なぜ専門学校に進学する人の中で、医療分野に行きたい人が多いのか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

なぜ専門学校に進学する人の中で、医療分野に行きたい人が多いのか?

2015.12.17

メイン
テーマ

なぜ専門学校に進学する人の中で、医療分野に行きたい人が多いのか?

高校卒業後は、大学のほか、専門学校に進学するという道もあります。皆さんの中にも、「専門学校ってなんだか面白そう」「好きな分野の専門学校が気になる」と思っている人はいることでしょう。専門学校にはさまざまな学科やコースがありますが、2015年にアンケートを行ったところ、学科やコースによって進学者の人数にかなり差があることがわかりました。

この記事をまとめると

  • 専門学校の科目・コースのうち、ダントツ人気は医療系で、専門学校進学者の3割以上を占める
  • 医療系の専門学校では、医療の仕事に必要な国家資格を取得できて、医療業界への就職にも強い
  • 大学は卒業までに最短4年かかるが、専門学校なら2年や3年で社会に出て働ける

納得? 意外? ダントツ人気は医療系

2015年に高校を卒業して専門学校に進学したマイナビ進学会員のうち、最も進学者が多かった学科・コースは「医療系」です。その割合は全体の32.1%、すなわち専門学校に進学した人の3割以上を占めます。2位の「コンピュータ・Web・ゲーム・アニメ」が9.1%、3位の「食・栄養・管理・製菓」が8.2%ですから、医療系の人気はダントツといえるでしょう。

出典:マイナビ「2015年 進学意識と進路選択に関するアンケート」を基に作成。

医療系はやっぱり強い! ポイントは資格と就職。

「医療系」の専門学校には、こんな学科・コースがあります。
看護学科、救急救命学科、理学療法科、作業療法科、診療放射線科、臨床工学科、視能訓練士科、歯科衛生士科、歯科技工士科、柔道整復科、鍼灸師科など。
これらを見れば、医療系の学科・コースは、基本的に名前を見ればそこで目指せる職業が分かります。その職業の多くは、看護師や理学療法士、作業療法士のように、国家資格が必要です。医療系専門学校の各学科・コースでは、所定のカリキュラムを修了すれば、国家試験の受験資格が得られます。そして、国家試験に合格すれば、卒業後はそれぞれの資格とスキルを活かして医療現場で働くことができるのです。

また、医療系の専門学校は、それぞれが持つ医療業界とのつながりや人脈を活かして、学生の就職をサポートしてくれます。就職率100%を目指している学校もあるほど。このように、資格取得と就職に強いところが、医療系の人気につながっています。

大学と専門学校、どちらを選べばいいの?

医療系の専門学校で目指せる職業の多くは、大学の医学部や看護学部、医療系大学の各学科でも目指せます。そのため、大学と専門学校のどちらに進学するかで迷う人もいるでしょう。医療を学ぶに当たって、大学と専門学校の主な違いは、卒業までにかかる年数です。
大学の課程は4年間で、1年目は専門的な勉強は少なく、一般教養課程が中心となります。一方、専門学校の医療系科目・コースの場合、多くの課程は2年か3年です。大学に比べて時間割がきっちり決められ、理論から実践、国家試験対策まで、専門的な内容を集中的に学びます。そのため、早く社会に出て働けることは、専門学校ならではのメリットといえるでしょう。

少子高齢化が進む日本では、医療業界で働く人材のニーズはますます高まると予想されます。社会のためにも、自分の将来のためにも、医療系の専門学校という進路を選択肢の1つに入れて見てはいかがですか?