社会学部の志望理由を考える

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

社会学部の志望理由を考える

社会学部の志望理由を考える

「この大学の社会学部を志望される理由は何ですか?」志望理由書、推薦入試、AO入試で必ず聞かれるこの質問。文章や言葉で伝えるためには、しっかり内容を固めておく必要があります。ここでは、志望理由を考える際に役立つ3つのポイントをまとめてみました。面接でしっかり答えられるように、あなたが社会学部を志望する理由を考えていきましょう!

この記事をまとめると

  • あなたが社会学部に興味を持ったきっかけから、志望理由を考える
  • 社会学と社会のつながりから見えてくる、社会学を学ぶ意義と目的
  • 社会学部を志望する理由と、その大学を志望する理由は別?

個人的な体験から紐解く、社会学を志望する理由

志望理由にもフォーマットのようなものがあって、それに合わせて考えるとなんとなくそれっぽいものにはなります。しかしそれだけではオリジナリティーがなく、面接官からすると「こういうことを言う学生多いんだよね……」とマイナスの印象になりかねません。

そこで大切なのは、フォーマットに従うのではなく社会学に興味を持った個人的な体験を基に考えること。独自のエピソードがあると言葉に説得力が増し、面接官にポジティブな印象を与えることができます。

【例】
社会学部に興味を持ったのは、ニュースでジャーナリストの活躍を目の当たりにしたことがきっかけでした。ときに危険をかえりみず、現地の情報を届けている姿を見て、自分も真の情報を届けられるジャーナリストになりたいと考えるようになりました。そのため、メディア論やジャーナリズム論について深く研究したいと考えています。

社会現象から社会学の役割を考えてみよう!

社会学では、社会で起こっている全ての現象が研究対象になります。自分なりに現代社会の問題に目を向けて、社会学部を志望する意義や目的と結びつけてみましょう。

【例】
「戦争」について考え始めたことが社会学に興味を持ったきっかけです。人間は昔から戦争を繰り返しており、近年でも戦争に関して大規模なデモが起こったり、テレビで政治家とコメンテーターが激しい議論をしていたり、さまざまな社会現象が起こっています。これだけたくさんの人を混乱させる戦争も社会現象の一つ。「戦争を生み出す社会とは何なのか?」という問いを追求し、社会という「仕組み」について研究していきたいと思いました。

なぜその大学でなければならないのか?

社会学部を志望する理由と、その大学で学ぶ理由を別々に考えましょう。日本にはたくさんの大学があり、その多くに社会学部があります。そのため社会学を学びたい=その大学を志望する理由にはならないのです。いくつかの大学のサイトやパンフレットで社会学部のカリキュラムや講師を比較して「その大学でなければならない理由」を考えましょう。

【例】
私は将来、社会問題などを取材するジャーナリストになりたいと考えており「社会の仕組み」「メディア」そして「取材に必要な調査能力」の3つを学べる大学、学部を探していました。貴学の社会学部は、社会学の中でもメディア専攻のカリキュラムがあり、社会調査などのフィールドワークを目的とした授業も充実しています。社会やメディアの知識を深めるだけでなく、調査能力などの実践力もバランスよく学ぶために、○○大学の社会学部に入り、将来のための勉強をしたいと考えています。

今回紹介した3つのポイントから考えれば、社会学部を目指す志望理由が見えてきます。
「自分の体験」「その学問の社会における役割」「なぜその大学で学ぶのか」をしっかりまとめて、志望理由書や面接に役立てましょう!

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける