【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

2018.03.05

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

「【シゴトを知ろう】営業 編」で、仕事内容や学生時代に留学した経験から得たものについて、永野杏美さんにお話いただきました。今回は、営業経験ゼロからキャリアを積んできたことや、休日に楽しんでいる趣味のダンスについてのお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 営業経験ゼロでも、留学で培った力でキャリアアップ
  • 仕事を離れたら、趣味のダンスに没頭
  • 会社の商品が大好き! この気持ちが仕事のやりがいにつながる

営業経験ゼロ! 留学経験で培った「興味・関心を持つ」ことが、キャリアアップの力に!

―― 永野さんは、高校、大学と2度の留学経験がありますが、日本の大学を卒業後、1年間アメリカでインターンとして仕事をされていたのですね。

卒業してすぐ、アメリカ・ロサンゼルスにある会社でマーケティング職のインターンとして働いていました。その後、帰国して現在の会社に営業として採用になりました。営業経験はなかったのですが……。


―― 営業経験がなくこの世界に飛び込むにあたって、営業に必要な「聞く力」をご自身で養ったと思います。どのような方法で身に付けたのですか?

何事にも興味・関心を持って、どんどん相手に聞くようにしてきました。これは留学で身に付けた力だと思います。

アメリカ人には、たくさん質問してくる人が多いんです。「今日どう?」とか「仕事どんな感じ?」とか。あまり日本では、こういうやり取りはしないですよね。その経験から、積極的にコミュニケーションをとる習慣が身についたんだと思います。
日本に帰国してからも相手に興味を持ち、ささいなことでも何かきっかけを見つけて、いろいろ話しかけるようにしています。


―― 今までのキャリアで、印象的だった出来事はありますか?

入社して2年になりますが、日本の英語教育を変えたいと思い、特に学校へのオンライン英会話導入に向けて積極的に取り組んできました。

2年前は、学校へ提案に行くと「オンラインで英会話なんて大丈夫?」と否定的に捉える人が多かったのですが、最近は学校を取り巻くIT環境の変化もあってか、興味を持ってくださる人が増えてきました。最近ある中高一貫校で、弊社のオンライン英会話を導入いただけることになりました。おそらく500人ほどの生徒が使ってくれると思いますが、2年前であればこうしたチャンスはなかったと思います。

学校で導入するきっかけは、口コミが意外に多いです。これからますますIT環境が整っていくことで、サービスが広く導入されていけば、弊社のサービスに対して問い合わせも増えてくるのでは……と期待しています。もちろんそのためには、うまく弊社のサービスを使ってもらえるようにフォローをしていくことが大切だと考えています。

オン・オフはハッキリと! 休日はダンスに夢中!

―― 仕事をする上で、日頃から心掛けていることはありますか?

ニュースは必ずチェックするようにしています。例えばある企業では英語が公用語になった、英語研修に力を入れる方針になったなど、グローバル化の施策が始まった企業のピックアップは欠かせません。

中学、高校を取り巻く教育環境や大学入試関連の情報を得るために、文部科学省のホームページもチェックしています。例えば小学校で英語が必修教科になるという話など、オンライン英会話の導入を検討してもらう良いきっかけになりそうな情報も積極的に集めています。

―― 仕事に情熱を傾けている永野さんですが、休日はどのように過ごしていますか?

休日はダンスに没頭しています!(笑)。

留学中、同じ部屋の留学生の勧めもあり、始めました。ダンスの種類はさまざまでしたが、私はペアで踊るラテン系のサルサ、バチャータ、アフリカのキゾンバというダンスに夢中になりました。

休日はほとんどダンスの練習で、海外のワークショップへ出掛けたりしています。近い将来、大会に出場したいと思っています。

会社の商品が大好き! 自信を持って薦められるから、一生懸命仕事ができる

―― 仕事もプライベートも永野さんの活動的な様子がよく分かりますが、その原動力は何でしょうか?

私は本当に会社の商品が大好きなんです(笑)。これが原動力かもしれません。

DMM英会話は、24時間いつでもレッスンを受講できて、97カ国の講師と話すことができます。そして教材も目的に合わせて、多くの選択肢から選べます。あらゆる目的や目標を叶えられると感じていので、私自身も「本当にいいサービスだな」と思っています。この気持ちがあるから自信を持って薦められるのだと思います。


―― 今後の目標は何ですか?

目標は2つあります。

一つは「子どもたちに英会話ができる機会を増やしてあげたい」という思いから、弊社のサービスをもっと学校に導入していきたいということです。この仕事に就こうと思ったきっかけでもあるので、力を入れていきたいです。

もう一つは、昨年から始めた留学事業を発展させることです。例えば、学生自身が留学プログラムを考えて実現できるサービスや、孤児院へ行ってボランティアをするプログラムなど、今年中に実現できたらいいなと思っています。



「会社の商品が大好き!」と満面の笑顔で語ってくださった永野さん。今後の仕事での目標を、思う存分語ってくださいました。そして休みの日は、ダンスの練習に明け暮れるという、どこまでもアクティブな姿が印象的でした。

営業経験がなくても、何事にも興味を持ち、人が話すことに耳を傾ける「聞く力」を養うことで、仕事をこなすことができることが分かりました。将来、営業の仕事をしてみたいと興味を持った人は、まずはささいなことでも関心を持つことから始めてみましょう。


【Profile】株式会社 DMM.com 第5営業本部 英会話 法人営業 永野杏美
 http://eikaiwa.dmm.com/biz/

【取材協力】株式会社 DMM.com

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「営業」
はこんな仕事です

企業の営業最前線に立って、自社の商品やサービスを提案し、販売をする仕事。取引先に直接足を運び、さまざまな取引交渉を行う。営業職には、既存顧客を対象にした「ルート営業」や、新規顧客の獲得を目的とした「飛び込み営業」などがある。また、一般営業、法人営業、接客営業、代理店営業、医薬系を専門に扱うMR(医療情報担当者)など、さまざまな分野がある。企業や取り扱う商品によって、仕事内容は大きく異なる。顧客からの信頼を獲得し、売上高を拡大していく重要な役割を担っているので、適任者にとってはやりがいがある職種だ。

「営業」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける