将来の夢が答えられない高校生へ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

将来の夢が答えられない高校生へ

2015.10.29

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

将来の夢が答えられない高校生へ

あなたの将来の夢は何ですか?
「パン屋さんになりたい」「お嫁さんになりたい」「ヒーローになりたい」スポーツ選手になりたい」など、小さいころはみなさん何かしらの夢があったことでしょう。
しかし、大人になって、いざ将来のことを考えると、小さいころに夢見ていた職業に本気で就きたいと思う人は少ないと思います。また、「将来の夢を見つけられない」という人もいるでしょう。

この記事をまとめると

  • 自分の趣味は何なのか、何にお金を使っているのか明確にする
  • 自分が仕事に求めることは何なのか考えよう
  • 実際に社会に出ている人の話しを聞いて視野を広げてみよう

生活費以外にお金を使っていることこそ将来の夢の鍵!

「明確な将来の夢を見つめることができない」という方に質問です。
あなたの趣味は何ですか?
中には自分の趣味が何なのか分からないという人もいると思います。
では、生活費以外でお金を使っていることは何ですか?
高校生であれば、学業と両立をしてアルバイトをしている人もいることでしょう。そのアルバイト代は何に使っていますか?アルバイト代は、友達と遊ぶために使うということが多いかもしれませんが、それだけでなく化粧品を購入したり、洋服を購入したり、ゲームを購入したりと、人によって使い方が異なりますよね。
生活費以外で何にお金を使っているのかに、夢を見つけるための鍵が眠っています。
その理由は、貴重なお金を使うということは、そこに強い価値観を感じているからです。

自分が将来、仕事に求めることについて考えてみる

また、「自分が将来、仕事に求めるものは何か」ということについても考えてみましょう。
「どんなに時間を削ってもいいから、とにかく稼ぎたい」と考える人もいれば、「趣味を第一に考えて、生活ができる最低限の収入さえあれば良い」と考える人もいますし、「仕事で自分のスキルを磨きたい」と考える人もいるでしょう。
仕事によって求めるものが個々によって異なることはもちろんのこと、最近は正社員であっても副業がOKだったり、家での仕事を受け入れていたりと、働き方も多様化してきています。
将来、自分が仕事に就く時に、何を求めるのかどんな働き方をしたいのかを考えることによって、ある程度なりたい職業を絞り込むことができます。

社会に出ている人の話を聞いたり、「適学・適職診断」の利用もおすすめ

あとは、やはり「実際に社会に出て働いている人の話を聞く」ということをおすすめします。
これは将来の夢を考える時に限ったことではありませんが、これから何かをしようとしているときに、すでにそのことにチャレンジをしている経験者の話を聞くということはとてもためになるものです。
何か新しいことにチャレンジするときには、ワクワクした気持ちになります。しかし、それと同時にドキドキしたり、不安な気持ちになったりすることもあるでしょう。チャレンジすることによっては、後者の気持ちのほうが大きくなってしまって、なかなか一歩を踏み出すことができなくなってしまうこともあります。
そんな時、すでにそのことを経験している人から話を聞いてみると、悩んでいるのは自分だけじゃないと思うことによって、少し不安を払拭することができます。
また、事前にアドバイスを受けることで、今後待ち受けている困難にも柔軟な対応ができるでしょう。

すでに好きなものや趣味が明確になっている人は、そこを深堀りするような勉強をして、まだ明確になっていないという人は、社会人や周りの人に話しを聞いてみたり、心理テストのようなものに回答することで適性を知ることができる「適学・適職診断」も参考になるかもしれませんね。「適学・適職診断」は、具体的に向いている仕事を教えてくれるだけでなく、自分はどういった性格なのか、どこが長けているのかなども知ることができます。自分のことを客観的に見ることができるので、今まで自分でも気づくことのできなかった新たな自分を発見できるかもしれませんよ。