【初級】志望理由書の書き方が分からないときに見るコラム

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【初級】志望理由書の書き方が分からないときに見るコラム

2015.11.20

メイン
テーマ

【初級】志望理由書の書き方が分からないときに見るコラム

一般入試を受けることなく大学や専門学校に入学することのできる、AO入試や推薦入試につきものなのが、志望理由書です。
でも、そもそもどんなことを書けばよいのか、困ってしまうことも多いはず。
そこで、志望理由書にはどんなことを書けばいいのか、紹介しますね。

この記事をまとめると

  • 志望理由書とはいわば自分を売り込む宣伝文
  • 将来のために何を学びたいか、を書くことが大切
  • 過去を振り返り、自分がどんな人間なのか考えてみよう!

そもそも志望理由書とは?

志望理由書とは、AO入試や推薦入試を受験する際に提出が求められる書類です。
受験の選考過程において、文章の内容が参考にされるだけでなく、面談の際にも書かれた内容を念頭に置いて質問されることが多いため、非常に重要な書類となります。
推薦入試やAO入試の合否は、この書類に左右されるといっても過言ではありません。

自己推薦書と呼んでいる学校があることからも分かる通り、志望理由書とは、いわば自分を売り込むための宣伝文のようなものです。自分自身が高校時代に何を学び、何をしてきたのか。
普段どんなことを考えて、どんな行動をしているのか。
選考の過程では、書かれた文章からあなたがどんな人間なのか、人となりが判断されることになります。

どんなことを書けばいい?

それでは、志望理由書には具体的にどんなことを書けばいいのでしょうか。
塾講師、エントリーシートの添削サービスの経験を持つ阿南さんが教えてくれました。

「志望理由は『将来の仕事にどのような知識が必要で、どのような経験が必要か』『そのために、大学で何を学びたいか』の2点から考える必要があります。
AO入試では一般入試と異なり、学力が重視されません。もっとも、大学入学後には基礎知識・専門知識を身につけるのは当然とされているため、大学生活ではそうした知識プラスアルファを身につけることが重要とされています。
この点、大学の志望理由は、『学業に励んで当たり前であり、なおかつ、いかにして学業以外の活動に力を入れるか』を学生が理解している旨を読み手・聞き手(大学側)が認識できるものにすることが重要となります。
これにより大学側は、学生が入学後に学業だけでなく、その他の社会活動・課外活動に注力し、誇れる卒業生になるのだという期待を抱くことが可能となり、高い評価を下すことになるといえます」

志望理由、どうやって考える?

志望理由書は自分を売り込む宣伝文ですが、嘘を書いてはいけません。
ただし、志望理由とエピソードを関連付けて語るのは、むしろどんどんやったほうがよいことです。
過去を振り返り、自分自身がどんな人間なのかを考えてみましょう。
おすすめは、ノートに自分のやりたいこと、思っていることを書き出してみること。
昔の作文や文集、卒業アルバムなどを読み返すのもよい方法だと思います。