今人気のフェイシャルエステ、美肌を保つプロになりたい!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

今人気のフェイシャルエステ、美肌を保つプロになりたい!

2015.10.08

提供元:マイナビ進学編集部

今人気のフェイシャルエステ、美肌を保つプロになりたい!

この記事をまとめると

  • エステティシャンは民間資格、フェイシャルもエステ養成コースで学ぼう
  • 大切なのは就職してからの努力と向上心。関連分野が武器になる!
  • エステ以外の分野も同時に習得できる専門学校がオススメ!

エステといえば、高価なコースを組み、全身をスペシャルケアしてもらう贅沢なひとときといったイメージがありますが、最近の人気は顔だけのフェイシャルエステ。短時間かつリーズナブルな料金設定でハードルが下がり、忙しいワーキングママや主婦、男性の利用も増えています。この“美顔”のプロを目指す道を、全国展開のフェイシャル・ブライダルエステサロンでマネージャーを務める現役エステティシャンに伺ってみました。

フェイシャルエステとボディエステはどう違う?

フェイシャルエステは名前の通り、顔からデコルテまでを対象としたエステメニューの一つ。お肌の汚れを取り除き、手技や専用器具を使ったケアで美肌をつくります。美白、ニキビケア、しわなどの肌の悩み改善やリフトアップをしたいと思ったときに、気軽に利用できる身近なエステなのです。

フェイシャルのみといってもエステティシャンに変わりなく、この道を目指すなら養成機関での知識と技術の習得が必要です。日本では現在のところ公的資格制度は確立されていませんが、多くの専門学校にコースが設置されており、日本エステティック協会をはじめ民間資格も豊富です。また、卒業後そのまま就職も可能なサロン直営スクールや、講習課程を設けているサロンも多く、エステティシャンへの入り口は狭くないといえるでしょう。

フェイシャルの現役エステティシャンに聞きました

名古屋のあるフェイシャルエステサロンで店舗マネージャーを務める木下晶子さん(仮名)は、現役エステティシャンとして16年目を迎えます。3人の子供を育てる中でペースダウンした時期もありますが、仕事から全く離れたことはなかったそうです。「フェイシャルはボディへの施術に比べると体の負担が少なく、仕事と子育てを両立させやすいと思います」(木下さん)

木下さんは高校卒業後すぐにエステティシャンの道に進んだわけではありません。いくつかの仕事を経てから、やはり夢だった美容の仕事に就きたいと、独自免許制の実習過程がある現サロンに入りました。今では店舗を任されており、順調に階段を上っているように見えます。

では、エステは学校で学ぶ必要はないかといえば、「(他業種からの)転職ならそれもいいけれど、高校卒業後の進路なら専門学校のほうが道が広がる」と木下さんは言います。「一人前になる過程でどんなエステティシャンを目指すのか考えていくことが大切。専門学校ならエステ以外の技術も学べ、そういったエステ以外の要素はプラスになります」。

他業種の知識・スキルをエステの仕事に役立てる

専門学校では、エステコースとあわせてメイクやネイルのほか、リフレクソロジーやアロマテラピーなど、広い意味での関連分野も選べるところもあります。実は木下さんも、ペースダウンした時期にリフレクソロジーとアロマテラピーのスクールに通ったそうです。

もちろん、それらのマッサージ技術をエステのお客さんに施術できるわけではありません。しかし、お客さんの好みや体調に合わせて施術中の香りを変える、ごく簡単なセルフマッサージのアドバイスをするといったプラスアルファの心遣いが、お客さんの満足度を高めていると考えています。

エステティシャンになりたいと思ったなら、関連のある他業種の技術も学べる専門学校を選ぶことも考えてみてください。可能性も広がり、きっと将来の役に立つはずです。

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フェイシャルエステティシャン」
はこんな仕事です

肌悩みの解消や美しさの維持など何らかの目的を持つ人に、美白や角質除去など顔を中心とした施術を行う仕事。主な職場はエステティックサロン。サロンの利用者は、自宅でのセルフケアよりはるかに高い効果が出ないと満足しないため、皮膚生理学の知識はもとより、繊細なハンドテクニック、丁寧なカウンセリング、サロンの粧材と機器を自在に操る技術など高度な施術力が求められる。ホスピタリティー精神を持って接することも大切だ。人を美しくし、感謝される喜びを日々感じながら、自らの美意識も高めることができる。

「フェイシャルエステティシャン」について詳しく見る