【シゴトを知ろう】イベントコンパニオン 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】イベントコンパニオン 編

2018.02.13

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】イベントコンパニオン 編

皆さんの中にも、大きなイベントや携帯ショップに行ったとき、企業ロゴの入った服を着て笑顔で立っている女性を見たことがある方は多いのではないでしょうか。今回は、イベントコンパニオンとして多くのイベントで活躍する中本ルリコさんに、仕事内容について詳しく教えていただきました。

この記事をまとめると

  • コンパニオン事務所に登録し、仕事の案件を紹介してもらう
  • 仕事のスケジュールを自由に調整できる一方で、月の収入には差が出やすい
  • きれいになりたい人や、自分を成長させたい人に向いている仕事

より素敵な人になろうと、目標を持って努力できる仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
イベントコンパニオンの仕事はさまざまです。一番多いのは東京ビックサイトや幕張メッセなどで行われる展示会の業務です。皆さんが知っているところでいうと、車の大型イベントで車の横に立っているきれいな女性の多くは、コンパニオンです。コンパニオンは企業ロゴの入った衣装を着て笑顔で接客をすることで、企業さまのイメージアップを図っています。

具体的な業務には、ブースへの誘引、パンフレットの配布、ブース受付、ポーズをとっての被写体、製品説明、お茶出しなどのケータリング作業、アンケートの回収、ノベルティ渡しなどがあります。仕事をしていて驚くのは休憩時間の長さですね。大体の場合、最低2時間ほどの空き時間があります。高いヒール靴を履いて接客すること、化粧直しに時間がかかることなどが主な理由です。

細かい内容や取り扱う製品はその案件の契約によって異なり、コンパニオン側が働き先を選ぶことができます。仕事が決まるまでの流れとしては、まずコンパニオン事務所に登録し、希望する案件にエントリーすることから始まります。エントリーすると写真、プロフィール、経歴が依頼先の企業に送られ、選考されます。そして仕事が決まると現場に向かい、業務を行います。車のイベント以外にも表彰式でのステージアテンドやセミナーの受付など案件は多岐にわたり、携帯ショップでメーカーのロゴが入った衣装を着てスピーカーで話している女性も、コンパニオンであることが多いです。

<1日のスケジュール>
9:00 現場に集合、着替え、全体レクチャー
9:50 配置に付き、業務開始
11:20-11:50 休憩、業務再開
13:20-14:10 休憩、業務再開
15:30-16:00 休憩、業務再開
17:00 業務終了


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

この仕事をしていると年間で何百人という人と関わるので、人見知りをしなくなったり、友達がたくさん増えたりします。また、接客の経験を積めるのでホスピタリティも向上します。あと、周りのきれいな人や芸能活動と兼業している人たちに影響されて、見た目にも気を使うようになりました。ダイエットをしたり、お化粧を研究したりと、美意識はとても高まる仕事です。

こうしてきれいになったり、経験を積んで良い接客ができるようになったりすることで自信もつき、より素敵な人になろうと目標を持って努力していくことができます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
コンパニオンの仕事はスケジュールを自由に組めるという利点がある一方で、給与が安定しないという欠点があります。イベントが多い繁忙期と、そうでないときで月の稼ぎが倍額変わることもあるのです。あと、オーディションに落ちたときはつらいですね。自分の頑張りだけでなく、企業イメージに合わないなどの理由で落ちることもありますが、それでもやはりつらいし、「もっとこうしておけば良かったな」と反省します。本職がモデルやグラビアの人と比べられる機会も多いですが、結果に悲観せず、努力を続けることが大事だと思います。

高校で学んだ音楽やステージの勉強が、この仕事にも生かされている

Q4. どのようなきっかけ・経緯でイベントコンパニオンの仕事に就きましたか?

