スポーツトレーナーへの近道になる国家資格とは? どんな知識や技術が必要?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

スポーツトレーナーへの近道になる国家資格とは?
どんな知識や技術が必要?

2018.04.16

提供:IGL医療福祉専門学校

スポーツトレーナーへの近道になる国家資格とは?
どんな知識や技術が必要?

スポーツが好きな人にとって、スポーツトレーナーは憧れの仕事の一つ。でも、必要な資格は?選手に関わるにはどうすれば?どうやってなれるの?など、スポーツトレーナーについて知らないことも多いのではないでしょうか。IGL医療福祉専門学校の「スポーツトレーナー育成プログラム」では、国家資格を持ち、実戦での経験を積むことで、卒業後即戦力として活躍できるスポーツトレーナーをめざすことができます。「トップアスリートをサポートしたい」「スポーツに関わる仕事がしたい」「誰かの役に立ちたい」そんな夢を叶えましょう。

この記事をまとめると

  • 「鍼灸師(はり師・きゅう師)」「柔道整復師」の国家資格を保有するトレーナーが多い
  • 即戦力となるトレーナー、ケガを治すことのできるトレーナーをめざして
  • スポーツトレーナー育成プログラムの学びで技術や経験が身につく

選手を支えるスポーツトレーナーに必要な技術と知識

トレーニングの指導、傷害の予防や治療後のケア、栄養面・健康管理のサポート、応急処置など、スポーツ選手が最高の状態で試合に臨めるようコンディションを整えるのがスポーツトレーナーの仕事。
プロチームやオリンピックチーム、実業団など、スポーツチームに帯同したり、鍼灸院や接骨院、病院やクリニックに勤務したり開業したりと、幅広い活躍の場があります。
リハビリ指導や健康管理、ケガの予防まで、スポーツドクターや指導者と連携し、選手を支えるスポーツトレーナーには、確かな技術と知識が必要。国家試験を持っていればその技術・知識の証明が可能になります。スポーツトレーナーの多くが保有する国家資格が「鍼灸師(はり師・きゅう師)」「柔道整復師」です。

高いレベルでトレーナーを育成「スポーツトレーナー育成プログラム」

鍼灸師(はり師・きゅう師)をめざす鍼灸学科、柔道整復師をめざす柔整学科を設置するIGL医療福祉専門学校では、「スポーツトレーナー育成プログラム」を展開しています。
このプログラムは、指定科目を取得した鍼灸学科・柔整学科の2・3年生を対象にⅢ期に分けて開講。スポーツ現場でトレーナー経験や資格を持つ教員が中心となって実施しています。
さらに卒業生でプロスポーツのトレーナーとして活躍している先生方を招き、現在のトレーナー業界の話を聞いたり、スポーツ現場で実際に使われている技術を学ぶ場を用意し「即戦力となるトレーナー」「ケガを治すことのできるトレーナー」を育成。
2017年度より、トレーニング指導の資格である「JATI-ATI」もめざせるカリキュラムがスタートし、「ケガを治せて、身体も作れるトレーナー」を高いレベルで育成しています。

リアルな経験を積めるから在学中からスポーツトレーナーに近づける

<スポーツトレーナー育成プログラム3期の学び>
●I期 スポーツテーピング
テープの種類や機能を知り、身体の状態に合わせたテーピング技術を習得します。
●Ⅱ期 コンディショニングトレーニング
スポーツ選手の身体に直結するトレーニング方法、ストレッチ方法、運動生理学、心配蘇生法、急なケガに対する応急処置を学びます。
●Ⅲ期 現場実習・特別講義
トッププロの現場実習、卒業生をはじめとしたトップアスリートの現役トレーナーから直接経験を学べる「特別講義」や、広島県内で開催されるスポーツ大会に救護員として帯同、広島東洋カープトレーナールーム見学(予定)など、盛りだくさんの内容でリアルなスポーツトレーナー体験が可能。

スポーツチームやクリニックが求める即戦力のスポーツトレーナーをめざすなら、ぜひIGL医療福祉専門学校へ!

【広告企画】提供 : IGL医療福祉専門学校

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツトレーナー」
はこんな仕事です

サッカーや野球などスポーツ選手のコンディションの調整を行う仕事。さらにトレーニングの指導だけではなく、傷害の予防や治療後のケア、栄養面・健康管理のサポート、応急処置など、選手が最高の状態で試合に臨めるようコンディションを整える、重大な役目を担っている。高校や実業団、スポーツクラブなど活躍の場は広く、アスレチックトレーナーや鍼灸(しんきゅう)をはじめとする医療系の資格を併せ持つことにより、選手のトータルサポートが可能となる。

「スポーツトレーナー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アスレチックトレーナー」
はこんな仕事です

アスレチックトレーナーは、スポーツ選手などがベストの状態で試合に臨めるように、身体づくりの面からトレーニング・ケアをする仕事。リハビリ指導や健康管理、けがの予防まで、スポーツドクターや指導者と連携し、選手をメディカルの視点から支える重要な役割を担う。プロの選手はもとより、学校などのスポーツ現場での事故やけがを防ぐためにも、知識と技術を持ったトレーナーが必要とされており、活躍のフィールドは多様。医者に代わって代替治療が行えるため、医療従事者の一員ともいえる。

「アスレチックトレーナー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「パーソナルトレーナー」
はこんな仕事です

相手に適したエクササイズを提案し、マンツーマンでの指導を行う仕事。フィットネスクラブや公的機関に所属する場合が大半だが、プロ選手などトレーニング施設を持つ相手が対象の場合はそこで指導する。対象は子ども・大人を問わず、体力づくりを行う人から、生活習慣病・肥満の解消を望む人、リハビリなど医療面での問題を抱える人、プロのスポーツ選手までと幅広い。それぞれの目的に沿ったトレーニング計画に合わせた指導、栄養面でのアドバイスを通じ、人々の健康づくりをサポートする。

「パーソナルトレーナー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける