【シゴトを知ろう】筆耕師 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】筆耕師 〜番外編〜

2018.02.23

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】筆耕師 〜番外編〜

結婚式や卒業式など、記念となるイベントに字で華を添える筆耕師。今回はフリーランスで活躍している筆耕師の岸由佳子さんに、筆耕師ならではの「あるある」や意外なトリビアについて聞いてみました。果たしてこの仕事の裏側には、どんな事実が隠れているのでしょうか。

この記事をまとめると

  • お客様が用意した用紙を無駄にしないように努める
  • 繁忙期は他の筆耕会社から筆耕の発注を受けることもある
  • 海外で字が飾られたときは記念撮影をする人がいるほど注目を浴びた

筆耕師にとって重要なのは用紙を無駄にしないこと

――一般的には知られていないようなこの仕事のトリビアがあれば教えてください。
 
お客様が用紙を用意しますので、誤字をしないように努めます。それでもわずかな墨汚れが生じてしまった場合や直せる範囲の誤字があった場合に備え、きれいに修正する技を習得しておく必要があると知りました。

私は筆耕師になりたての頃、ホテル会社の筆耕師として勤務しており、先輩の筆耕師に誤字や汚れを消す技術を教えていただきました。両刃のカミソリで汚れを削ることで用紙を傷つけず、きれいな白紙に修正できるのです。
 
 
――このお仕事ならではの「休日あるある」やついしてしまう癖があれば教えてください。

歩いていると、無意識に看板や表札の字に目がいってしまいます。また、お墓参りに行くと墓石に彫られた字にも目がいってしまいますね。書道の展覧会に行けば、楷書作品を探します。楷書が好きなため、日常生活で楷書を目にするとつい注目してしまうのです。
 
 

繁忙期には筆耕会社から依頼がくることも

――インターネットを通しての受注が多いと伺いましたが、業界で横のつながりはあるのでしょうか?

繁忙期になると筆耕会社から「納期が間に合わないので、引き受けられますか」と問合せをいただくことがあります。もともと知り合いというより、HPを見て問い合わせが入ることが多いです。

当たり前ですが、納期は絶対に守らなくてはいけません。そのため、納期に間に合わないという非常事態に備え、連携できる体制が整っていると安心です。
 
 

海外で書が飾られたときはそこで記念撮影する人も

――お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

あるエンジニア系の企業の方から、「海外の展示会に出店するのでブース看板の字を楷書で書いてほしい」と依頼をいただいたことがあります。半紙に会社名を書いて加工し、展示ブース看板になりました。海外の展示会ということもあり、筆文字が目立ってブースは大盛況だったようです。中には看板の前で、記念撮影をしている人もいたと依頼者から伺って、自分の書が喜ばれたと嬉しく思いました。

また、結婚式招待状の宛名書きの依頼を新郎のお父様からいただいたことも印象深いです。ほとんどの依頼は式を挙げる本人からいただきますが、お父様からの依頼というのは珍しいのです。数年後「字がとてもよかったので、次男の招待状もお願いしたい」と依頼をいただきました。2人のご子息にとって大事な結婚式のお役に立てたことをとても喜ばしく感じます。
 
 
結婚式や卒業式といった大きなイベントで活躍する筆耕師の仕事は大きなやりがいを感じられそうですね。書道が好きな人や重要な場面で役に立ちたいと考えている人にはおすすめの職業かもしれません。皆さんも賞状や卒業証書の文字に注目してみてくださいね。
 
 
【profile】筆耕房 岸由佳子

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「筆耕師」
はこんな仕事です

依頼者に代わって招待状の宛名や表彰状、席札などを、筆やペンを用いて美しく仕上げる仕事。主な依頼先は、ホテルや印刷会社、葬祭関係の会社など。いかに癖がなく読みやすい文字が書けるかがカギとなる。筆耕師になるために必要な資格はないが、筆耕書道が学べる教室に通ったり、筆耕師に弟子入りして習うなど、技術を身に付ける方法は複数ある。また、筆耕師養成通信講座などでも基礎を学ぶことができる。筆耕師には、町の書道教室を開きながら生計を立て、副業として筆耕の仕事に携わっている人も多い。

「筆耕師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける