絶版になった漫画もある!? なんでも置いてある図書館に行ってきた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

絶版になった漫画もある!? なんでも置いてある図書館に行ってきた!

2015.11.27

提供元:マイナビ進学編集部

絶版になった漫画もある!? なんでも置いてある図書館に行ってきた!

東京にある「国会図書館」には、日本で出版された全ての出版物が収められています。どのようにして利用すればよいかと、どんな本が収められているかを、実際に行って調査してみました。

この記事をまとめると

  • 「国会図書館」には、日本のすべての出版物が収められている
  • 古い漫画や雑誌、明治時代の価値ある本も読むことができる
  • 「国会図書館職員」の仕事は文化を伝える重要な役割を担っている

日本の全ての出版物が収められている「国会図書館」

国会図書館の入口

国会図書館の入口

日本で出版された全ての出版物が収められているすごい図書館があるのを知っていましたか? その名は「国会図書館」。本や新聞だけでなく、漫画や雑誌なども置いてある驚きのその場所に、今回、実際に行ってきました!

国会図書館はその名の通り、国会議事堂の目の前にあります。名前からすると、国会議員の人専用の図書館のように思えますが、満18歳以上の人なら誰でも利用することができます。入りづらそうな雰囲気かといったら、そんなことはありません。この日も老若男女、たくさんの人が本を読んだり、調べ物をしに来たりしていました。

中に入ると不思議に感じるのが、本棚がまったく見当たらないこと。4,000万点以上の蔵書(収められている本)があるはずなのにどこに置いてあるのだろうと思っていたのですが、館内のパソコンを開いてみて疑問が解けました。蔵書の多くが「デジタルデータ化」されているのです。館内にたくさん設置されているパソコンで読みたい本のタイトルを検索すれば、すぐに本の中身をパソコン上で閲覧することができます。これはとても便利な仕組みですよね。デジタルデータにすることによって本の劣化を防ぐこともできますし、いいことづくめといえます。

あの有名漫画の初連載の回や雑誌の創刊号も読める

国会図書館の建物

国会図書館の建物

実際に本を探してみることにしました。まずは、国民的人気漫画『ドラえもん』が初めて掲載された1970年の『小学一年生』という雑誌を検索します。当時のドラえもん、体つきが今と違って何だかおかしな感じです。内容としては、のび太がパパに頼まれたおつかいの途中に池に落ちてしまいます。ずぶ濡れになって家に帰ってきたのび太を見たママのセリフ、「まあ、のび太ちゃんどうしたの」「(パパに対して)子どもに頼むなんて無理ですよ」。あれ? ママってもっとのび太に厳しかったような……? こんなキャラでしたっけ?

次に、女子高生であれば誰もが1回は読んだことがある雑誌、『Seventeen』の1968年に発行された創刊号を見てみました。今のSeventeenといえば、写真が盛りだくさんのファッション情報が中心ですが、創刊号は文字が多め。当時人気があった海外のバンド「モンキーズ」と、日本のバンド「タイガース」についての記事が多く取り上げられていました。モンキーズは、今でいうと「ワンダイレクション」、タイガースは、「ワンオクロック」といったところでしょうか。ファッションに関するコーナーもありましたが、「デートで着るためのワンピース」「夏休みに友達と遊ぶときに着たいTシャツ」とシーン別に分けられていました。このあたりは今と共通するものがありますよね。

最後に、真面目なものも1点。五千円札でおなじみの作家、樋口一葉の代表作『たけくらべ』が初めて連載された文学雑誌を探します。1895年(明治28年)の「文學界」という雑誌です。さすがにないだろう……と思っていたら、なんとありました! 表紙が破損していたり、「廻れは大門の見かへり柳いと長けれど……」というように文字が旧仮名づかいになっているところに、長い長い歴史を感じました。

「国会図書館職員」の仕事に注目!

みなさんも大好きな漫画や雑誌から、明治時代の価値のある書物まで。これだけの蔵書を収めている国会図書館は、過去の文化を知り、未来に伝えていくためにもなくてはならない場所です。文化を守り、発展させていくため重要な役割を担っている「国会図書館職員」の仕事に注目してみてはいかがでしょう。

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国会図書館職員」
はこんな仕事です

国立国会図書館、上野の国際子ども図書館、京都の関西館で働く職員。業務の内容は3パターンあり、まず膨大な資料や書籍の整理、保管、データベース化を行う司書業務。次に子ども図書館以外の蔵書で、一般開架されていない本を司書に請求した際に倉庫から出し、閲覧に対応する業務。さらに、国会議員が法律をつくる際にサポートする専門職として、立法案の分析、評価、資料提供などを行う業務である。図書館の運営を維持するための一般事務職もあり、高卒以上で30歳未満の人なら採用試験に応募可能。書籍が好きな人に最適だ。

「国会図書館職員」について詳しく見る