日本一の美肌県は島根だった!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本一の美肌県は島根だった!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

日本一の美肌県は島根だった!

この記事をまとめると

  • 日本一の美肌県は島根、なんと3年連続美肌ランキング1位! (ポーラ調べ)
  • 美肌づくりのスペシャリストの「スキンケアリスト」という職業がある
  • トップスキンケアリストになれば、TVや雑誌で取り上げられる可能性も!?

島根県に美肌美人が多いワケって?

日本三大美人県といえば、秋田県、京都府、福岡県が有名です。では、特に「肌」に限った場合、どこが美肌県かご存じですか? 化粧品会社のポーラが、肌のうるおいやシワ・シミの少なさ、角質細胞の整い方などを調査したところ、見事ランキング1位を獲得したのは島根県でした。しかも3年連続トップというのだから驚きです。

なぜ島根県に美肌美人が多いかというと、島根県は1年を通して日照時間が短く紫外線の影響を受けることが少ない、水蒸気密度が高い、春や秋に肌の潤いを奪っていく肌荒風(はだあらしかぜ)があまり吹かないなど、肌に優しい環境が整っているからだと言われています。また、喫煙者が少ないことも美しい肌を作っている一因かもしれません。

「スキンケアリスト」は美肌づくりのスペシャリスト!

実は、美しい肌を作るための知識や技術を持ち、アドバイスする職業があります。「スキンケアリスト」という仕事です。まだ一般的にはあまり知られていませんが、化粧品売り場や病院で一般のお客さんに美肌作りのアドバイスをしたり、企業や専門学校でスキンケアの知識を教えたりしています。

スキンケアリストは、食事や生活習慣、運動、筋肉の質、お手入れの状態など、あらゆる面から肌の情報を読み取ります。そして、肌の悩みや不調の原因を突き止め、改善するために指導していく肌作りのスペシャリストです。ただスキンケア用品に頼るだけでなく、メークアップアーティストやエステティシャン、スポーツトレーナーなどが持っている専門知識と技術を習得し、一般の人が自分でできるスキンケア方法をアドバイスできなければいけません。

美肌づくりを指導するわけですから、もちろんスキンケアリスト自身が美肌の持ち主であることも求められます。

スキンケアリストになるためには?

スキンケアリストを目指す人は、もともと百貨店や化粧品専門店で美容部員として働いていたり、化粧品会社で働いていたなど基礎知識がある人が多いようです。中には独学でスキンケアリスト検定を受けて目指す人もいます。

スキンケアリスト検定のランクは4段階あります。“ジュニアスキンケアリスト”は家族や友達、自分の肌の管理ができるくらいの知識が身につきます。“スキンケアリスト”になると、自宅のサロンでセミナーを開くことができるようになります。“トップスキンケアリスト”や最高位の“プロスキンケアリスト”まで取得できれば、全国で講習会を開いたり、美容学校で技術指導したりできます。

スキンケアリストの需要は増えていますが、トップスキンケアリストまで取得している人は多くありません。もし、美容系に興味があるなら、将来の仕事の一つとして検討してみるのもよいでしょう。スキンケアについて極めれば、雑誌やテレビで取り上げられる機会も出てくるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スキンケアリスト」
はこんな仕事です

スキンケアのプロとして一人ひとりの肌の悩みに寄り添い、必要なケアの方法や化粧品に関する助言を行う仕事。主な職場はエステティックサロンや化粧品販売店、コールセンターなど。とくに資格は必要ないが、肌の構造や化粧品の成分に関する知識を持ち、基礎化粧品の正しい使い方やマッサージの手順、カウンセリングの方法などのノウハウを身に付ける必要がある。食事、運動、睡眠といった生活習慣にまで踏み込んだアドバイスも必須。何より説得力が問われるので、自らが若々しく美しい肌であることが望ましい。

「スキンケアリスト」について詳しく見る