【シゴトを知ろう】消防官 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】消防官 編

2018.02.19

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】消防官 編

地方公務員である消防官(消防吏員)の仕事は、火災現場など危険な場所にいる人の命を救い、人々の生活と安全を守ること。消火活動だけではなく、救助や救急、火災調査など仕事内容は多岐にわたります。
消防官の仕事内容や一日のスケジュールなどについて、東京消防庁滝野川消防署・田端出張所に勤務する山田昇吾さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 出場、訓練、トレーニング……。消防活動などにあたる消防士の一日とは?
  • 1回目の採用試験は不合格。猛勉強してつかんだ憧れの仕事
  • 消防活動などのほか、火災原因調査や予防業務も消防官の重要な任務

消火活動だけじゃない! 必要なのは体力、そして知力 

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

消防署の仕事は主に、火災、救助、救急、予防の4分野に分かれていて、各消防官の階級や所持している資格によって業務の内容が変わります。
私の階級は消防士(*1)なので、消火活動と火災の予防に関する業務が主ですが、自然災害や交通事故、水難事故でも出場します。


*1 消防士:消防官には10の階級があり、消防士は一番下の階級。一般的には消防官を指して消防士と呼ぶこともあるが、本来、消防官(正式には消防吏員)は職種、消防士は階級を意味している。

<一日のスケジュール>
東京消防庁では、当番日→非番日→週休を繰り返す3交替制を採用

07:30 出勤、交替の準備
08:30 大交替(前日の当番者から引き継ぎ、車両や資器材の点検)
09:30 担当事務処理、学校や事業所の訓練指導、査察など
12:00 昼食
13:00 消防活動訓練、トレーニング、担当事務処理など
17:15 夕食
18:00 車両や資器材の点検
18:30 担当事務処理、個人訓練など
23:20 仮眠
06:00 起床、庁舎の掃除、消防車両の整備など
07:00 朝食
08:30 大交替(当日の当番者への引き継ぎ、点検など)
08:40 勤務終了

※この間、火災や救助、危険排除(*2)、PA連携(*3)の出場指令があれば出場する。

*2 危険排除:ガソリンなどの危険物や毒劇物などが漏れた事象などにおいて、人命や財産を守るために危険を排除する活動のこと。

*3 PA連携:ポンプ車(Pumper)と救急車(Ambulance)が連携を取って救急活動をすること。救急車が現場に到着するまでに時間がかかる場合、ポンプ車が先着して初期の応急処置を行ったり、階段や通路が狭い建物、高層の建物において傷病者を運ぶ際、消防隊が救急隊をサポートしたりする。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

災害現場で常にベストな能力を発揮できるよう、体力向上に努めています。大変ですが、その努力によって災害現場でしっかりと活動できることがやりがいですね。

あとは、都民の方々から感謝していただけることがとてもうれしいです。救急現場へ出場し、後日救助した方のご家族がお礼を言いに来署してくださるようなときは、特にこの仕事のやりがいを感じます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

私が担当している予防業務では、さまざまな法令を知っておかなければ仕事になりません。消防法などの法令の勉強をしなくてはいけないので、災害対応に欠かせない体力だけではなく、知識も必要なところが大変です。

他には、普段は見ることのない凄惨(せいさん)な災害現場で消防活動をする時もあるので最初の頃はとてもつらいと感じましたが、消防活動が終わって署に戻ってから、隊長や先輩が私の気持ちを察して話を聞いてくれたり親身になってフォローしてくれたりしたので、徐々に克服できました。

消防学校で半年間学び、基礎知識や基本技術を習得

2回目の挑戦で小さな頃から憧れていた消防官の採用試験に合格!

2回目の挑戦で小さな頃から憧れていた消防官の採用試験に合格!

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

子どもの頃、父に連れていってもらった消防出初式を見たのがきっかけで、消防官になりたいと思い始めました。出初式で活躍する消防隊員の皆さんが、とても格好良かったからです。

そして、高校3年生の時に東京消防庁の消防官採用試験を受けたのですが、勉強不足で不合格となってしまいました。でも、専門の予備校に通って1年間猛勉強したおかげで、翌年の採用試験には合格することができました。


Q5. この仕事に就くために何を学びましたか?

消防官採用試験に合格すると全員が全寮制の消防学校(職員研修所)に入り、基礎教育課程の研修を6カ月間受けます。消防官に必要な基礎知識から消防活動に関わること、消防法などの法令に至るまで実践的な内容を学びました。

消防学校では、座学だけではなく重い資器材を持って炎天下の屋外を走ったり、ビルの4、5階まで駆け上がったりするなどの厳しい訓練も受けることになります。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

幼い時はなんとなく憧れていただけだった消防官の仕事ですが、高校生になって、一生をかけて自分がやるべき仕事はこれだと決心しました。1度は採用試験に不合格となってしまいましたが、絶対に合格するという強い気持ちで勉強を続けて夢を実現させることができました。夢を持ち続けつらくて苦しい時でもへこたれなかったことが、今につながっていると感じます。

高倍率の消防官採用試験。夢をかなえるためには対策を

消防活動で使用する資器材は毎日点検し、メンテナンスを怠らない

消防活動で使用する資器材は毎日点検し、メンテナンスを怠らない

Q7. どういう人が消防官に向いていると思いますか?

元気があって体を動かすことが好きな人、助けを求めている人のために何かをしたいと思う強い気持ちがある人が、消防官に向いていると思います。

消火・救助活動だけではなく、火災を未然に予防する仕事や火災原因を調査する仕事、地震などの自然災害に対する訓練を都民の皆さんと一緒に行う仕事などいろいろあるので、そのようなことに興味がある人にも向いていると思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

東京消防庁の試験は、一次試験が教養、論作文試験、二次試験が体力、面接試験の総合的な判断で合否が決まるため、一次試験のために知識を身に付け、二次試験のために面接練習と体力向上をしておくと良いと思います。

また、私は高校を卒業してから消防官になりましたが、進学して消防官を目指す方法もあります。理系の大学で学んだ場合は、専門知識を生かした職種に就くことも可能です。


消防官は過酷な現場で人の命を救う尊い職業の一つで、強靭(きょうじん)な体力と気力、消防活動を行うための知識が必要不可欠です。自己を常に鍛錬し、人々の生活を守る使命感と責任感を持ち続けられる人が求められています。

将来、消防官を目指す人は今のうちから体を鍛えておくだけではなく、消防官採用試験に合格するために、基本的な学力を身に付けられる学校の勉強もおろそかにしないようにしましょう。

【profile】東京消防庁滝野川消防署・田端出張所 消防士 山田昇吾

東京消防庁滝野川消防署 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-takinogawa/

取材協力:東京消防庁

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「消防官」
はこんな仕事です

火災現場などで消化活動をし、人命救助を行うとともに、防災活動に務める仕事だ。消火することで人や街の安全を守る他、直接火災現場に飛び込み、人命救助にあたる。火を消す以外にも、防火・防災活動を普及する活動を行ったり、ビルやマンションなどの消防設備を点検したりする。火災を知らせる出場指令がない場合も、勤務中は入念に装備や車両の点検を行い、消火や救助の訓練を常に積んでおく。火災や災害はいつ起こるか分からないため、24時間交代制での勤務となる。

「消防官」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける