家の中で天体観測!? 部屋でできるプラネタリウムを試してみた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

家の中で天体観測!? 部屋でできるプラネタリウムを試してみた!

2015.11.19

提供元:マイナビ進学編集部

家の中で天体観測!? 部屋でできるプラネタリウムを試してみた!

みなさんが住んでいる場所では、星空はよく見えますか? 地域によってさまざまだと思いますが、きれいな星空を眺めるのが好きだという人はきっと多いはず。そんな、いつでも満天の星に包まれたいあなたのために、家でも星空が楽しめる、「家庭用プラネタリウム」なんてものがあるそうです。

この記事をまとめると

  • 家でも星空を楽しむことができる、家庭用のプラネタリウムがある
  • 家庭用のプラネタリウムでは、星座も楽しむことができる
  • 身近な星空から、宇宙への興味を広げてみるのもいいのでは?

家でも星空を楽しむ方法がある?

家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」

家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」

みなさんは日頃、ちゃんと星を見ていますか? 今年も、月と地球が接近し、大きい満月が出る「スーパームーン」が話題になりましたが、何かきっかけがないと夜空を見上げることなんてほとんどない、という人が多いのではないでしょうか。

そんなときにちょっと遠出して設備が整っているプラネタリウムまで足を運ぶのもいいですが、もっと気軽に、自宅でゆっくり、ベッドに横になりながらでも星空を楽しみたいあなたに便利なのがこちら、「家庭用プラネタリウム」。これを使えば自宅でも満天の星空が楽しめるとのことですが、一体どんな星空を見ることができるのでしょうか。さあ部屋を暗くして、実際に試してみましょう。

お家でも簡単に、満天の星空を体験!

星空を天井へ投影すると、さまざまな星座を楽しむことができる

星空を天井へ投影すると、さまざまな星座を楽しむことができる

装置を床に置き、スイッチオン。プラネタリウムから天井に光が投影されます。さあ、これでいよいよ星空を堪能……の前に、もう一手間。天井の高さに合わせて、星を投影するレンズのピントを調整していきます。星の光がきちんと粒になるよう、細かい調整をしていくと……。

なんと、部屋の中に満点の星空が! 大きい星から小さい星まで、部屋の隅から隅まで星空が広がっています。その端を流れる天の川も、とてもキメの細かい星が集まってできているのがよく分かり、真っ暗にしてこの星空を見ていると、いつもの部屋でもちょっとした宇宙への旅に出たような気持ちになります。

ちなみに、この家庭用プラネタリウムでは、投影する星空は、星座の星同士をつなぐラインが付いているものと、付いていないシンプルな星空の2種類から用途に応じて選べました。星座の形がはっきり分かると、ぐっと「天体観測」感が増してきますね。星空を眺めてリラックスしたい時はラインなし、星座を勉強したいときはライン付き、と使い分けてみるといいかもしれません。

宇宙を身近に感じるきっかけになる、家庭用プラネタリウム

星座の線がない方は、まさに星空を眺めているような臨場感

星座の線がない方は、まさに星空を眺めているような臨場感

家庭用プラネタリウムは多種多様なものが販売されていますが、今回試してみたものは、約12分で北極星を中心に星空が1回転し、ランダムなタイミングで流れ星が飛んでくるというとても粋な機能がついているタイプのもの。ほかにも、月やオーロラを星空に投影したり、ヒーリング音楽を流したりできる機能がついているものもあるのだとか。

星空を眺めることやプラネタリウムに通うことがたいへんな人も、家庭用プラネタリウムでリラックスして星空を眺めているうちに宇宙に興味が湧いてくるかもしれません。果てしなく広がる宇宙に魅了された人は、「宇宙・地球学」という学問でその興味を広げることができるでしょう。あなたが見ている星の一つひとつは、宇宙・地球学の研究対象です。そう考えると、とてもロマンのある世界だと思いませんか? まずは家庭用プラネタリウムの星空から宇宙のことを考えるのも、とてもよいきっかけになるのではないでしょうか。

この記事のテーマ
地球・環境・エネルギー」を解説

私たちの暮らす地球では、火山噴火、地震、台風、干ばつなど、人類にとっては有害な現象がいまも続いています。こうした現象を研究・解明し、うまく折り合いをつけていくことが必要です。また、豊かな生活を求めるあまり、限りある地球資源を枯渇させてしまったり、自然環境を破壊してしまうことは、人類の絶滅を意味します。こうしたことを防ぐためには、技術系の学問だけではなく、政治や行政などに関する幅広い知識も必要な分野です。

「地球・環境・エネルギー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「宇宙・地球学」
はこんな学問です

地球の構造から入り、太陽系の惑星、太陽、そしてその先の宇宙へと広がる世界を研究する学問である。あらゆる観察技術を使い、地球誕生までさかのぼり、さらに宇宙の始まりと進化まで探る。研究する分野も広大であり、宇宙からやってくるさまざまな光線や電波をキャッチし、分析している。また、観測技術においても常に新しい技術を取り入れながら前進を続けている。

「宇宙・地球学」について詳しく見る