私はもともと歌手を目指していました。その夢と並行してできる仕事として、日給制でスケジュールを柔軟に組めること、ルックスの向上が図れて、芸能に近い仕事であることから、コンパニオンを選びました。そしてコンパニオン事務所に登録し、今に至ります。この仕事を始めるのに、資格や経験は必要ありません。ある程度見た目に気をつかっていて、やる気のある女性であれば誰でも挑戦できますよ。 
 

Q5. 学校では何を学びましたか?

私は音楽の高等専門学校に通っていて、歌の技術などを学びながらステージのMCもしていました。文化祭などのMCなので素人レベルでしたが、人前で内容に気を使いながらしゃべるという訓練が、今のコンパニオンの仕事にもつながっています。

 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
先ほどもお話ししましたが、歌手になるのが夢でした。高校では2時間だけ通常科目を勉強し、残りの時間は音楽に充てることができたので、歌の技術だけでなくステージでの動きや現場での立ち振る舞いなど、多くのことを教えていただきました。芸能関係の方と関わる機会も多く、高校生の頃からさまざまな立場の大人とコミュニケーションを取っていました。甘やかされることなく、大人を立てながらも自分を売り込まなければならなかったので、人と話す力もついたと思います。

また、特に印象的だったのは、17歳のときオリジナル曲の発表会で同級生や先輩、保護者の方々の前で歌を披露したことです。このときに人前に立つとはどういうことかを学びました。この経験は、「見られている」ということを意識して働かなければならないコンパニオンの仕事をする上でも生きています。芸能とコンパニオンの仕事は、非常に近いと感じますね。その点では大きくつながっていると思います。

とにかくやる気が大事! 自分を変えるチャンスをつかもう

Q7. どういう人がイベントコンパニオンの仕事に向いていると思いますか?
 
きれいになりたい人や、自分を成長させたい人。また、多くのお客さまと関わるので、コミュニケーション能力に自信がある人も向いています。一方で、人見知りをなおすためにこの仕事をしている人も少なくありません。内向的な人でも、挑戦する気持ちがあれば大丈夫です。

あとは歌手、ダンサー、アイドルなど、他の自分の夢と並行して働きたい人にもお勧めです。大きな展示会で有名な企業のブースで使ってもらえると、SNSなどを通じて自分の知名度アップにもつながりますよ。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
イベントコンパニオンは、やる気があれば誰でもなることができます。そして、その仕事内容はチラシ配りからステージモデルまでさまざまです。多くのことにチャレンジしてみたい人は、ぜひ目指してみてください。また、体型に自信のない人は、まず9号のワンピースを着られるようにしておきましょう。少し髪の毛を巻いてみたり、お化粧を工夫してみたり、自分ができる範囲内で可愛く見えるようにしておくと良いと思います。この仕事は、内面、外見共に変えられるチャンスが得られますよ。頑張ってくださいね。
 

きれいな衣装を着てかっこいいポージングを決めるイベントコンパニオンの方々は、企業の顔ともいえる存在です。その立ち振る舞いによって扱うメーカーや製品のイメージも左右されるという意味では、非常に責任重大。中本さんも「努力を続けることが大事」とお話ししてくださいましたが、華やかなだけではなく、責任感も問われる仕事だということが分かりましたね。
 
【profile】イベントコンパニオン 中本ルリコ
公式Twitter:https://twitter.com/rurico_nakamoto
公式ブログ:https://ameblo.jp/rurico-nakamoto/

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「イベントコンパニオン」
はこんな仕事です

モーターショーなど各種の展示会やレセプション、キャンペーン会場や量販店店頭で、コスチュームを着て展示品の説明や新商品のサンプル配布、受付などを行う仕事。容姿やプロポーションが注目を集め、被写体になる機会も多いため華やかに見られがちだが、長時間の立ち姿勢と笑顔の接客が基本のため、体力勝負の面もある。また、ほとんどは正社員としての雇用ではなく派遣事務所に登録後、催事ごとのオーディションと研修を経て開催地に赴く短期契約。給与は日給や時給で換算。語学が堪能だと高給になる傾向にある。

「イベントコンパニオン」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける