本好きなら知っておきたい! 芥川賞と直木賞ってどう違う?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

本好きなら知っておきたい! 芥川賞と直木賞ってどう違う?

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

本好きなら知っておきたい! 芥川賞と直木賞ってどう違う?

この記事をまとめると

  • 芥川賞と直木賞は、どちらも同名の作家の名前に由来した賞
  • 芥川賞は、無名の新人作家が書いた「純文学」作品の中から選ばれる
  • 直木賞は、無名の新人または中堅作家が書いた「大衆文学」作品の中から選ばれる

文学界の最高峰と言われる2つの賞、その違いとは?

みなさんは本屋さんに行きますか? 本を選んでいるとき、つい見てしまうのが帯のオススメ文や書店員の手書きコメント。なかでも「芥川賞受賞」や「直木賞作家」なんて言葉を目にすると、それだけで「この本、面白いのかも!」と思わず手に取ってしまいますよね。

文学界最高峰と言われる「芥川賞」と「直木賞」ですが、実はどちらも老舗出版社・文藝春秋社の社長だった菊池寛が、1935年に創設した文学賞なんです。賞の名前は、彼の友人であり、文藝春秋社の看板雑誌『文藝春秋』の発展に大きく貢献した作家、芥川龍之介と直木三十五の名前に由来しています。これらは毎年2回、同時期に選考委員会によって受賞作品が選ばれます。

「芥川賞と直木賞、どっちがすごいの?」と思う人もいるかもしれませんが、両賞には優劣があるわけではなく、そもそも選考対象になる作品のジャンルが違うのです。では、どういった違いかご紹介しますね。

芥川賞は「純文学」、直木賞は「大衆文学」に贈られる!

どちらも優れた文学作品を称える賞ですが、その違いはずばり、選考の対象となる作品の種類です。芥川賞の対象となるのは、無名の新人作家が発表した「純文学」の短編・中編作品、一方の直木賞は、無名の新人または中堅作家が発表した「大衆文学」の短編および長編作品となります。

「純文学」というのは、芸術性や形式を重視した小説のことです。ちなみに今年1月に発表された芥川賞受賞作は、小野正嗣『九年前の祈り』でした。

対して「大衆文学」というのは、娯楽性や商業性の強いエンターテインメント小説のことです。最新の直木賞受賞作は、西加奈子『サラバ!』でした。最近ではジャンルにとらわれない素晴らしい作品が多いので、差別化が難しいという声もありますが、各賞に別の作品を選ぶ決まりがあるので、同じ作品がダブル受賞をすることはありません。

選考委員も別々のメンバーが務めており、芥川賞選考委員には村上龍や山田詠美、直木賞選考委員には浅田次郎や東野圭吾、宮部みゆきといった文学界の大御所たちの名前がずらりと並んでいます。どんな議論が交わされるのか、とっても気になりますよね。

文学界の2つの勲章が、世に羽ばたくきっかけを生み出す

この偉大な賞を受賞すると、作家にはいいことがたくさんあります。まず賞品として、なんとも趣のある懐中時計と100万円が贈呈されます。それから『文藝春秋』に作品が掲載され、テレビなどのメディアでも大きく報道されます。もちろん書店でも大きく取り上げられ、たくさんの人に自分の作品を読んでもらうきっかけになります。特に芥川賞はそれまで全く無名だった作家や新人に与えられるので、一夜にして人生が変わるなんてこともあるかもしれません。

50年以上も続く芥川賞と直木賞は、才能あふれる作家をこれまで何人も世に送り出してきました。こうした歴史に名を残した作品や作家について学ぶ学問分野を「日本文学」と言います。日本文学は、それぞれの文学作品が生み出された背景や作家の個性、同時代的な価値観、流行、その作品が社会に与えたインパクトなどについて研究する、本好きにはたまらない学問といえるでしょう。

読書があまり身近ではないという人も、過去の受賞作品を読んでみることで、読書の楽しさや日本文学の面白さを発見できるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「日本文学」
はこんな学問です

古事記や万葉集などの上代文学にはじまって、中古、中世、近世、近現代に至る日本の詩歌、日記、物語、戯曲、小説など、あらゆるジャンルの文学的な表現を研究の対象とする学問である。また、それぞれの文学作品が生み出される背景となった作家の個性、同時代的な価値観、さらには、その時代の流行などの文化的な特徴、その作品が社会に与えたインパクトなどについても多面的に考察する。

「日本文学」について詳しく見る