ほとんどお金がかからずに留学できるってホント?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ほとんどお金がかからずに留学できるってホント?

2018.04.16

提供:長崎外国語大学

ほとんどお金がかからずに留学できるってホント?

日々の授業だけでは学べない文化の違いや、ネイティブスピーカーが話す外国語を体感したい。そう考えて、留学に興味を持つ人は多いと思います。しかし、基礎的な外国語の学習はどうしたらよいのかと不安に思ったり、経済的なことを考えて、留学を諦めざるを得ない人もいるでしょう。また、留学したら4年間では卒業できないので、その分の時間とお金がかかる、とも考えることでしょう。長崎外国語大学には、そんな問題を全てクリアできる充実した留学制度に加え、国内にいながらでも、グローバルに生きた外国語を学び、実践できる環境があるのです。

この記事をまとめると

  • 英語は習熟度別、それ以外の言語は基礎から集中的に学ぶ。
  • 95%の学生が学費負担ゼロでの留学を実現。
  • 3人に1人が世界各国からの留学生。キャンパス内で世界を感じる。

英語も他の言語も同じように学び、可能性を広げる

現代英語学科では英語、国際コミュニケーション学科ではドイツ語、フランス語、中国語、韓国語の中から選択した自分の専修言語に加え、もう1つの言語を学ぶことができます。現代英語学科の場合は英語以外の言語、国際コミュニケーション学科の場合は英語です。1年次は、全ての語学科目が毎日開講されており、英語科目と国際コミュニケーション学科の語学科目の授業は重複しないように時間割が設定されているので、2つの外国語を同じ比重で学ぶことができます。英語は習熟度別に、それ以外の言語は基礎から集中的に学んでいきます。学生の中には、2年次以降に新たな言語にチャレンジし、卒業までに多数の言語を身につける人もいます。多くの言葉を使いこなすことで、コミュニケーションを図れる人の数が拡大します。共感できる相手が増えるほど、人生観も深まるでしょう。さらに、海外へ進出する企業も多い現代では、私たち日本人も英語は話せて当たり前になりつつあります。世界共通語である英語とローカル言語を習得することで、将来の選択肢の幅や可能性はさらに広がります。

多様な留学先へ学費負担ゼロでの長期留学が可能!

キャンパスで身につけた語学力をさらに伸ばすため、学生の半数以上が半年、もしくは1年間に渡る長期留学を経験しています。その中には、半年ずつ2カ国へ留学を経験する「2カ国留学」や、1つの国で同時に2つの言語を学ぶ「2言語留学」といった長崎外大ならではの留学を経験する学生もいます。長崎外大の留学先は、アメリカやヨーロッパ、アジア圏など、世界34ヵ国・地域の140大学におよびます。豊富な選択肢の中から、自分の夢を実現するための留学先を選ぶことができます。また、留学先の学費が不要の「交換留学」や、留学先の学費を奨学金として支給する「派遣留学」などの制度を用意し、95%の学生が学費負担ゼロでの留学を実現しています(※)。さらに、留学先で取得した単位は長崎外大の単位として認定されるため、時間や学費を新たに作り出す必要はなく、1年間留学に行ったとしても4年間で卒業することができます。留学先ごとにエキスパートの先生方がおり、手厚いサポートを書類の準備から渡航、留学中に至るまで受けられるので、安心して留学に臨むことができます。

※ 留学学生総数78名のうち、74名が学費負担ゼロで留学(2017年度)

グローバルキャンパスで生きた外国語を学び、実践する

長崎外大にはアメリカ、ドイツ、フランス、中国、韓国など、世界各国からの留学生が約300名在籍しており、学生の1/3を占めます。3歩進めば留学生に会えるという環境の中では、常に生きた外国語が飛び交っており、身につけた力をすぐに実践することができます。また、カンバセーションパートナーという日本人学生と各国からの留学生がペアを組み、週に1~2度のペースで会話をする制度もあり、互いの言語を交換して語り合い、ともにゴールに向かって課題に取り組む。そのような姿があちらこちらで見られる長崎外大のキャンパスはまさに世界そのものです。さらに、自分の友人、友人のパートナー、パートナーの友人など、友達の輪がどんどん広がっていき、学内だけでなく学外に出て長崎のお祭りに一緒に行ったり、長崎を案内したりといった声もよく聞きます。教科書だけでは学べない生きた海外の言葉や文化に日常的に触れることで、「緊張して話しかけられない…」といった不安もいつの間にかなくなっています。

【広告企画】提供 : 長崎外国語大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける