おむつの横に置かれていると売れやすいものって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

おむつの横に置かれていると売れやすいものって?

2015.10.19

メイン
テーマ

おむつの横に置かれていると売れやすいものって?

おむつとビール。この組み合わせにどういった意味があるか、あなたは知っているでしょうか?
1990年ころのアメリカで、この2つをドラッグストアで並べて陳列したところ、2つの売上が伸びたという話があります。この理由、どうしてだか分かるでしょうか。実はこれには、人間の行動心理が作用していた、という話なのです。

この記事をまとめると

  • 「おむつを買いに来たお父さんは、ついでにビールを買っていく」
  • この行動心理は現代のコンビニの陳列などにも活用されている
  • 経済学や商学はこうした経済の動きを学ぶ学問

おむつとビールの意外な関係性

何故、おむつとビールを並べると売上が伸びたのか? その理由は、おむつを買いに来た客層にありました。
「ベイビーのおむつを買ってきて」と奥さんに頼まれた旦那さん。ドラッグストアにおむつを買いに来ると、その隣には半ダース詰めのビールが。「そうだ、愛する妻と子どものためにお使いに来たんだから、俺にもご褒美があってもいいよな」と、おむつと一緒にビールをお買い上げ……。調査の結果、おむつとビールを両方購入するのは小さな子どもがいる年ごろの男性が多く、そこからそうした「ついで買い」の事情が判明した、ということでした。

実はこのおむつとビールの話に関しては、本当なのか作り話なのか、たくさんの憶測が飛び交っている状況。しかし、「データマイニング」という調査の有能さを分かりやすく示す話としてよく使用されています。

データマイニングとは、膨大なデータを解析して「◯◯する人は△△しやすい」という統計を引き出すことをいいます。
このおむつとビールの話の真偽は判明していませんが、この2つのように全く関係ないと思われるようなものでも、膨大なデータを解析すると、もしかしたら大きな関係があるかもしれないのです。
人間の行動心理から引き出されるデータマイニングは、現在では多く利用されている経済戦略です。

コンビニはデータマイニングの塊!?

例えば、コンビニ。毎日のように利用するコンビニにも、実はこのデータマイニングが利用されています。
まず、購入頻度の高いドリンク類は店の奥側に陳列していることがほとんどです。同じく売上の多いお弁当やおにぎり類も奥。興味深いのは、多くのコンビニで、お弁当・おにぎり類とドリンク類の売り場の間に、惣菜・デザートの棚が設けられていること。「おにぎりとお茶だけあればいいんだけど、デザートが目に入ってつい買っちゃった……」という経験をした人も多いのではないでしょうか。
また、棚に商品をどう陳列するかも、そのお店ならではの戦略があります。売上ランキング上位の商品はあえて棚の少し上の方に陳列したり、ランキングには入っていないけれどお店が売り出したい商品を目につきやすい高さの位置に陳列したり、その傾向はさまざま。データマイニングを知っていれば、「このお店はこの商品を売りたいのだな」と気づくことも簡単にできるようになります。

実は生活に密着している経済学

経済学や商学というと、数字ばかりで難しい、というイメージがあるかもしれません。しかし実際にはこうしたマーケティングが盛んに行われており、数字から行動心理を読み取る作業が必要不可欠となります。経済を勉強するということは、人間を勉強するといっても過言ではないかもしれません。
身近なお店や、朝のニュース番組のちょっとしたコーナーにも、こうしたマーケティングが潜んでいます。そうした経済の裏側を覗いてみると、普段の生活に新たな発見があるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「商学」
はこんな学問です

企業と消費者を結び付けるビジネスそのものを学ぶ学問。経済学が企業を取り巻く経済活動を研究し、経営学が企業内の経営管理を主な研究テーマとするのに比べて、商学は、商業という個別の企業と消費者の関係に注目する。たとえば、マーケティングでは、消費者との持続的な関係をいかに築くかがテーマとなり、ターゲットである消費者の特性に応じたアプローチが研究される。また、商取引に関わる分野としては、ほかに貿易、金融などが挙げられる。

「商学」について詳しく見る