創業1400年以上? 日本最古の企業は大阪府にあった!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

創業1400年以上? 日本最古の企業は大阪府にあった!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

創業1400年以上? 日本最古の企業は大阪府にあった!

この記事をまとめると

  • 大阪にある建設会社「金剛組」は西暦578年に創業された世界最古の企業
  • 世界の古い企業TOP3はすべて日本にあり、創業200年超の企業も3000社以上
  • 日本の老舗企業には、「経営」において学ぶべきところがたくさんある

世界で一番歴史のある企業は大阪生まれだった!

世界中にたくさんの会社がありますが、現在まで続く最も古い会社がどこかご存じですか? 実は世界最古の会社は、578年に大阪で生まれた「金剛組」という建設会社なんです。

この企業は、あの有名な聖徳太子の命令で、四天王寺というお寺を建てるために、当時の朝鮮半島から招かれた大工さんが作ったのが起源になります。四天王寺はこれまで7度焼失し、その度に「金剛組」が再建に取り組んできました。金剛組は1955年に株式会社となり、今日まで続いています。 

聖徳太子の時代から現在まで続いている会社なんて、なんだかロマンを感じずにはいられませんね。

世界最古の企業TOP3はすべて日本にある!

ところで、日本には「金剛組」のような長い歴史を持つ企業が他にもたくさんあります。なんと世界の古い企業TOP3はすべて日本の企業が占めています。「金剛組」に続くのが、587年創業の「財団法人池坊華道会」という生け花の組織で、その次が創業705年の旅館「西山温泉 慶雲館」です。

創業1000年以上を誇る老舗企業も7社存在していて、旅館、建築業者、鐘•農機具鋳物製造、宗教用具製造など、当時の生活に密着した会社が並んでいます。さらに創業200年を超える企業だけを数えても3000社以上もあるそう。それらの歴史ある企業を詳しく調べて、当時の人々の生活を想像してみると、意外な発見やときめきがあるかもしれません。

なぜ日本には歴史のある企業が多いのか?

では、なぜそのような歴史の長い企業が日本に多いのでしょうか? それにはいくつかの理由があると言われています。

1つ目は、日本の企業には伝統的に、創業したらその事業を固めて守り、成長させていく「守成の戦略」があること。2つ目は、日本の家族経営企業の多くが「終身雇用制」と「年功序列制」を採用していて、血縁を越えて後継者を決めることができること。最後に、誠実な経営、徹底した職人気質、保守的な企業経営などの文化が根付いていることが挙げられます。

世界には数多くの企業がありますが、日本の老舗企業には「経営」において学ぶべきところが多くあります。大学の経営学科に行くと、ビジネスの仕組みや実際の経営手法について詳しく学ぶことができます。将来、自分でビジネスを始めたい人にとっても有意義な学びが得られるでしょう。

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る