ケガはもちろん、スポーツ選手、妊婦、義肢の方……。幅広い健康サポートを行う「理学療法士」の専門領域!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ケガはもちろん、スポーツ選手、妊婦、義肢の方……。幅広い健康サポートを行う「理学療法士」の専門領域!

2018.04.16

提供:畿央大学

ケガはもちろん、スポーツ選手、妊婦、義肢の方……。幅広い健康サポートを行う「理学療法士」の専門領域!

理学療法士にどのようなイメージを持っていますか? 病院でリハビリテーションのサポートをする仕事という認識が一般的ですが、研究領域・活躍領域は、多岐に渡っています。例えば、ニューロリハビリテーションは、脳神経にアプローチして機能回復を促す先進的な療法です。ほかにも様々な専門領域があり、理学療法士には非常に高い期待が寄せられています。進学先を探すときには、研究力や研究領域の広さ、毎年の国家試験合格実績が高いことを意識して、理学療法士を目指してはいかがでしょうか。

この記事をまとめると

  • 理学療法士はリハビリの専門家。研究領域は広く、高い期待が寄せられています
  • 例えば、ニューロリハは脳神経にアプローチして機能回復を促す先進的な療法
  • 理学療法士になるには、研究実績と合格実績を意識して養成校を選びましょう

理学療法とは? 想像以上に広がるリハビリテーションの可能性

理学療法士は、病気やケガで「立つ、座る、歩く」などの日常生活動作が不自由になった方に、運動やマッサージ、電気刺激、温熱などの治療を行い回復を図る「リハビリの専門家」。主に病院に勤務して患者さんのサポートを行いますが、その研究領域・活躍領域は、非常に幅広いことをご存知でしょうか?

<理学療法の研究領域>
・基礎理学療法……神経筋・骨の基礎研究/運動療法と免疫機能
・物理療法……物理療法機器開発/治療効果検証
・運動器リハ……整形外科疾患のリハ
・スポーツリハ……スポーツ選手のコンディショニング・障害予防・障害後治療
・義肢・装具療法……義肢装具開発/治療効果検証
・ウィメンズヘルス……女性の健康増進/女性特有障害のリハ
・地域リハ……介護予防/在宅リハ
・ヘルスプロモーション……疾病予防/健康増進
・呼吸リハ……慢性閉塞性肺疾患のリハ/手術後の呼吸リハ
・神経難病のリハ……パーキンソン病のリハ
・ニューロリハ……脳血管疾患のリハ
※リハは、リハビリテーションの略

いかがでしょう? 機器の開発や効果検証など、活躍領域は多彩で、理学療法士には高い期待が寄せられています。

ニューロリハは、最新の脳科学を応用した先進的なリハビリ。

理学療法の研究領域のひとつに、ニューロリハビリテーションがあります。
人間の動作は全て脳からの発令により行われます。しかし、脳卒中などで運動に関連する脳の領域に損傷を負った方は脳からの指令が行えず、それが障害として現れます。こうした脳の損傷した部分をリハビリによって、新しく神経ネットワークを構築し、障害からの機能回復を促すのが『ニューロリハビリテーション』です。
この手法は運動器の障害に起因する慢性疼痛(まんせいとうつう)にも応用されます。例えば痛みのために肘の関節を動かせなくなると、人間は動作を単純化し、肘を動かさない動作を脳が学習してしまいます。その動きを続けると肘を動かす脳の神経が機能しなくなり、手術や投薬で痛みの原因を取り除いた後も脳の機能は回復しません。これに対しニューロリハビリテーションでは、正しい肘の動かし方を改めて脳に認識させることで再び肘を動かすことを促します。
こうしたニューロサイエンスに基づいたアプローチのリハビリを日本でも普及させるべく、畿央大学では2013年にニューロリハビリテーション研究センターを開設。効果的な手法の開発や、その成果による臨床の研究、教育実践研究などを進め、ニューロリハビリテーションの発展に寄与しています。

理学療法士になるには? どんな学校に行けばよい?

理学療法の研究領域・活躍領域の広さがおわかりいただけたでしょうか。では、理学療法士になるには、何が必要なのでしょう?
理学療法士は、国家資格が必要な仕事。そのためには、養成校で必要な知識と技術を身につけ、国家試験に合格する必要があります。

畿央大学の理学療法学科は、学会での発表数や論文、書籍数など、理学療法の研究で、日本をリードする教員がそろい、この記事で紹介したすべての研究領域を学ぶことができます。研究力と研究領域の広さは全国トップレベルだと自負しています。
また、国家試験実績は全国トップクラスの合格率を実現。2016年、2017年と2年連続で100%達成したのは、関西の私立大学では畿央大学のみ※でした。(2016年新卒受験者 62名全員合格、2017年新卒受験者 67名全員合格。※厚生労働省 第51回および第52回 理学療法士国家試験 学校別合格状況より)

2017年3月卒業生の就職率は100%(就職者数67名/(卒業者-大学院等進学者数)67名)と全員就職を達成。そのうちの約97%が病院に就職しています。

研究力や研究領域の広さ、国家試験・就職実績に優れた畿央大学で、理学療法士を目指しませんか?

【広告企画】提供 : 畿央大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「リハビリテーション・作業療法・理学療法」
はこんな学問です

リハビリテーションには、障がいを持った人の運動能力回復のための理学療法と、心身にわたる諸機能を回復するための作業療法がある。理学療法では、立つ・歩くなどの運動療法とマッサージや電気による物理療法を用いるための知識、技術を学び、「理学療法士」をめざす。一方、作業療法は、精神疾患なども含めて用いられるもので、たとえば、園芸や工芸を通じ、患者が生活の自立性を回復するための知識、技術を学び、「作業療法士」をめざす。

「リハビリテーション・作業療法・理学療法」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療技術学」
はこんな学問です

検査やリハビリテーションについて専門的な知識と技術を学ぶ学問。具体的には検査分野では、心電図、組織、血液、尿などの検査技術を身に付けた「臨床検査技師」「細胞検査技師」や、レントゲン検査、CTスキャン、放射線治療に携わる「診療放射線技師」をめざす学びが含まれる。リハビリ分野では、身体機能の回復を支援する「理学療法士」、心身の回復を支援する「作業療法士」のほか「言語聴覚士」など。学校によって看護学を含む場合もある。

「医療技術学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける