理学療法士に最短3年間でなれるってどういうこと?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

理学療法士に最短3年間でなれるってどういうこと?

2018.04.16

提供:専門学校 倉敷リハビリテーション学院

理学療法士に最短3年間でなれるってどういうこと?

本学院の大きな魅力の一つに、3年課程で理学療法士がめざせるということがあげられます。それには、どんなメリットがあるかというと「いち早く社会に貢献できる」「学費が抑えられる」という点。集中して学べるカリキュラムがあるので、順調に効率よく知識と技術を身につけることができるのです。また介護・福祉施設のグループネットワークが母体になっているのも最大の強み。本物の医療現場を体験することで、卒業後、理学療法士として即戦力になれます。

この記事をまとめると

  • 最短3年間で理学療法士が目指せる
  • 効率よく学べる充実のカリキュラム完備
  • グループネットワークを最大限に活かした医療現場で実践力が身につく

国家資格の取得がリハビリの現場で必要不可欠です

ケガや病気をした時、単にその症状が回復・改善するだけでなく、立つ、歩くなどの日常動作が出来てこそ、人として生きる喜びが感じられます。そこで医療現場で非常に重要視されているのがリハビリやトレーニング。そのリハビリ現場を支えるのが理学療法士です。そこで活躍するための第一歩が、理学療法士の国家資格を取得すること。本学院は、理学療法士の養成に特化した専門学校です。

「3年で資格取得をめざす」、それはどんな学びの環境?

本学院は、3年課程で理学療法士の基礎から専門分野までを網羅する万全なカリキュラムを設置しています。まずは、理学療法士で自ら国家試験対策校を立ち上げた実績を持つ、篠原豊副学院長による国家試験対策講義を実施。国家試験に備えた校内試験を定期的に行うことで、学生の実力をUP。もちろん、合格点に達しない学生に対しては、特別講義を用意。何度でも試験にトライできる独自の特別講義「トライ」を実施して、100点が取れるように教員が一人ひとりに合わせて丁寧に個別指導します。その他、競技力向上や健康づくりに関わるさまざまな資格の取得もめざせます。トレーニング指導に幅広く役立つ能力も身につけられる環境なのです。

実際の臨床現場で経験してこそ、実践力が身につきます。

本学院は岡山県内でも珍しいと言われているスポーツリハビリテーションのゼミがあります。プロのスポーツトレーナーと共に、高校へ出向き、部活動に励む現役高校生を対象にトレーニング法を学ぶというもの。今後さまざまな患者さんに向き合うため、積極的に実際の現場での体験を数多く持ちます。もちろん校内でも充実した実習室を設置。さまざまな物理療法器を完備した機能訓練室をはじめ、治療室、基礎医学実習室、水治室、動作訓練室など、プロの現場でも使われる設備が整っています。しっかり実践力と知識が身にくので、3年間で理学療法士の夢実現がめざせます。

【広告企画】提供 : 専門学校 倉敷リハビリテーション学院

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「理学療法士」
はこんな仕事です

理学療法士は、医療や福祉の施設でリハビリテーションの指導をする職業。対象者は病気や事故、老化などが原因で、歩く・立つ・座るといった日常の動作ができなくなった人である。医師の指示の下で行う治療法は、関節や筋力を改善する運動療法、電気刺激や温熱療法などで、痛みを和らげる物理療法、歩行などの日常生活動作の訓練などさまざま。義手や車いすなどを使用する訓練も含まれ、患者一人ひとりに合った治療計画を立てて実施する。

「理学療法士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける