【シゴトを知ろう】ミュージカルダンサー 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ミュージカルダンサー 〜番外編〜

2018.02.16

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ミュージカルダンサー 〜番外編〜

ミュージカルと聞くと、何を思い浮かべますか? やはり真っ先に出てくるのは「歌」なのではないでしょうか。しかし、もう一つ欠かせない要素が「ダンス」です。アンサンブルとして支えるミュージカルダンサーの人たちがいて初めて、あの華やかな舞台が出来上がります。

今回は、ミュージカルダンサーとして活躍する花岡麻里名さんに仕事の裏側や日々のレッスンについて教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 普段からレッスンに通い、どのジャンルでもこなせるようにしておく
  • プライベートでも、ついダンスのステップを踏んでしまうことがある
  • 出演者が出られなくなったときは、周りがそのパートをカバーする

さまざまなレッスンを受け、幅広いジャンルに対応する力を付ける

――このお仕事では作品によって歌やダンスのタイプが変わりますが、それぞれに対応していくために普段から行っていることがあれば教えてください。

やはりレッスンに通うことです。何もやらずに急にできるようになるということは絶対にあり得ないので、普段からレッスンに通い、どのジャンルでもこなせるように心掛けています。私は主にクラシックバレエ、ジャズダンス、コンテンポラリーダンス、ヒップホップ、アクロバット、ヴォイストレーニング、この6ジャンルのレッスンを受けています。大体これらの技術が身に付いていれば、どの演目にも対応できると思います。その他にも、日舞や舞踏、カポエイラなどのレッスンに通ったことがあります。

特に全てのダンスの基礎となるクラシックバレエは必須だと思います。クラシックバレエをやっていた人とそうでない人とでは、踊りを見てすぐに分かってしまうほど。これからレッスンを始める人には、ぜひ習うことをお勧めしたいですね。


――このお仕事ならではの「休日あるある」や、ついプライベートでもやってしまうことがあれば教えてください。

休日もなるべくレッスンに行って技術を磨くようにしているので、ある意味純粋なお休みとはいえないかもしれません。

また、タップダンスの演目中のときには、コンビニで考えごとをしながら足が勝手にタップを踏んでいて、友達に静止されたことがありました(笑)。周りにいる同業者も普段から面白く、感受性豊かな方が多いです。そして、ベテランであればあるほど、有名であればあるほど謙虚な方が多く、勉強になります。

今の自分が持っている力を120%ぶつけていく

――普段オーディションに向けてしていることや、緊張しないためのアドバイスなどがあれば教えてください。

私はあまり緊張するタイプではないのですが「もうここに来たからにはやっちゃえ!」という気持ちで、恥もなく今の自分が持っている力を120%ぶつけています。

ミス日本コンテストを受けたときに教えていただいたのですが、「自信」は「自分を信じる」と書きます。誰かと比べてではなく、自分を信じられるくらい努力をして自信をつけることができれば、怖いものはありません。

誰かが欠けたときに、「舞台は皆で作り上げている」と実感

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

公演中、怪我や病気などで出演者が休演したときのことが印象的です。誰かが出演できないと決まると、朝早く集まってリハーサルをし、抜けた部分を皆でカバーするのですが、もちろん今までやったことのない振り付けや段取りをぶっつけ本番でやらなければなりません。

ですが、そういったときのみんなの一致団結力はすさまじく、客席から見ていても誰が抜けたのか全く分からないほどの熱量でカバーし、舞台を成立させます。こういう瞬間にプロのすごさを感じるとともに、出られなくなった人を思い、みんなで作品を作り上げていることを再認識します。

私も何度か抜けた人のところに入って、違う振り付けをしなくてはならない機会がありましたが、「欠けてしまった人の分までカバーして踊ろう」「お客さまにはいつも通り最高のものをお届けしよう」と身が引き締まり、良い動きができました。そのシーンではみんなが一体となって、客席に強いエネルギーを飛ばしていたのを覚えています。


日々レッスンに励んでいるとお話ししてくださった花岡さん。継続して6ジャンルものレッスンを受けているとは、驚きですね。作品によって踊り方も表情も変わるミュージカルダンサーは、ダンサーであると同時に俳優ともいえます。皆さんもミュージカルを観に行く機会があれば、ぜひその表現力に注目してみてくださいね。


【profile】ミュージカルダンサー 花岡麻里名
第3代神戸ウエディングクイーン
2014年度ミス日本「海の日」
カンボジア・ケップ州親善大使

公式Twitter:https://twitter.com/hanamariririri
最新出演作:ミュージカル『マタ・ハリ』http://www.umegei.com/matahari/

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ミュージカルダンサー」
はこんな仕事です

演技・歌・踊りの総合芸術であるミュージカルの舞台で、主役の周りでダンスをする仕事。歌やせりふも入る役ではミュージカル俳優としての仕事になるので、演技や歌の総合力があると有利になる。ミュージカルを専門とした劇団への入団を目指す他、作品ごとのオーディションを受ける道があるが、いずれも狭き門である。作品内容によってはバレエやストリートダンスなどのテクニックが求められるので、舞踊系の大学や専門学校などで多様なダンスの基本を身に付けるのもよいだろう。

「ミュージカルダンサー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける