第5次声優ブームが到来の予感! 活躍の場が広がる現代の声優の人数は、17年前の何倍!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

第5次声優ブームが到来の予感!
活躍の場が広がる現代の声優の人数は、17年前の何倍!?

2018.04.16

提供:名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 音楽領域

第5次声優ブームが到来の予感!
活躍の場が広がる現代の声優の人数は、17年前の何倍!?

アニメやラジオ、バラエティ番組…etc。近年、声優の活躍の場はどんどん広がっています。声優専門月刊誌「声優グランプリ」の付録「声優名鑑」によると、2001年の女性声優の掲載人数は225名。そして、2018年3月号「女性編」は、過去最多の800名(「男性編」は2017年で547名)と、17年間で約3.5倍も人数が増加しています。一方、エンターテインメント業界に欠かせない存在となった職業ゆえ、とても競争が激しく、成功するのはほんの一握りです。そんな憧れの業界で輝き続けるために必要となる、“声優力”を紐解きます。

この記事をまとめると

  • 声優の原点はラジオドラマ!? 時代の流れとともに進化する声優 
  • アフレコからタレント、ナレーター、ミュージカルまで、多彩なステージで声優が活躍!
  • 2018年4月、中部圏4年制大学初!時代が求める声優を養う「声優アクティングコース」

声優の原点はラジオドラマ!? 時代の流れとともに進化する声優 

声優は1900年代のラジオドラマの放送開始をきっかけに育成され、テレビ時代にはいるとともに、吹き替えやアニメを行う演者として「声優」という言葉が定着したといわれています。ラジオドラマが全盛期を迎えるとともに、海外ドラマやアニメーションの大量輸入などによって、声優の需要と人気が高まりました。声優の黄金時代ともされるこの時代がまさに、第1次声優ブームといえるでしょう。その後、不朽の名作として今も愛される数々のアニメが大ヒットした1970年代の第2次声優ブーム、声優のアイドル化やテレビゲームの流行などによる1990年代の第3次声優ブーム、多くの若手声優デビューによって世代交代した2000年代初期の第4次声優ブームと、時代の流れとともに声優は進化しています。第5次声優ブームの到来が予感される現代、これからの声優には何が求められるのでしょうか。

アフレコからタレント、ナレーター、ミュージカルまで、多彩なステージで声優が活躍!

アニメのアフレコをはじめ、タレント、司会、ナレーター、CMナレーション、ラジオDJなど、時代の流れとともに声優の活躍の場は多岐にわたっています。中でも特筆すべきは、ミュージカルです。近年では、2次元の漫画やアニメを原作にした舞台「2.5次元ミュージカル」が注目され、日本はもとより海外でも高く評価されています。実際にアニメの声を担当した声優が、そのまま舞台で同じ役を演じることも増え、ミュージカル俳優としての活躍も期待されています。まさに、時代が求める声優になるためには、声優としての基礎・発声・滑舌・歌唱に長けた能力はもちろん、さまざまなステージに対応できる“声優力”を磨く必要があるでしょう。

2018年4月、中部圏4年制大学初!時代が求める声優を養う「声優アクティングコース」

名古屋芸術大学は、時代が求める声優の育成に向けて、2018年4月に中部圏4年制大学初となる「声優アクティングコース」を開設。声優の基礎知識・技術と深い教養を養う独自のカリキュラムとともに、現役のアニメ音響監督による演技レッスンなども多く取り入れることで、在学中から現場の今を体感できる学びを実現しています。中でも、「2.5次元ミュージカル」ほか、さまざまなジャンルの舞台に立てる演技力や表現力、実践力を養う教育にも力をいれ、ジャズやヒップホップのダンスレッスン、ポピュラー音楽やミュージカルナンバーの歌唱レッスンなども積極的に行っています。名芸大の4年間の学びで磨かれる“声優力”は、ボーダレス化した声優業界において、どんな壁も“声”で超えられる強みとなります。

~ココが4年制・名芸大ならでは!4つのPOINT~
[POINT(1)]他コースとの連携で、「声優力」スキルが幅広く学べる!
[POINT(2)]充実した機材、録音、トレーニング環境が整備!
[POINT(3)]指導者は第一線で活躍する現役音響監督や声優!
[POINT(4)]一般教養も学び、コミュニケーション能力も身につく!

【広告企画】提供 : 名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 音楽領域

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「音楽」
はこんな学問です

器楽、声楽、作曲、指揮など音楽についての深い専門知識と高い技能を身に付ける学問。専攻する分野ごとにコースや学科が分かれている場合が多く、理論を学びつつも実技を主体としたカリキュラムが中心となる。学校によって音楽理論と音楽史を専門に学べるコースもある。器楽であれば鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器などから一つの楽器を選んで専門的に学び、声楽であればオペラ、独唱、合唱などを専攻して学ぶ。

「音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「舞台・演劇・舞踊学」
はこんな学問です

演劇や舞踊など、舞台で行われる芸術表現の創作、演技の理論と技能を身に付ける学問。芸術系の学校などに専門コースを設けてあるところが多い。創作分野と表現分野に大きく分けられるが、学校によって舞台装置や美術を専門的に学べる場合もある。表現分野は、演劇舞踊の歴史や劇場文化についての素養を深めながら、身体表現実技を習得する科目を履修。創作分野では理論や歴史を学び、その意義や社会的影響も踏まえた創作活動を重ねる。

「舞台・演劇・舞踊学」について詳しく見る

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教員養成」
はこんな学問です

学校の教員を養成するための学問で、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校などで教員を務めるための免許取得を目的とする。教える教科である国語、数学、社会などの専門科目と併せて、教育心理学や生徒指導、発達に関する教職科目を学ぶ。なお、教員養成課程以外の学校でも、中学校・高校・幼稚園教諭の資格を取得できる場合があるほか、コンピュータ教育を専門に行う「情報教育」や「生涯教育」など専門特化された教員を養成する学校もある。

「教員養成」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける