テラスハウスみたいな恋愛はない? 現代シェアハウス事情!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

テラスハウスみたいな恋愛はない? 現代シェアハウス事情!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

テラスハウスみたいな恋愛はない? 現代シェアハウス事情!

この記事をまとめると

  • 実際のシェアハウスは、テレビ番組のようにいかないこともある
  • 他人と共同生活をするシェアハウスには、メリットもデメリットもある
  • 住空間や住環境について学ぶ学問を、「住居学」という

憧れのシェアハウス…その実態とは?

一世を風靡(ふうび)したフジテレビのリアリティ番組『テラスハウス』。シェアハウスで繰り広げられる男女6人の恋愛模様に、日本中の人々が夢中になっていました。放送翌日は、学校も“テラハ”の話題で持ち切りだったのではないでしょうか?

あんなすてきなライフスタイルに憧れて、いつか自分もシェアハウスに住んでみたいと思った人も多いはず。実際、番組の影響を受けてシェアハウス暮らしを始める若者が急増しているそうです。

では、実際のシェアハウスとはどういったものなのでしょうか?

シェアハウスのメリットとデメリット

まず、シェアハウスといえば、「“テラハ”みたいな恋愛ハプニングは本当に起こるの!?」という点が気になる人もいるはず。結論からいえば、年頃の男女が一緒に住んでいるわけですから、カップルが誕生することはもちろんあるようで、そのまま結婚にまで発展するケースもあるんだとか。

しかし、シェアハウス内での恋愛は、ストレスが多くなりやすいとも言います。同居人は他にもいるので、なかなか2人きりの時間を作れなかったり、同居人たちのうわさの的になってしまうなど、簡単にはいきません。残念ながら別れてしまった場合などは、シェアハウス全体の空気を気まずくしてしまうことだってあるかもしれません。

他の生活面では、お風呂やトイレ、キッチンなどの共有設備を使うときに順番待ちになることもあり、リビングの話し声など騒音が気になるなんてことも。シェアハウスによっては、友達は部屋に連れ込まない、使った食器はすぐ片付けるなど、守らなければいけないルールも多いようです。

一方で、引っ越しの際に敷金・礼金が必要ない場合が多く、家電もすでにあるので新しく買わなくて済む、いろんな職種や国籍の人と出会えるなど、メリットもたくさんあります。シェアハウス人気の高まりから、オシャレで快適な物件もずいぶんと増えました。

住居学を通して、シェアハウスが地域問題の解決に貢献

近年は需要の増加とともに、使っていない住居をシェアハウスとして提供するケースも増えています。最近では、住居学を勉強する関東学院大の学生による、横須賀の空き家をシェアハウスに改築するプロジェクトに注目が集まっています。学生たちが設計図の制作や資材の搬入などを行い、見事、空き家のリフォームを成功させました。現在、そのシェアハウスには、同大学の学生たちが住んでいます。これは、深刻な空き家問題を抱える横須賀市にとって、解決への大きな可能性となりました。

人気の反面、倉庫やオフィスとして届けられているのに、実際には狭いスペースを住居として貸し出している“違法”なシェアハウスが問題になっています。住宅として届け出るには、窓や火災報知器などの設置が必要です。これらを省いている違法なシェアハウスは、安全面で問題があります。みなさんも、一人暮らしなどで引っ越す際は十分注意してくださいね。

住居学という学問は、住空間や住環境を文化的側面から研究する家政学の流れを汲むものと、住環境の設計やデザインを学ぶ工学的なものとの2つで成り立っています。シェアハウスに限らず、いつの時代も私たちは、安全で快適に暮らせる空間や環境を住まいに求めています。そのため、住居学は、「住」に関する人間の欲求や希望に応える学問だと言えます。

シェアハウスをきっかけに、住まいや暮らしに興味が湧いた人は、住居学について調べてみてはいかがでしょうか。

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「住居学」
はこんな学問です

人が暮らしやすい住居とはどのようなものかを考察・研究する学問。分野は2つに大別され、その一つが住居の機能やデザイン、環境としてのあり方を生活文化の側面から研究する「住居生活学分野」で、建築学と大きく異なる点である。2つ目は、構造など建築学の側面から研究して設計・デザインができる専門家をめざすための「建築学分野」がある。こちらも建築物のなかでも住居を専門的に対象としている点で、はっきりとした特徴がある。

「住居学」について詳しく見る