留学経験者に聞いた! アメリカのあっと驚く習慣って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

留学経験者に聞いた! アメリカのあっと驚く習慣って何?

2015.11.18

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

留学経験者に聞いた! アメリカのあっと驚く習慣って何?

みなさんの中には、いずれ海外への留学を考えている人もいるかもしれません。海外留学にカルチャーショックはつきもの! ハリウッド映画や海外ドラマからだけでは分からない、あっと驚きのアメリカ文化を留学経験者に聞きました。

この記事をまとめると

  • 英語圏では、クシャミをするたび、“Bless you!(神の祝福を)”と声を掛ける文化がある
  • アメリカのスーパーでは、レジに並びながら会計前の商品を飲み食いしてしまうことがある
  • 文法の間違いを気にせず、どんどんコミュニケーションを取ることが英語上達の秘訣

いつかはしてみたい海外留学!

「いつかは英語ペラペラに」と憧れを持っている人は多いと思います、流暢(りゅうちょう)に話せるようになるには、実際に英語で会話することが大事です。そして、英語を話せるようになるには、英語しか使えない環境に身を置くこと、留学などの経験は近道になるでしょう。

とはいえ、慣れない英語や異文化には不安も多く、そう簡単には決心できないもの。でも、あらかじめ海外の文化について知っておけば、少しは心の準備ができるのでは? そこで、実際に留学経験者である阿部政樹さんに、アメリカでのあっと驚いたエピソードを伺いました!

くしゃみをしただけで神のご加護を祈られる!?

「クシャミをするたび、知らない人にもいきなり声を掛けられて最初はかなり戸惑いましたね」と阿部さん。

なんでも、アメリカをはじめとする英語圏では、誰かがハックショとクシャミをすれば“Bless you!(神の祝福を)”と声を掛ける習慣があるそうです。 これは、クシャミをすると魂が抜けて悪魔が入り込むという迷信から、そうならないようにその人のために祈ってあげているのだとか。

日本語でいえば「お大事に」のような感覚で言ってくれているので、“Bless you!”と声を掛けてもらったら、必ず“Thank you”と笑顔で返しましょう。

「あと、これも日本では絶対にあり得ませんが、アメリカのスーパーではレジの順番を待ちながら会計前の商品を飲み食いしちゃう人がよくいるんです。後からちゃんとお金を払えばイイでしょって感覚みたいですけどね……」(阿倍さん)

さすが、自由の国です。日本の常識からは考えられませんが、アメリカのスーパーではおなじみの光景なのだそう。ただ、日本では絶対にできない行為なので、間違えて日本で真似しないように気をつけましょう。

英語を上達させるための秘訣は?

最後に、英語を話せるようになるためのアドバイスを伺いました。

「“英語を間違えたら恥ずかしい”なんて考えはまず初めに捨ててください! 恥ずかしいという気持ちは英語を話す上では一番ジャマになってしまいます。間違うことを気にして英語を使わなければ、いつまでたっても上達はしません。実際、文法なんてメチャメチャでも通じてしまうことがほとんど。たとえ間違っていてもコミュニケーションが取れることに気付けばそれが自信につながるし、英語の上達もずっと速くなるはずですよ」(阿倍さん)

とにかく積極的にコミュニケーションを取ることが、英語が話せるようになるための第一歩だと阿倍さんはいいます。これは、ほかの外国語を勉強する際にも共通して大事なことです。

とりあえず、英語なんて正しく使えなくても大丈夫! ということが分かっただけでも、留学へのハードルが下がったのではないでしょうか。気軽に行ける2週間の短期留学などもあるので、英語をはじめとした外国語に興味がある人は、留学について調べてみると、外国語を学ぶ楽しみが増えるかもしれませんよ。