メディカルスタッフが連携する『チーム医療』で 医療の可能性を広げる!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

メディカルスタッフが連携する『チーム医療』で
医療の可能性を広げる!

2018.04.16

提供:岐阜医療科学大学

メディカルスタッフが連携する『チーム医療』で
医療の可能性を広げる!

チーム医療とは、医療の現場で1人の患者さまに対し、様々な医療の専門家が連携して治療やケアを行うことです。医療の現場は医師と看護師だけではなく、臨床検査技師、薬剤師、診療放射線技師、助産師、臨床心理士など多くの専門家がいます。チーム医療では円滑なコミュニケーションをとりながら、専門家がそれぞれの医療技術と知識を発揮します。岐阜医療科学大学は2020年4月より薬学部(設置構想中)を加え、さらなるチーム医療の強化を目指しつつ、地域医療に貢献できる人材を育成しています。ここでは、チーム医療の学び方をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 医療の現場で必要なチーム医療とは、医療従事者が連携すること。
  • 岐阜医療科学大学はチーム医療をいち早く取り入れ、演習が充実している。
  • 現在の医療現場で最も重要なチーム医療を学びやすいのは、医療を専門とする大学である。

チーム医療ってなに?

チーム医療とは、医療の現場で1人の患者さまに対し、様々な医療の専門家が連携して治療やケアを行うことです。こういったメディカルスタッフが連携・補完しあい、それぞれの専門スキルを発揮することにより、患者さまの生活の質を向上させ、患者さまの思いを尊重した療法を実現させていくことが出来るようになるのです。

医療の現場は、多種多様のメディカルスタッフが在籍しています。お医者さんと看護師さんだけではありません。臨床検査技師、薬剤師、診療放射線技師、助産師、臨床心理士など、片手では数えきれないくらいの専門家がいるのです。そのスタッフ間にお互いの職務に関する理解があれば、医療に関する視野が広がり、より良い患者さまのサポートが出来るのです。

特に、がん治療においてチーム医療は効果を発揮しています。1人のがん患者さまに対して、病理医・臨床検査技師による「細胞検査」や「組織検査」、放射線医や診療放射線技師による「放射線治療」、精神科医や看護師による「メンタルケア」など、チーム医療は活躍の場所を広げているのです。

チーム医療をどうやって学んでいるの?

岐阜医療科学大学は教育目標の1つとして「学際性」を掲げています。「学際」とは様々な異なる学問分野がまたがって関わることをいいます。異なる学問分野を学ぶことにより、チーム医療でより活躍の出来る学生の育成に努めています。

また、岐阜医療科学大学はいち早くチーム医療の取り組みを始め、臨床検査学科・放射線技術学科・看護学科の共通科目として導入しています。1年次の「チーム医療論」ではチーム医療の歴史や役割、先進国の事例などを学び、4年次の「チーム医療演習」では各学科3名ずつ9名のグループで課題となる症例を検討します。今まで学んだ知識を発揮し、異なる見解を知ることで医療知識をさらに深めることができます。こうした演習を通して、チーム医療に重要なコミュニケーション能力や協働力を身につけていくことが出来るのです。
さらに、岐阜医療科学大学は2020年4月より、薬学部(設置構想中)を加え、さらなるチーム医療の強化を目指していくとともに、地域医療に貢献する医療系総合大学として発展していけるよう、日々の指導にあたっています。

チーム医療を学びやすい大学は?

現在、医療系の学部や学科は全国的に増えています。その中でチーム医療を学ぶことが出来る大学、また学びやすい大学はどういった大学なのでしょうか。
 ズバリ!「医療系大学」がチーム医療に関して、一番よく学ぶことができます。医療系専門で指導を行っている大学は、医療系学科を複数持っており、医療に関する知識が幅広いのです。また、学科間での医療知識が共有出来る為、学生間でも医療に関する交流があり、チーム医療を学ぶうえで、一番良い環境にあるといえるでしょう。
もちろん、岐阜医療科学大学でもチーム医療は一番の課題として挙げ、学校全体として力を入れています。

また本学では毎年、海外のチーム医療を勉強する為に希望者を対象として海外へ短期留学を行っています。海外でのチーム医療の在り方や海外の医療現場を体験し、さらに知識と技術の幅をひろげてもらうことが出来ます。

現在の医療の現場で、最も重要視されているチーム医療の在り方に関して、医療系大学で様々な学科と共に学ぶことは、とても大きな財産となるのではないでしょうか。

【広告企画】提供 : 岐阜医療科学大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「看護学」
はこんな学問です

看護学は、看護師を養成するための学問である。具体的には、専門科目は「基礎看護学」「臨床看護学」「地域看護学」の3つの科目から構成されている。「基礎看護学」はすべての学習の基本となる看護理論と看護技術を学ぶ。「臨床看護学」では実際に患者と接する臨床という場を視野に入れた看護理論を扱う。「地域看護学」はさまざまな生活スタイルや病状の患者が混在する地域社会の中で患者の生活の質を上げていく看護理論を学ぶ。

「看護学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療技術学」
はこんな学問です

検査やリハビリテーションについて専門的な知識と技術を学ぶ学問。具体的には検査分野では、心電図、組織、血液、尿などの検査技術を身に付けた「臨床検査技師」「細胞検査技師」や、レントゲン検査、CTスキャン、放射線治療に携わる「診療放射線技師」をめざす学びが含まれる。リハビリ分野では、身体機能の回復を支援する「理学療法士」、心身の回復を支援する「作業療法士」のほか「言語聴覚士」など。学校によって看護学を含む場合もある。

「医療技術学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「薬学」
はこんな学問です

医薬品の効果・効能、製造方法、管理、供給などについて学び、研究する学問。医薬品の正しい服用方法などを指導する薬剤師、製薬会社などで創薬に携わる研究開発者、医師に対して医薬品の説明を行う医薬品情報担当者(MR)のほか、化粧品開発に関わる仕事に就くなど進む道は広い。薬剤師をめざす場合は6年制課程を修了し、薬剤師国家資格の取得が必要となる。創薬研究をめざす場合は、4年制課程を経て、企業や研究機関に進む。

「薬学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける