日本ならでは! CAさんがやっているおもてなし術

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本ならでは! CAさんがやっているおもてなし術

2015.10.16

日本ならでは! CAさんがやっているおもてなし術

クールジャパンを掛け声に観光客を呼び込もうとしている今日。海外からの観光客が初めて出会う日本のおもてなし、それが飛行機のキャビンアテンダント(CA)さんです。CAさんは日本の顔。それだけに、CAさんにとっておもてなし術は大事なスキルなんです。とはいっても、特別なものではありません。
少しだけ気をつけるだけで、私たちにもできて、日常に取り入れられるものなんですよ。

この記事をまとめると

  • 一人ひとりを特別な人と思って、相手に関心を持って接する
  • 笑顔はとても大事! 人の印象は表情が決める
  • 常に仕事について勉強し続けるのはとても大切なこと

その1:相手に関心を持つ

CAをしていたOさんに、気を配っていたポイントについて質問しました。

筆者:「注意していたのはどのようなことですか?」
Oさん:「そうですね。まずは、お客さまに関心を持つということだと思います。例えるなら、自分の大切な人に接するようにする、という感じでしょうか(笑)」
筆者:「一人ひとりのお客さまに特別な人のように接する、ということですね」
Oさん:「はい、まさにその通り! 特別感が分かるように接することを、心がけていました。具体的には、お客さまの言うことには親身に耳を傾けること、会話をしっかりと聞き、どんなことを考えているか、どんなサービスが必要か、共感して考えるということです」

お客さんをもてなす仕事に求められるのが、なぜそのサービスをしてほしいのか、親身に考えることかもしれませんね。
CAさんに限らず、旅行、ホテルやブライダル、観光などにも共通する要素です。

その2:表情・笑顔

筆者:「ほかにはどのようなことに気をつけていましたか?」
Oさん:「表情ですね。月並みですが、笑顔と声のトーン」
筆者:「笑顔は大事ですものね」
Oさん:「そうですね。口の端を上げると、おもてなしスイッチが入って、身が引き締まるんです」
筆者:「印象も変わりますか?」
Oさん:「もちろん。人の印象を決めるのは表情です。言葉の内容よりもずっと大事なことですよ」

2つ目の秘訣が笑顔。
明るく微笑みかけることで、お客さんにもてなしの心を伝えることができるんです。

その3:しっかりとした知識を持つ

Oさんが意識していたことはほかにもありました。
Oさん:「もう一つ、大切なことがあります。常に勉強を怠らないことです」
筆者:「勉強、ですか」
Oさん:「はい。CAのお仕事は、日々勉強の積み重ねです。CAはおもてなしをするだけではなく、非常時にはお客さまの身を守らなくてはなりません。だからこそ、客室設備や安全面についての勉強は毎日欠かせないんです」

おもてなしはお客さんの安心と安全があってこそのもの。
だからこそ、勉強し続けることが大切なのですね。
CAさんのようなおもてなし技術を身につけて、普段から意識すれば、非常に感じの良い人になることができますね!
将来の仕事にも活かせるかもしれません。

日本への旅行者は、これからどんどん増えてくると思います。
航空業界をはじめ、おもてなしが必要とする仕事は、これからどんどん重要になりますよ!

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「客室乗務員(フライトアテンダント)」
はこんな仕事です

航空機の客室で、安全運航のための保安業務や搭乗客へのサービスを行う仕事。航空会社によって、「客室乗務員」「フライトアテンダント」「キャビンアテンダント(CA)」など、呼び方はさまざま。具体的には、搭乗客の案内、手荷物の収納確認、救命胴衣や酸素マスクの使い方の説明、機内アナウンス、食事や飲み物の提供、体調不良者への対応などを行う。搭乗客が機内での時間を快適に過ごせるよう、常に気配りと笑顔が求められる。また、非常時には搭乗者の避難誘導にあたるなど、保安要員としての役割も大きい。

「客室乗務員(フライトアテンダント)」について詳しく見る