美肌メガネ「Zoff BB」が登場! メガネをかけると美肌になる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

美肌メガネ「Zoff BB」が登場! メガネをかけると美肌になる?

2015.10.07

提供元:マイナビ進学編集部

美肌メガネ「Zoff BB」が登場! メガネをかけると美肌になる?

UV対策というと、どんなことを思い浮かべるでしょうか? 日焼け止めを塗る、という人が多いかもしれません。しかしながら紫外線は肌に受けるものだけではありません。目から紫外線を吸収することでお肌が黒くなることが分かっています。一体目からの紫外線はどうやって防げばよいのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 紫外線は年々増加傾向にある
  • クリアレンズでもしっかりUV対策できるのが「Zoff BB」の特徴
  • 濃くて太い縁のフレームは目を大きく見せる効果も

紫外線ケアは夏場だけじゃない!

地上に届く紫外線は、気象庁が観測を始めた1997年以降増加傾向にあります。2015年の4月には、これまでで最も紫外線が強かった年よりもさらに上回ったことが分かりました。紫外線といえば夏に対策をするイメージも強いですが、一年を通してケアが必要になってきています。

では、どんなケアをしていけばいいのでしょうか。メガネショップのZoffが「365日、目のUV対策」を謳ったメガネ「Zoff BB」を9月に発売しました。発売のきっかけと新商品の魅力を広報担当者の田中さんに伺いました。

「Zoff BB」が生まれたきっかけ

  「Zoff BB」

  「Zoff BB」

―どうして「Zoff BB」が生まれたのですか?

1年中降り注ぐ紫外線から目と肌を守ってほしい、という思いからです。商品名にある「BB」というのは「Beauty(美しい)」「Benefit(役立つ)」「Busy(忙しい)」の頭文字の意味が込められています。忙しい人も美をキープするのに役立つ商品にしたいと思って開発しました。メガネをかけるだけでUV対策できる手軽さが魅力なんです。

―「Zoff BB」の特徴を教えてください。

一番のポイントは、UVカット率が99.9%にもかかわらずレンズが透明なところです。サングラスって、着る服装を選びますよね。学生さんは制服にサングラスをかけて登校する、なんてことはできないですし(笑)。一見普通のメガネにしか見えませんが、しっかりUVカットしているのが特徴です。

フレームにもこだわりが

―なるほど。クリアレンズで一年中かけていられるからこそ「365日、UV対策」ということなのですね。他にこだわったところはありますか?

フレームにも特徴があります。濃くて太いものを採用しているので目を大きく見せる効果が期待できるんです。また大きな縁のメガネは顔を小さく見せることも。大人の女性にはすっぴん隠しとしてもオススメなんです。そういう意味では、紫外線対策としての「Beauty」だけではなく、おしゃれとしての役割もありますね。

紫外線は、後からUV対策を怠ったことを後悔しても遅いものです。若いうちだからこそ、しっかりしたUV対策をとってほしいと思います。

―紫外線対策は目にも肌にも大事ですよね。

これからの時期も手を抜かず、目のUV対策はきちんととりたいもの。サングラスよりも手軽なケア商品として、注目を集めそうですね。

【取材協力】
Zoff Park 原宿店
【商品】
『Zoff BB』
http://www.zoff.co.jp/sp/zoff-bb/

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業」
はこんな仕事です

髪形やメイクの流行は時代とともに変わっていくものであり、それに伴い求められるサービスも変化している。たとえば、人工の毛束を地毛に接続してロングヘアーをつくるエクステンションは、一昔前は一般的ではなかったもの。まつ毛に施術する仕事もあり、専門サロンや資格を持ったスタッフも存在する。また、男性の美意識が高まったことや脱毛に悩む人が増えたことから、育毛を専門とする仕事が注目されつつあり、日本メディカルスカルプ協会が認定する「育毛プロデューサー」や「育毛ディレクター」といった資格もある。

「そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業」について詳しく見る