商学部の志望理由を考える

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

商学部の志望理由を考える

2015.11.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

商学部の志望理由を考える

推薦入試やAO入試で受験するなら、避けて通れないのが志望理由。ほかの受験者と差がつく志望理由書を書くためには、早めの準備が大切です。ここでは、商学部の志望理由を考える3つのヒントを、例文とともに紹介します。

この記事をまとめると

  • 「商学って面白そう」と思ったきっかけから、志望理由が見えてくる
  • 社会と商業の関係を探って、商業を学ぶ意義を見出そう
  • 「この大学の商学部で勉強したい」と思った理由が、最高の志望理由

「商学って面白そう」と思ったきっかけを思い出そう

志望学部は決まっても、具体的に学びたいことや就きたい職業は決まっていないという人は、志望理由を書きづらく感じるかもしれません。そんなときは、商学という学問に興味を持ったきっかけを考えてみましょう。普段の買い物や家族の仕事、テレビ番組、アルバイトなど、消費活動や商品について「あれ?」と思ったことが、志望理由のヒントになります。

【例】
私が商学部を志望したきっかけは、コンビニエンスストアのアルバイトです。新商品のスイーツが売り切れてお客さまに残念な思いをさせてしまったり、反対に、仕入れ過ぎて無駄にしてしまったりする様子を見て、マーケティングの重要性を実感しました。POSデータを導入する企業は増えているそうですが、日常的な発注業務には、活かし切れていないのかもしれません。私は、商学部でPOSデータについて学び、小売業の現場で役立てる方法を研究したいと考えています。

社会と商学のつながりに注目しよう

社会の出来事やニュースに目を向ければ、商学部の志望理由になるネタはあふれています。そこから、商学を学ぶ自分なりの意義や目的を見つけましょう。

【例】
近年、多くの人や企業が、SNSで情報発信しています。以前、あるスーパーマーケットが発注ミスで商品を大量に仕入れてしまい、「助けてください」とTwitterで呼びかけた結果、ツイートが拡散して商品が完売した、という話を聞きました。このように、SNSは大きなクチコミ効果を持っていますが、一方で炎上やプライバシー侵害などの問題もはらんでいます。私は、SNSで安全かつ効果的に販促活動する方法を研究し、将来的には、Webプロモーションの仕事に活かしたいと思います。

「この大学の商学部で学びたい!」と思った理由は?

全国に商学部はいくつもありますが、なぜ志望大学の商学部を選んだのでしょうか。面接でもよく聞かれるので、答えられるよう準備しておきましょう。

【例】
私は、経済学部で学んだことを実社会で活かせるように、積極的に資格を取得しようと思っています。そのため、簿記や公認会計士の資格取得を支援するプログラムがある◯◯大学を志望しました。また、在学中に合格した方や、会計士として活躍中の方の講演も行っていると聞きました。先輩方の実体験を、試験勉強や学業の励みにしながら、キャリアプランにも役立てたいと思います。


いかがでしたか。志望理由を考えていると、「商学を学びたい」「志望大学に入学したい」という気持ちがますます高まってきたと思います。その気持ちを、志望理由書に注ぎ込みましょう!

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る