【シゴトを知ろう】カフェレシピクリエイター 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】カフェレシピクリエイター 〜番外編〜

2018.02.01

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】カフェレシピクリエイター 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】カフェレシピクリエイター 編」では依田瑠美さんにお仕事の魅力を伺いました。レシピを開発するためには多くの制約をクリアした上で、各カフェならではの特色を表現する必要があるようです。

今回は、レシピ開発のアイデアの源や思い出深いエピソードを伺い、よりカフェレシピクリエイターについて理解を深めてみましょう。

この記事をまとめると

  • スパイスや盛り付けを工夫して各カフェに合ったレシピを考える
  • 講師同士のつながりがあると仕事を紹介してもらえることも
  • 自分が考えたメニューが提供され、憧れていた仕事に就いた実感を得た

写真に撮りたくなるようなお洒落なフードがトレンド!

――多くのカフェがあるため、レシピ開発は枠にとらわれない調理法や創造性が求められると聞きました。アイデアはどのように浮かぶのでしょうか?
 
今までになかったような、全く新しいメニューは味に馴染みがないためあまり好まれません。そのため、食べ慣れたメニューにスパイスを追加したり盛り付けに変化をつけたりして各カフェの特徴を表現しています。また、一般的な調理法をアレンジして独自の調理法を考えたり、流行の食材を使用したりすることもあります。そういった場合は既に人気になっている料理を研究し、ヒントを見つけるようにしています。

カフェフードはキャッチーで自由な発想が生かせるため、面白みがあるレシピを求められることも多いです。そのため、日頃からSNSや雑誌を使ってトレンドを知るようにしています。ちなみに、今のトレンドは「インスタ映え」です。思わず写真を撮りたくなるようなメニューは口コミで広がりやすいのです。
 
 
――カフェレシピクリエイターならではの「休日あるある」やついしてしまう癖があれば教えてください。

外食すると、つい料理に評価やアドバイスをしてしまいます。もちろん一緒にいる友人が作っているわけではないので、求められてはいないのですが(笑)。飲食関係の人との交流が多いため、つい当たり前のように料理にコメントしてしまいます。
 
 

忙しいときには講師同士で連携を取っている

――依田さんはフードコーディネーターとして料理教室も開講していますが、レシピ開発の仕事につながったエピソードはありますか?

食の人材サービス会社に登録しており、料理教室などの依頼を受けることがあります。他の講師もフードコーディネーターや栄養管理士といった食のスペシャリストです。そんな方々とのつながりからも、新しい仕事を紹介してもらう機会が得られますね。自分の手がいっぱいだったり、知り合いの中により専門的な知識を持っている講師がいたりするときは、私から別の方を紹介することもありますよ。
 
 

自分の考案したメニューがヒットすると自信につながる

――お仕事の中でいちばんの思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。

自分が考えたメニューがお客様に提供されるようになったときはいつもうれしくなります。私はカフェでアルバイトをしているころ、初めてレシピを考えました。

その後、チェーン店で契約社員として働くようになり、季節限定メニューのためのレシピ開発を任されたのです。いくつか案を出し、プレゼンを通過したレシピが採用されました。各店舗で自分が考えたメニューが出回るようになると、学生のころから携わりたいと思っていた仕事に就けたと実感できましたね。

さらに、そのメニューは私が退社した今でもグランドメニューとして提供されている人気メニューになりました。自分が考えたレシピがヒットすると自信になります!
 
 
多くの人に自分が考えた料理を食べてもらえるというのはカフェレシピクリエイターならではの魅力ですね。個人経営のカフェの場合、調理担当やスタッフがカフェレシピクリエイターを兼ねていることが多いようです。

カフェレシピクリエイターに興味を持った方はカフェや飲食店でアルバイトをしてみると、新しいメニューを考えるヒントが見つかるかもしれませんね。
 
 
【profile】カフェレシピクリエイター 依田瑠美

【ホームページ】
http://www.pincho.jp
【Instagram】
https://www.instagram.com/ru46mi

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「カフェレシピクリエイター」
はこんな仕事です

カフェメニューの構成や企画を手掛ける仕事。料理ジャンルや消費者のライフスタイルなどが多様化する食環境の下、本格的な食事と軽食の中間的な形態が「カフェご飯」とも呼ばれるカフェメニューで、今やカフェに限らずさまざまな店で提供されている。それらの食関連の店や企業に対して、新しい食材を使ったり珍しい調理法を取り入れたりし、創作性に富んだレシピを開発・提案する人をカフェレシピクリエイターという。関連資格として、日本カフェプランナー協会が実施する「カフェレシピクリエイター」がある。

「カフェレシピクリエイター」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける