柔道整復師になるには・・・日本代表アスリートのサポートをはじめ、世界各国で活躍している経験豊富な教員がいるKMS『九州医療スポーツ専門学校』

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

柔道整復師になるには・・・日本代表アスリートのサポートをはじめ、世界各国で活躍している経験豊富な教員がいるKMS『九州医療スポーツ専門学校』

2018.04.16

提供:九州医療スポーツ専門学校

柔道整復師になるには・・・日本代表アスリートのサポートをはじめ、世界各国で活躍している経験豊富な教員がいるKMS『九州医療スポーツ専門学校』

日常生活やスポーツ、または交通事故などで、骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷などのケガをしたとき、手技だけで腫れや痛みを緩和する処置を整形外科病院や接骨院で受けることができます。この処置をするのが、柔道整復師の仕事です。このほかにも柔道整復師は、トレーナーとして学校やプロのスポーツチームで、機能訓練指導員として介護、福祉施設で活躍しています。では、柔道整復師ってどんな資格?どうすれば資格取得できるの?勉強って難しい? KMS『九州医療スポーツ専門学校』での学びで、そんな疑問を解決できます。

この記事をまとめると

  • 医療とスポーツの資格取得が充実した専門学校
  • 身体のバランスをトータルにサポートする柔道整復師
  • 学生目線でわかりやすい授業

KMSってどんな学校なの? 柔道整復学科では何を学ぶの?

KMSは、医療系国家資格をはじめとして、医療とスポーツに関わる様々な資格取得を目指せる専門学校です。様々な世代の健康をサポートする日本健康スポーツ連盟認定の「健康スポーツセラピスト知識検定」、健康な身体づくりの指導を行う「生涯スポーツトレーナー」の資格取得が可能です。トップアスリートなどに関わることのできる、日本体育協会認定アスレティックトレーナーの資格が取得できる学科もあります。 つまり、地域社会におけるあらゆるニーズに対応する、確かな知識と技術の習得ができる学校なのです。
ここでは、ニーズの高い柔道整復師の資格取得を目指す柔道整復学科について、どのような授業が行われているか見てみましょう。

柔道整復学科では、柔道整復師の国家資格試験合格への確かなカリキュラムで、時代に求められている人財の育成に力を注いでいます。超高齢社会で力を発揮し、人々の健康のために社会貢献できる柔道整復師になることを目指しています。

カリキュラムの流れ

1年次:人の身体の成り立ちや働きなどの基礎知識、包帯の巻き方などの実践基礎
骨や関節の構造について基礎知識を身に付けます。また人体の運動による生理学的反応についても深く学びます。更に医療に携わるうえでの人間性の成長も目指します。

2年次:様々なケガや病気についての学習とケガに対する施術法
1年次に学んだ基礎知識をもとに「骨折」「脱臼」など疾患学について知識を高めていきます。そして疾患に対する施術の技術を身に付けます。

3年次:実践的な実技実習を行いながら、更にケガの対処法について学習
1年次、2年次に身に付けた基本的な技術を、より対象者に合わせた施術が行えるように実践的な応用技術へと向上させます。

KMSが育成する柔道整復師とは?

柔道整復師は、道具や薬を使わず、骨折・脱臼の応急処置や打撲・捻挫・挫傷の治療を行う、国家資格を有する仕事です。地域における接骨院や整骨院開院による独立開業はもちろんのこと、対象者の様々な状況や状態に関わることができる医療系国家資格です。よって、病院やクリニック、整形外科領域における医療機関での活躍も期待されています。骨折・脱臼の方へ対する手当のみならず、身体の「バランス」をトータル的にサポートすることができる資格です。

リアルな現場を体験し、そこから学び取ることを重要視しているKMSでは、学内の勉強にとどまらず、様々な現場実習を行っています。学内で得た知識をより実践的に身に付けることで即戦力を養います。また現場にて対象となる方へ関わることで、人と人とのコミュニケーション能力も高めることもできます。KMSでは身体的サポートだけでなく、精神的サポートも提供できる人財を育成します。さらに学科を超えた学生同士の交流も情報共有として教育に活かされています。 変化していく地域社会から求められているニーズに常に応え続けるため、専門性の高い教育を提供しています。

トレーナー経験豊富な講師陣

KMSには、スポーツ現場でトレーナー活動をしている教員もいます。柔道整復師に必要な知識や技術を教えるだけでなく、スポーツ現場での柔道整復師の必要性もリアルに伝えています。更に、KMS卒業生の教員もいるため、学生目線に立って、難しいと感じる内容を「わかりやすく」授業しています。もしわからないことがあれば、いつでも教員に質問でき、その日のうちに解決できます。
現場でのイメージを抱きながら学ぶことは、子どもや高齢者などあらゆる対象の方や疾患に合わせた対応を行えるようになります。KMSでは、そのようなより実践的な教育を目指しています。

【広告企画】提供 : 九州医療スポーツ専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「柔道整復師」
はこんな仕事です

打撲や脱臼、捻挫、つき指などの回復に向け施術する仕事で、「ほねつぎ」と呼ばれることもある。柔道を起源に、東洋医学と西洋医学を融合させた療法。手を使って体に刺激を与える独自の手技により、人間がもともと持つ自然治療力を引き出す治療を行う。手術や投薬、注射をしないのも特徴だ。接骨院や整骨院のスタッフだけでなく、トレーナーとしてスポーツ分野に関わる人や、リハビリテーションや福祉の現場に従事する人もいる。

「柔道整復師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける