超本格航空ロマン!! 人気の漫画「天神」とは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

超本格航空ロマン!! 人気の漫画「天神」とは

2015.10.16

超本格航空ロマン!! 人気の漫画「天神」とは

青年は、空を目指した――。少年ジャンプ+で掲載されている超本格航空ロマン「天神-TENJIN-」で取り上げられている航空自衛隊について紹介します。航空自衛隊になるために必要な訓練やプロセスのほか、自衛隊として並ぶ陸上自衛隊や海上自衛隊についてもピックアップします。

この記事をまとめると

  • 少年ジャンプ+で掲載の漫画「天神」には、航空自衛隊になるまでのリアルが詰まっている!
  • 「天神」の主人公が目指す航空自衛隊になるためには、高校卒業後いくつかの選択肢がある
  • 陸の平和を守る陸上自衛隊、海の平和を守る海上自衛隊

少年ジャンプ+で掲載! 空駆ける航空機乗りを目指す物語「天神-TENJIN-」

パイロットの父を持つ主人公、坂上陸は、父が関わった事故の真相を知るために戦闘機乗りを目指して、航空自衛隊への道へと踏み出します。仲間とともに高め合い、時にぶつかり合う様子や、航空自衛隊になるためのステップをリアルに描いた作品です。厳しい訓練を経て父と同じ空に飛び立つことになった陸は、そこで何を見るのでしょう。

航空自衛隊になるために通る道

「天神-TENJIN-」の主人公である陸が目指す航空自衛隊は、航空機を操り空から平和を守る職業。航空自衛隊になるためには、高校卒業からいくつかの選択肢があります。

・高校卒業後、防衛大学に入学
防衛大学で4年間の必要課程を学び、その後幹部候補生学校で約23週間の勉強と訓練を積むこと。作中でも言及されているとおり、防衛大学を卒業した学生はエリート候補。在学中も、エリートとなるべく厳しい規律のもとで決められた規則正しい生活を過ごすのです。その生活を乗り越えた学生だけが、卒業後に将官となるチャンスが与えられます。

・一般大学卒業後に幹部候補生学校に。
「一般幹部候補生」「歯科・薬剤科幹部候補生」の2つのコースがあります。航空自衛隊になるための手段としては少し特殊な経緯かもしれませんが、大学で得た専門知識を活かすことができるかもしれません。

・航空学生として航空自衛隊に入隊
これは作中で陸が言うように「最短で空に上がれる」選択肢です。上記、防衛大学、一般大学から、幹部候補生学校でど学ぶことを考えると4、5年かかりますが、こちらでは約2年で必要課程を終えることができます。

空を守る航空自衛隊だけじゃない!  陸を守る陸上自衛隊、海を守る海上自衛隊

空の平和を守る航空自衛隊だけではなく、陸と海で活躍する自衛隊があります。
陸の平和を守る陸上自衛隊の主な仕事は「災害派遣」や「国際平和協力活動」。地震や水害にあった地域に駆けつけ、現地の人々の救援をする災害派遣は、ニュースでもよく取り上げられますね。国内外を問わず災害時に駆けつける陸上自衛隊は、平和のスペシャリストだといえます。
海上自衛隊の特徴的な仕事は、輸送船を海賊から守り、被害を抑える「海賊対処行動」。海上輸送のために多くの船舶が通過するソマリア沖では、輸送船を襲う海賊行為の被害が増えています。輸送船の護衛や海域の見回りなどで少しでも被害を減らすことは、国際的にも重要な問題です。台風や洪水で罹災した地域の救助や南極観測隊への参加など、海上自衛隊は海に関する国際的な平和活動を行っています。
公務員として務めるには、紹介してきたさまざまな職種がありますが、どの仕事も非常に需要か
つ過酷なものです。自分のことだけではなく、日本全体のことを考えて勤めなければいけません。

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「航空自衛官」
はこんな仕事です

日本の安全を守る各自衛隊の中でも、空からの侵略の防衛や領空侵犯への対処など防衛の最前線を担っているのが、航空自衛隊に所属する航空自衛官。航空自衛官の役割は大きく3つに分かれ、防衛のほかにもさまざまな災害時の救助・救援や輸送の対応、国連平和維持活動などがある。これらの多様な任務に対応するため、戦闘機や輸送機のパイロットや整備員をはじめ、隊員の健康診断を行う衛生員、隊員の士気を高める音楽員など、約30種に及ぶ職種が存在。女性も多く活躍している職業の一つだ。

「航空自衛官」について詳しく見る