扱うのは鞄や財布などの日常でよく使う実用品が多く、奇抜すぎるデザインや、変わった形状のものを取り入れることはあまりありません。その代わり、素材やカラーなどの自由に試せる部分にトレンドを落とし込み、形状は使いやすさを重視するなどの工夫をしています。
 
<一日のスケジュール>
8:45 出社、売り上げチェック
12:00 昼食
13:00 商談
16:00 社内ミーティング
18:00 退勤


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

自分のブランドの商品を誰かが持っているところを見かけた瞬間が、この仕事の喜びですね。また、仕掛けていた商品が予測した通りに売れたときにも、楽しさを感じます。一方で、実売につながらなくても店舗で働くスタッフからの評判が良いとうれしいです。
 

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
これまで受け持ってきた仕事、それぞれに大変なことや苦労がありましたが、振り返ると全てが自分にとって良い経験だったといえます。私が働いている株式会社パルは、手を挙げるとチャンスがもらえる会社です。やりたいことや、手掛けたい商品があればチャレンジできる環境があります。その分責任は大きいし結果も出さなければならないので、それをプレッシャーに思う人には少し大変かもしれません。でも、自分のやりたいこと、やりがいのあることに没頭していれば、大変さや苦労もネガティブなものには感じないと思います。

学生時代に手掛けた作品がきっかけで入社が決まり、アパレルの道へ

Q4. どのようなきっかけ・経緯でバイヤーの仕事に就きましたか?
 
実は、もともと「絶対にアパレル業界で働きたい!」と思っていたわけではなく、学生時代に製作していたテキスタイルデザインを生かせる場所を探していたんです。そこで面接に行ったのが今働いているパルでした。自分が大学時代に手掛けた作品を持ち込んで熱心に企画を提案したところ、面接官の方々が興味を持ってくれて入社が決まりました。それから販売員やVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング:コンセプトに基づき、品揃えや店舗デザイン、プロモーション、陳列を行う仕事)を経て、2011年に雑貨ブランド、Daily russetを立ち上げて今に至ります。


Q5. 大学では何を学びましたか?

芸術大学だったので、一般教養ではなく専門的な分野の授業がほとんどでした。私の場合は高校から芸術を専攻していたので、大学に入る前に建築、陶芸、絵画、版画、彫刻、グラフィックデザインといったクリエーティブの基礎を一通り学びました。大学では美術に特化し、絵画や版画を学びながらテキスタイルデザインの作品を製作していました。

今の仕事につながっているのは「ものを作る」ということですね。学生時代の経験でものを見る目が養われ、色や造形美の判断ができるようになったと思います。

 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
先ほどもお話しした通り、高校のころから芸術を専攻して、クリエーティブな仕事をしたいと思っていました。その点では今の仕事に直結していますが、「クリエーティブなことがとにかく好きだったから」というより、「得意だったから継続して伸ばそうと思った」という方が正しいかもしれません。小さい頃からものづくりは好きでしたが、家でやることがなくて、チラシの裏によく落書きをしていたのが好きになったきっかけなんです(笑)。最初はただの暇つぶしでしたが、他の人に見せたりするうちに「意外とこれ、何かに使えるのかも?」と思ったんですよね。

まずはやりたいことをとりあえずやってみることが大事

Q7. どういう人がバイヤーの仕事に向いていると思いますか?
 
とにかくものが好きな人、好奇心が旺盛な人です。あとはポジティブな思考で物事を見ることができる人だと思います。また、多くの案件が並行して進んでいくので、常に動き続けて、新しいことに関心を持てる人も向いていますね。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
しっかり遊んで、いろんなものを見て、たくさんの経験をしてほしいです。学生にしかできないことも多いので、まずはやりたいことをとりあえずやってみるのが大事。無理をしても続かないし、自由にそのときにしかできないことを楽しむべきだと思います。好きなことは仕事にもつながりますよ。頑張ってください。
 

高校、大学と続けて学んだことを生かし、アパレル業界で活躍する枡田さん。皆さんが今取り組んでいる勉強や趣味も、将来の職業につながるかもしれません。今は特別興味のある分野がない人も、少しでも気になることがあればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。その中から自分の好きなことが見つかれば、進路を決める際のヒントになるはずですよ。


【profile】株式会社パル Daily russet クリエイティブディレクター 枡田正勝
Daily russetブランドサイト:https://www.palcloset.jp/dailyrusset/

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「バイヤー」
はこんな仕事です

商品の仕入れ、買い付けを専門とする仕事。ショップや売場のコンセプトに沿って、消費者のニーズに対応した商品を探し出す。職場によっては、海外まで視野を広げて買い付ける。次にヒットするであろうアイテムを発掘するだけでなく、交渉もバイヤーの大切な役目となる。商品のディテールの変更や価格、納品数量や納期に至るまで、契約の詳細をバイヤーが製造元と交渉する。仕入れた商品のクオリティーと人気ぶりは売上数や売上額に直結するため、アパレル業界において非常に重要な職種といえる。

「バイヤー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける