金津琢哉先生に聞く、小学校の英語教科導入で変わること!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

金津琢哉先生に聞く、小学校の英語教科導入で変わること!

2018.04.16

提供:東海学園大学

金津琢哉先生に聞く、小学校の英語教科導入で変わること!

言葉を覚えるうえで『経験』との結びつきこそがもっとも大事なことです。子供は自由に言葉を使いながら大人の反応を見て正しい言葉の使い方を覚えていきます。今の小学校で行われている外国語活動はコミュニケーションをメインに英語と触れ合いながら学んでいく学習です。英語だけでなく、生活科や総合的な学習の時間などは、経験を学びの中に取り入れた学習で、疑問を持った子供に知ることの喜びを与えて自立的に学ぶ意欲を育てます。これからの教育現場では豊かで質の高い経験を子供たちに提供することが大切なのです。

この記事をまとめると

  • 小学校で英語を教科として導入すると教育が変わる?
  • 言語を習得するうえで重要な『経験』との結びつき
  • 自立的な学びがこれからの日本の教育です

小学校で教える、教科としての英語導入

日本人の英語を「話す」「聞く」力の弱さは何十年も前から指摘されている問題です。そんな英語力の強化のため、小学校ではより英語に早く触れるために2008年度から外国語活動を行ってきました。そして、2020年度には、英語が小学3年生から必修、小学5年生から教科として、完全導入となります。教科になるということは、教科書があり本格的に小学生が英語を学ぶということです。つまり、現在の中学生と同じことを小学生のころから学ぶわけです。
このことにより、小学校の教育はどんなふうに変わるのでしょうか?

言葉を覚えるために大切なことってなんですか?

英語に限ったことではありませんが、言葉(言語)を覚えるためには、『経験』との結びつきがもっとも大切です。私たちが母国語である日本語を覚えるために、いろいろな試行錯誤を繰り返してきたはずです。親をはじめとする大人の反応を見て、子供は自分が発した言葉がOKなのかダメなのか気づきながら正しい言葉の使い方を学んでいくわけです。
現在、小学校で行われている外国語活動はコミュニケーションを大事にし、ゲームや遊びの延長線上のようなスタイルで英語に触れています。大人だと身構えてしまうような新しいことへの挑戦も子供は柔軟にこなします。小学生時代に英語の『経験』を体験・吸収することは、コミュニケーションを育むための大きなメリットとなるでしょう。

これからの小学校教育に求められるものとは?

小学校は、生活科や総合的な学習の時間など、『経験』を学びの中に取り入れた教育が増えてきています。教科としての英語ももちろん『経験』を取り入れ、学ぶ意欲を高めるカリキュラムになっていくことでしょう。かつて、私が小学校の教員だったころは、子供たちに「なぜ?」「どうして?」などの質問を促していました。そうすることによって子供たちの「知りたい」という気持ちを高め、「あ、そうなんだ!」と知ったり気づいたりしたときの喜びや新鮮な驚きを連続させていくのです。「問う」ことは、子供が学んでいくうえでとても大切なことなのです。
英語に限らず、子供が自主的に学ぼうとすることが、今後の日本の教育には求められています。

金津琢哉先生が教える教育学部 教育学科 学校教育専攻で学ぶ教育原理は、教育現場で子供たちに豊かで質の高い経験を提供する理論と方法を学ぶ場なのです。

【広告企画】提供 : 東海学園大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教育学」
はこんな学問です

教員養成のための学問ではなく、教育のあり方を追究する学問。具体的には、教育の歴史、目的、手法、制度などを対象としている。「教育学分野」は、教育行政や現場を調査・分析し、教育環境はどうあるべきかを研究。「教育心理学分野」は、発達心理学の視点から人間形成がどのようなものかを解明し、教育の本質を追究する。また、「メディア・コミュニケーション分野」では、教育現場での情報伝達はどのようにあるべきかを探るなど、多岐にわたる。

「教育学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教員養成」
はこんな学問です

学校の教員を養成するための学問で、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校などで教員を務めるための免許取得を目的とする。教える教科である国語、数学、社会などの専門科目と併せて、教育心理学や生徒指導、発達に関する教職科目を学ぶ。なお、教員養成課程以外の学校でも、中学校・高校・幼稚園教諭の資格を取得できる場合があるほか、コンピュータ教育を専門に行う「情報教育」や「生涯教育」など専門特化された教員を養成する学校もある。

「教員養成」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける